スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレンダー・ガールズ 2011/07/16

カレンダー・ガールズ を観ました。

calendargirls


2003年のアメリカ・イギリス合作映画。

ナイジェル・コール監督作品。


50代~60代の女性が寄付のために

自分たちのヌードカレンダーを作るという
 
このお話は、なんと実話です!!


~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~


ヨークシャーの田舎町ネイプリーでは、地元の婦人会が主婦たちの

社交の中心だった。定例ミーティングで取り上げられるのは、

「ブロッコリーの栽培方法」に「秘伝のジャムの作り方」などなど。

こんな婦人会にうんざりしていたアニーと親友のクリス。

ある日、アニーが最愛の夫ジョンを白血病で亡くしたことを

きっかけに、クリスは自分たちのヌードカレンダーを作って

売上金で病院にや癌の治療法の研究への寄付をしようと考えつく。

大胆な考えに驚く婦人会のメンバーだったが。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャストは


カレンダー製作を思いつくクリスに、ヘレン・ミレン。
 
夫を亡くしたアニーに、ジュリー・ウォルターズ。
 
アニーの夫ロッドに、シアラン・ハインズ。
 
婦人会のルースに、ペネロープ・ウィルトン。
 
婦人会のシーリアに、シーリア・イムリー。
 
婦人会のコーラに、リンダ・バセット。
 
カメラマンのローレンスに、フィリップ・グレニスター。

などなど。



まず、舞台であるイギリスはヨークシャー地方の

田舎町の風景が美しすぎます!!



石造りの教会や石橋、見渡す限りの緑の草原。

電柱なんかどこにも見当たらない

昔ながらの時が止まったような風景です。



メンバーが太極拳をする丘だとか

クリスの息子がよく訪れる丘の大岩だとか

自然がいっぱいでもう世界遺産並みに美しい!


そんな素敵な田舎町の婦人会。

この婦人会っていうのがまた不思議な世界で

ネープリーの婦人会と同じようなのが各町や村にあって、

ロンドンにその本部の会長までいるのです。


由緒正しい婦人会のモットーはもちろん

良妻賢母、品行方正。

とにかくガチガチに四角くてお硬いです!


そんな婦人会のメンバーであるクリスとアニーは親友同士。

「ブロッコリーの栽培方法だってよ!」

とあまりに真面目な内容に吹き出しながらも

ちゃんと婦人会に参加する毎日でした。


そんなある日アニーの夫が白血病で急死してしまったのです…。


どうにか親友のアニーを励ましたいクリス。

ネイプリー婦人会の来年のカレンダーの題材は

「教会」と決まったばかりでしたが

そんなのじゃ誰も見向きもしない!!

そこで思いついたのは。。。

calendargirls1

こういうのだったらみんな買うんじゃない?


いやいやそれは買うだろうけど

一体誰が被写体をやるの??

クリスの大胆な発想にアニーはびっくりします。


もちろん私達に決まってるじゃない!

このカレンダーの売り上げで病院に

革のソファを寄付しようよ!!


クリスの思いつきに、アニーも次第に心を動かされます。


そこで婦人会のメンバーに

チャリティーヌードカレンダーに参加しないか

恐る恐る呼びかけてみます。


最初はみんなびっくり仰天。

想像した通りの拒否反応です!

何と言っても昔ながらの由緒正しい婦人会ですからね。。


でも数日後、アニーがピアノ演奏者であるコーラに

「例の件どうする?カレンダー、やる?」と聞くと

コーラはあっさりと「Yes」と答えます。


逆にびっくりするアニー。

「本当に?」

するとコーラはこう答えます。

「アニー、私もう55歳なのよ。

今脱がなくて一体いつ脱ぐの?」


目からウロコですよね!!

思い立ったが吉日とはまさにこのこと。

何かを始めようと思ったとき

人生で遅すぎるってことはないのです。


その他のメンバー達も意外と乗り気!

「何かをやりたい」と思っていたのは

アニーとクリスだけではなかったのです。


そしてシャイな若い男性カメラマンの撮影のもと

いよいよカレンダーの撮影が始まります。


calendargirls2

↑ 婦人会のみなさん。       ↑ カメラマンのローレンス。



なんかこの撮影の様子も

みんなでワインや食べ物を持ち寄ったりして

本当に楽しそう!!

女性が元気な映画は観てるこっちまで

元気になってきます。


その前代未聞のカレンダーは話題となり

大成功をおさめたのですが

予想外の大成功ぶりに、クリスとアニーの気持ちに

少しずつズレが生じてきます…。


成功の影にはいろんな問題もありますが

そこはメンバー達の友情や、家族の支えや

何よりも自分の意志で彼女達は切り抜けます。


田舎町の平凡な主婦達の快挙です!!


calendargirls3

↑ アニーとクリス。


クリス役のヘレン・ミレンは相変わらずステキで

保守的な婦人会に一人はいそうな型破りなタイプの女性を好演。


夫を亡くすアニー役のジュリー・ウォルターズ

どこかで見たと思ったらハリポタのロンのお母さんですね!


何がすごいってこれが実話だっていうのが

やっぱりすごいです!


calendargirls4

↑ 映画の中のカレンダー


calendargirls5

↑ 実際のカレンダー


カレンダーでは、アニーの夫ロッドが生前

「花の中で一番好きなのはひまわりだ」

と言っていたことから、モチーフのひまわりが

効果的に使われています。


女性達のこの強さって、

きっとどんな状況でも人生を楽しもうっていう

明るいエネルギーからきているんだろうなって

つくづく思いました☆☆☆

未来を生きる君たちへ 2011/09/10

未来を生きる君たちへ を観ました。

havnen

2010年の デンマーク=スウェーデン映画。

スサンネ・ビア監督作品です。

第83回アカデミー賞外国語映画賞を受賞してます。


~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~


デンマークに住んでいる医師のアントンは、赴任先のアフリカで

言いようのない暴力の被害者に心を痛めていた。

一方、アントンの息子のエリアスは学校でいじめを受けていた。

そこへ母親を癌で亡くした少年クリスチャンが転校して来て

エリアスのいじめに遭遇し、いじめた少年を殴り倒してしまう。

母親を亡くしたことで心に闇を持つ少年クリスチャンと、

父親不在でいじめに遭い孤独だったエリアスは意気投合するが

エリアスの父アントンは暴力は無意味だと二人に諭すのだった。

そんな時赴任先アフリカで地元の悪党“ビッグマン”が足を負傷して

アントンの元へやってくる。周囲に反対されながらも彼を治療する

アントンだったが。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャストは
 

医師アントンに、ミカエル・バーシュブラント。
 
別居中の妻マリアンに、トリーネ・ディアホルム。
 
いじめを受けているアントンの息子エリアスに、マークス・リーゴード。
 
母を亡くした少年クリスチャンに、ヴィリアム・ユンク・ニールセン。

クリスチャンの父親クラウスに、ウルリク・トムセン。

などなど。



原題は、HÆVNEN

デンマーク語で復讐です。

英語のタイトルは In a better world(より良い世界で)

そして日本語のタイトルが 未来を生きる君たちへ




どれも意味はあってる気がします。

デンマーク語のタイトルはそのまんまですけど。


そう、これは復讐の話なのです。


医師アントンの息子のエリアスは

学校でいわれのないイジメを受けています。
 

お父さんがスウェーデン人だから。

前歯を矯正中だから。



アントンはアフリカで働いてて不在がちだし

デンマークに帰って来ても

母親のマリアンとは別居中なのです。

havnen3

↑ エリアス                 ↑ 母親のマリアン


大好きな父親といつも一緒にいられなくて寂しいエリアス。

せめて父親と母親が仲直りしてくれたらいいのに、と

願っています。
 

havnen4

↑ アントン             ↑ マリアン


一方、母親を病気で亡くしてから

父親を逆恨みして心を開こうとせず

暗い瞳の少年クリスチャン。

havnen2

↑ 父親クラウス           ↑ クリスチャン



転校先でいじめを受けているエリアスを見て

ふつふつと黒い思いをたぎらせます。


そしてある日、

いじめっ子がまたエリアスをいじめようとしてるのを見て

クリスチャンは背後から自転車の空気入れで乱打。

そのうえナイフを取り出して突きつけたりしたのです。


クリスチャンの殺意に恐れをなしたいじめっ子は

しょせん子供。

それ以来エリアスをいじめることはなくなりました。


暴力が勝利する瞬間。


「暴力は何も解決しない!」

とクリスチャンの父は言うけれど

抵抗しなければもっと殴られたしいじめは続いてた…


クリスチャンとエリアスは

自分たちの正しさに自信を持ってしまいます。


仲良くなった二人は

デンマークに帰って来てたアントンと

弟のモルテンと一緒に港へ出かけました。

havnen6

↑ アントンと息子二人 + クリスチャン


ちょっと目を離した隙に弟のモルテンが

よその子とケンカ。

止めに入ったアントンを何とそのよその子の父親が

理由も聞かずいきなり殴りつけたのです。

havnen7

↑ いきなり殴って来たオヤジ
 

言い争っても仕方ないので

その場を立ち去って難を逃れるアントン。


それを見ていたエリアスとクリスチャンは

やり返すべきだ!とアントンに迫ります。


本当はムカッときてるアントン。

でもここで暴力ふるったら相手と同じレベルに

落ちちゃいます。

ここは教育のためにもお手本を見せないと!

ということで、再度暴力オヤジを訪ね

なんと再度殴られます。


そして「ほら見てごらん。全然痛くないんだよ

あいつは最低で殴るしか能のないバカなんだ。」

と子供達に笑ってみせたのです。


小さな弟のモルテンは素直に納得したけれど

到底納得出来ないエリアスとクリスチャン。


殴られて痛くないなんてウソだ!

あいつがバカだっていうなら

本人にバカだって思い知らせてやらなきゃダメだ!!
 


やがて二人の思惑は危険は行動へと変わり

もはや後戻りできないところまで行ってしまいます。


子供達の考え方と行動は純粋さから来てるだけに

もう見てるこっちがお腹痛くなってしまいます。

havnen5

      ↑ エリアス    ↑ クリスチャン

クリスチャン役のヴィリアム君が

暗くて繊細な雰囲気でとっても良かったです!


いじめられっ子のエリアスも

前歯が出てるから「ネズミ顔」なんていじめられてたけど

ちょっとカイル・マクラクランに似てていい顔。


子供の世界って残酷ですよね。

いじめとかえげつなかったりするし、逃げ場もないし。

そんな彼らが暴力で問題を解決できてしまったとき

こうするべきなんだ!と思い込んでしまうのも

無理のない流れだったのかもしれません…。


一方、アフリカで医師として働くアントンは

この国の無秩序で暴力が支配する現実を

目の当たりにしています。

havnen1

誰もが知っている大悪党である“ビッグマン”が

足を負傷してキャンプに来た時

彼を治療したのは医師である本能からだったと思います。


怒りのあまり暴力をふるうのは

愚かなことだとわかっていても

後半彼のとる行動はとても感情的です。


何が正しいことなのか?

本当に復讐はいけないことなのか?



暴力と復讐と。

とっても重いテーマだけど

最後まで観てると希望もあります。
 

家族で支え合うこと。

誰かを大切に思うこと。

その気持ちがあればきっとより良い世界を築くことができる…。




havnen8


余談だけど、デンマークのシーンで

アントンが一人だけスウェーデン語で話してるのが

すごく気になりました!

他の人はみんなデンマーク語なのに。


これって日本に来てもかたくなに英語で話す

外人さんみたいなもの??


たぶん北欧同士なので言葉は似てて大体通じてるみたいだけど

暴力オヤジがアントンの話の途中で

「スウェーデン野郎が何言ってるかわからねーよ」

って言ってたし。


妙なところで面白いなーと思いながら観てました。

ちなみにこのアントンを演じたミカエル・バーシュブラントさんは

スウェーデンの有名な俳優さんらしいです☆☆☆





ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 2011/07/29

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 を観ました。

hp7_2


ほんとにこれが最後ですよ!!

2011年のアメリカ映画。

デヴィッド・イェーツ監督作品です。
 

前作のパート1を観てから早くも8ヶ月が経過…。

これが最後だと思うと本当に感無量です!

最後はIMAXの3Dで観ました。大迫力!!


~~~~~~~~~~~ほとんど何も書けないあらすじ~~~~~~~~~~~


宿敵ヴォルデモートを倒すため、彼の魂を7つに分けて収めた“分霊箱”を

破壊しようとするハリーとロンとハーマイオニー。

数々の困難に立ち向かいながら分霊箱を求めてホグワーツ魔法学校に戻る。

いよいよ最終決戦の時は近い。不死鳥の騎士団のメンバーたちが再び立ち上り

死力を尽くすのだが。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



キャストは、



ハリー・ポッターに、ダニエル・ラドクリフ。
 
ロン・ウィーズリーに、ルパート・グリント。
 
ハーマイオニー・グレンジャーに、エマ・ワトソン。

ヴォルデモート卿に、レイフ・ファインズ。

ベラトリックスに、ヘレナ・ボナム=カーター。
 
ハグリッドに、ロビー・コルトレーン。
 
セブルス・スネイプ先生に、アラン・リックマン。

ミネルバ・マクゴナガル先生に、マギー・スミス。
 
ドラコ・マルフォイに、トム・フェルトン。

ロンの妹ジニーに、ボニー・ライト。

ネビル・ロングボトムに、マシュー・ルイス。

ルーナ・ラブグッドに、イバンナ・リンチ。

リーマス・ルーピンに、デイヴィッド・シューリス。

ウィーズリー家のお母さんモリーに、ジュリー・ウォルターズ。

などなど。
 


ネタバレしないようにしようとすると

ほとんど何も書けないのですが、

最後は今までぼんやり疑問だったりした

あんなことやこんなことの謎が

一気に解決します!!!


非常にスッキリするとともに

隠されたもう一つの話が明らかになり

号泣です。


この長い長い物語は

もちろんハリー・ポッターという男の子の

数奇な18年の人生のお話ですが

もう一人、とても悲しくて長い18年を過ごした人がいます。


その人の視点に立って最初からこの映画を観てみたら

なんかまた全然違う話に見えてきます。


つくづくハリー・ポッターって

大人の話だったんだなあ…と感心。


hp7_2_7

↑ ハリーも相当大人になりました!


でも何はともあれ一番がんばったのは

やっぱりハリーです。


演じたダニエル・ラドクリフくんの10年間を思うと

やっぱり大きな声で

本当にお疲れ様!!!

と言ってあげたい気持ちでいっぱい☆



最終決戦に向けて、先生達もがんばりました!


hp7_2_9

↑ 左:モリー・ウィーズリー  右:マクゴナガル先生


最初からずっと出てるマクゴナガル先生も

ホグワーツの緊急事態にのみ発令する防御呪文を

声高らかに唱えます!!


「この呪文、一度使ってみたかったの!!」


そ、そうですか…。

めっちゃワクワクしてますね。


それにしても敵の多いこと!

hp7_2_11

↑ ヴォルデモート派がいっぱいいます!


絶望的にも思える戦いの中で

みんなが自分に出せるありったけの力を振り絞って

戦うのです。


その戦いっぷりは潔くて強くて

実にスカッとします!!


おや?ホグワーツ魔法学校に

大人が一人紛れ込んでますね。

hp7_2_12

↑ 戦うオジサン。



誰かの保護者かと思ってよーく見ると…

んっ?この顔はどこかで??


hp7_2_16

↑ やっぱり大人が一人まざってる。


もしかすると彼は一回目からのレギュラー…

ネビル・ロングボトムくんじゃないですか~~~!!

            ↓

            ↓

            ↓

hp7_2_26

↑ 昔はずいぶんぽっちゃりでしたね☆


途中こんな少年時代を経て ↓

hp7_2_25


今回一気にオジサン化 ↓

hp7_2_23


でも彼は昔も今も、ハリー達にとって

なくてはならない存在です。

とってもかっこよかったです!!!




せっかくなので他のメンバーの昔の頃も

振り返ってみたいと思います。






まずは、小さい頃の金髪オールバックが

印象的なドラコ・マルフォイ! ↓

hp7_2_3

小さい頃はハリーの敵といえば彼でした。。
 

イケメンな少年時代を経て ↓

hp7_2_10


ちょっと普通の人っぽくなって現在に至る ↓

hp7_2_13


まあ彼もいろいろ悩んだと思うんですよね。

小さい頃は無邪気にハリーをいじめてたけどね~。







そしてレギュラーのロン! ↓

hp7_2_32


小さい頃のこのトホホ感がたまりません!
 

ちょっと線が細い感じの少年だったのに ↓

hp7_2_22


成長して急にマッチョに!! ↓

hp7_2_15


でも笑顔は小さい頃と変わってないですね☆






それからもちろんハーマイオニー! ↓

hp7_2_29


「ハイッ!先生私わかりますっ!」って
 
かわいい~~!!!!

誰もが「この子は絶対美人になる」という

期待を裏切らずに美少女に成長し ↓

hp7_2_31


順調に美人に成長しました。 ↓

hp7_2_19





最後はもちろんハリー!!

世界中を夢中にさせた丸めがねの男の子も ↓

hp7_2_1



こんなに大人になりました! ↓


hp7_2_35




 
他にもいっぱい忘れられないキャラがいますが

やっぱりハリポタといえばこの三人ですよね!

hp7_2_2



この三人の子供の頃の冒険を見てワクワクする気持ち!

昨日のことのように蘇ります。


最後は本当に厳しくて恐ろしい戦いだったけど

三人ともほんとによくがんばった!!



ラストはほんとにじーんとしました。

きっといろんな思いが観ている人達の頭に

浮かんでは消えて行ったと思います。


本当に本当に、心の底から

ありがとうって言いたいです。



お疲れ様でした!!!☆☆☆

SUPER 8/スーパーエイト 2011/07/27

SUPER 8/スーパーエイト を観ました。

super8

2011年アメリカ映画。

J・J・エイブラムス監督作品です。



~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~


1979年、オハイオの小さな町。工場の事故で母親を亡くしたばかりの

14歳のジョーは、仲間たちとの8mm映画作りに没頭していた。

ある日、真夜中に家を抜け出し、駅に忍び込んで撮影をしていた彼らは、

貨物列車が脱線・炎上する大事故を目撃してしまう。

まもなく町に大挙してやってきたのは、武装した空軍関係者。

あの列車で、空軍は極秘裏に“なにか”を運んでいたのだ。

やがて町では、飼い犬が姿を消し、車のエンジンのみが盗まれるなど

不可解な事件が続発。さらに行方不明者が出るなど、事態はどんどん

深刻になっていく…。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャストは

母を亡くした少年ジョーに、ジョエル・コートニー。
 
ジョーの父親で警官のジャックに、カイル・チャンドラー。

父と敵対するデイナードに、ロン・エルダード。
 
その娘アリスに、エル・ファニング。
 
ネレク大佐に、ノア・エメリッヒ。

ジョーの幼なじみで8mm監督のチャールズに、ライリー・グリフィス。
 
爆破担当のケアリーに、ライアン・リー。

主演男優マーティンに、ガブリエル・バッソ。


などなど。


時代背景は1979年。

まだ携帯やネットやデジカメが日用品ではない時代、

少年達は8mmで自主映画を撮っています。


タイトルのSUPER 8っていうのは

8mmのことだったんですね。


この映画作りがとっても楽しそう!


監督のチャールズとメイク、小道具係のジョー

爆破担当のケアリーと主演男優のマーティン等々

けっこう本格的です。


撮ってる映画はなんとゾンビ映画!


ここで作品に“深み”を出したい監督のチャールズは

美少女アリスに出演を頼みます。


super8_6

  ↑ アリス           ↑ ジョー

大人びた美少女アリスを演じるのはエル・ファニング。

あのダコタ・ファニングの妹ですね~。

お姉さんとはまた違ったタイプの美少女です。

それにしても大人っぽい!!


撮影当時12歳ですよ?


このアリス、実はお父さんが

ジョーのお母さんの事故と関わっていて

父親同士が因縁の仲です。


super8_1

↑ ジョーの父親ジャック


ジョーのお父さんは警官をやっていていつも忙しく

息子と過ごす時間をあまり持てません。


ジョーは幼なじみのチャールズの家に入り浸り

未来の大監督チャールズと映画作りに没頭します。


super8_5

↑左:将来はスピルバーグ!?のチャールズ   右:ジョー



ところが家を抜け出して深夜に撮影していると

大変な列車事故を目撃してしまうのです!!


命からがら現場から逃げ出しながらも

決定的瞬間を8mmにおさめ

「これは傑作になる!」

鼻息も荒いチャールズ監督。


ところが、次の日から町に武装した軍人が溢れかえり

平和だった毎日が急に物騒になっていきます。


super8_9

↑知らず知らずのうちに巻き込まれて行く子供達。
 

どうやら急に増えた失踪や盗難も

あの列車事故に関係があるらしいのですが…。



正体不明の存在が時折出てくるところは

ホラーのような不気味さと怖さです!


でも、多感な少年少女が主人公のため

彼らの日常を見ているとなんだかほのぼのとしていて

楽しい冒険ものを観ているようでもあります。


カギとなるのは主人公のジョーが母親をなくしたばかりで

その死と関連している人の娘という立場の

アリスと心を通わせたり

父親のジャックとすれ違ったりしてしまうところ。
 

super8_2

      ↑事故現場から持ち出した物体。。これは一体??


少年ジョーがとってもけなげでいいです!

彼は映画冒頭の母親のお葬式の時から

激昂することなく淡々と自分の運命を受け入れています。


まだまだ子供なのに

泣いたり喚いたりしないし

世の中を呪うこともなく必死に耐えます。


でもどれだけ悲しいかは伝わって来る。

形見のペンダントを片時も離しません。



いつも人のうしろの方でニコニコしてるような彼が

町が混乱に陥った時、誰よりも勇気を見せます!


super8_8

               ↑がんばる子供達!!

 
そして絶体絶命の時に彼がとった行動とは…!
 

賛否両論起こりそうなオチですが

私はいいと思います。

そういうことがあってもいいと思うんです。


気になるチャールズ監督のゾンビ映画ですが
 
紆余曲折を乗り越え、ちゃんと完成して

なんとエンドロールで流れます!!


面白いのでぜひ最後まで観てみてくださいね~。
 

いや~それにしても子供達の映画作り本当に楽しそう!☆☆☆

RPG 2011/07/18

RPG を観ました。

wildhunt7



2009年のカナダ映画。

アレクサンドル・フランキ監督作品。

日本未公開です。


~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~


参加者が王様や戦士、エルフ、神官などの職業を演じ、

共通のルールのもと暮らす…そんなゲームのRPGの世界を現実化した

コミュニティに熱中するエリックの兄ビョルンや恋人のエヴリン。

コミュニティとは無縁であったエリックは、彼女を連れ戻すために

足を踏み入れる。しかし、生贄役になっていた彼女を連れ出そうと

ルールを無視したエリックはRPGの世界を壊す部外者として敵視され

それをきっかけに狂信的な一部の参加者は暴走していき…。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャストは


リッキー・メイブ

マーク・アントニー・クルパ

トレヴァー・ヘイズ

ティーオ・ホルン

ケント・マッケイド



などなど。


知らない人ばっかり。。

どうやらカナダのインディーズ映画らしいです。



最初に言ってしまうのもなんですが

とっても残念な映画でした。。


何が残念って私がたまたま昼に映画館で

「マイティ・ソー」を観た夜に

このDVDを観たんですよね~。


RPGの世界っていうのは大体北欧神話がベースとなってるので

この“ごっこ”の方でも主人公エリックの兄

ビョルン(いいオジサン)がトール(ソー)

なりきってたりします。

wildhunt2

     ↑ムジョルニア   ↑兄ビョルン


日に二度もムジョルニアという言葉を聞くなんて!!


しかもこっちのムジョルニアは

単なる石オノだし!!


でもまあこちらは“ごっこ”なわけなので

チープに見えて成功ともいえます。


とにかくいい大人達がファンタジーの住人になりきって

「おぉ父なる全能の神よ!われに力を~!!」

なんて叫んでたりします。


外人さんがコスプレしてるとよくも悪くも

そこそこ本格的に見えてしまうんですが

それにしてはみんなセリフも行動もグダグダ。。


姫役のエヴリンが獣グループにさらわれて

生け贄となってしまいますが

戦士であるビョルンが「王!ご決断を!」と迫ると

チキンな王は「ここは放っておこう!」

と驚愕の決断を下したりします。

wildhunt4

          ↑いかにも怖そうな人達にさらわれる恋人エヴリン

実は主人公エリックには介護が必要な父親がいて

そんな家庭のこともかえりみず

ファンタジーごっこにハマる兄ビョルンに

キレるエリック。

wildhunt3

   ↑コミュニティーに入るため村人のコスプレをしたエリック


エヴリンまでもがこのコミュニティーにハマって

帰って来ないとなると、連れ戻さなくては!と憤ります。
 

このコミュニティー、“ごっこ”なのでルールがあって

たとえば剣もケガしないように硬くない素材だったり

武器で三回叩かれたら死んだことになったり

わりと楽しそうなんですよね☆


でもいかにも場違いな“現実世界から来た”

エリックの行動がコミュニティーに

不穏な空気をもたらしていきます。



こういう世界で別の役(ロール)を演じられる(プレイング)なら

全員勇者とか姫とかになりたがるんじゃないかと思ったら

悪い人達になりたがる人も結構いるわけで…


wildhunt6

        ↑いかにも悪そうな人達。


きっと現実社会では虫も殺せないようないい人なんかに

実はこういう変身願望があるのかもしれませんね。。


パッケージやあらすじを読んで

これは面白そう!!と思ったのですが

96分と短いわりにお話はダラダラとしています。

後半の展開がちょっと突然すぎるし。


最後のオチだけはなんかすごく説得力がありました。


新聞の見出しとかも容易に想像つきそうです。


現実世界に不満ばかりのエヴリンが

お姫さまになって悪者にさらわれる方がマシ!

って文句ばっかりいってるのは

何かこういう人いそう~って感じで

とってもリアルでした。


そんなワガママな恋人ほっとけばいいのに

いかにも人の良さそうなエリックが

わざわざ助けに行っちゃって起こる悲劇。


ところどころ面白いところもあったので

全体のグダグダ感とクライマックスの唐突さがほんとに残念です。


でもそんな唐突さもこういうコミュニティでは

実際に起こり得そうな雰囲気があるから

やっぱりRPGはテレビゲームで楽しむのが

一番かもしれません!!
07 | 2017/03 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。