スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RED/レッド 2011/02/05

RED/レッド を観ました。

red


2010年のアメリカ映画。

ロベルト・シュヴェンケ監督作品です。


~~~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~~~

元CIAのフランク・モーゼスは引退して今は田舎で静かに暮らしていた。

楽しみなのはなんと年金!

実は年金課の担当のサラと電話で話すうちに恋心が募り、彼女に

会いたい気持ちでいっぱいになっていたのだ。

そんな時、夜更けにフランクの家が襲撃される事件が起きる。

さすがは元CIA。難なく回避したが、電話が盗聴されてたことを知り

サラの身を案じて彼女の住むカンザスへ移動。

その後真相を探るべく老人ホームにいるかつての上司ジョーを訪ねるが

ジョーも何者かに襲われてしまう。

ただごとじゃないとわかったフランクは、次々に昔の仲間を訪ねて

真の敵を探る。また、CIAでは若い捜査官クーバーがフランク抹殺の

密命を受けていた。フランクが「RED」つまり

「Retired(引退した)」

「Extremely(超)」

「Dangerous(危険人物)」


だと知ったクーパーは、フランクに命がけで立ち向かうが。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャストは

元CIAのフランク・モーゼスにブルース・ウィリス。
 
元CIAのフランクの上司ジョーにモーガン・フリーマン。

元CIAのフランクの同僚で宿敵マーヴィンにジョン・マルコヴィッチ。

元MI6の諜報部員ヴィクトリアにヘレン・ミレン。

フランク抹殺を命じられたCIA捜査官クーパーにカール・アーバン。

年金課でフランクを担当する一般人のサラにメアリー=ルイーズ・パーカー。

旧ソビエト連邦の元スパイでフランクの仇敵イヴァンにブライアン・コックス。

CIAの極秘書類の倉庫番ヘンリーにアーネスト・ボーグナイン。

リストに載ってる軍事産業の社長アレクサンダーにリチャード・ドレイファス。


そうそうたるメンバーです!!



メンバーもすごければお話も凝っていて

フランクの住んでいる平和なオハイオから

→年金課のサラの住むカンザス

→ジョーを訪ねるためルイジアナ州の老人ホームへ行き

→その後手がかりを訪ねてニューヨークへ。


とにかく昔の仲間や手がかりを追って

アメリカ中を飛び回ります!


ブルース・ウィリス演じるフランクが

めちゃめちゃ強い!!


引退してても並の強さじゃありません!

でもブルース・ウィリスだから

何か納得できちゃいます☆


そしてそんなフランクが恋心を抱く年金課のサラ。

お久しぶりのメアリー=ルイーズ・パーカーです。


たぶん映画の設定では独身アラフォーぐらい。

平凡な仕事と毎日に飽き飽きして

愛読書はベタなハーレクインロマンス。
 

フランクのことは電話で話した事しかないので

少し意識している程度だったと思いますが

突然現れて「一緒に逃げてくれ!」という彼に


「元CIA?ばっかじゃないの!髪の毛ないし!!」


と、ごく当然な拒否反応を示します。
 
最後の一言は、彼女なりに電話でフランク像を想像してたのが

裏切られた瞬間だったんでしょうね~。

それがいきなり現れて荒唐無稽な話をするものだから

パニックになってもしょうがありません。


でも事態は本当に急を要していたので

そんな彼女を有無を言わさず連れ出すフランク。


まるでハーレクインロマンスのような

非日常な展開にちょっと胸を踊らせるサラ。

肝心のヒーローはちょっと髪の毛ないけれど

優しくて誠実で何より強い!!!


自然とサラもフランクに惹かれていきます。

この二人、中盤から移動する時は手をつないでます。

なんか仲睦まじくて微笑ましいです。


そしてフランクの元同僚や元仇敵の

濃すぎる方々。


ジョン・マルコヴィッチ演じるマーヴィン。

現役時代から猜疑心の塊で少々度が過ぎるため

トラブルメーカーだった彼。

現在は死亡したことになっていて(自分で偽装している)

フロリダでひっそりと暮らしています。


武器や爆薬をこよなく愛し、超一流の腕を持ちますが

被害妄想が玉にきず。

そんなお茶目なマーヴィンをジョン・マルコヴィッチが

キュートに演じています!!


自分たちが狙われているとフランクから知らされた彼は

パニックに陥ってこう叫びます。

「ブタちゃんを連れてくる!!!」


そしてそれ以降へんな顔のブタのぬいぐるみ

肌身離さず持ち歩きます。

もう見ててキュンときました。

かわいいぞ!マルコヴィッチ!!


それから元MI6のヴィクトリアを演じたヘレン・ミレン。

とっても優雅でお美しいですが、泣く子も黙る狙撃の名手。

red1

エレガントです!!!!


そんなヴィクトリアさん、オヤジ達が仕事している間に

サラと二人きりになってこんなことを言います。


「せっかくだから女同士楽しくお喋り(ガールズトーク)しましょ♪」


ぜひ、とサラ。
 
「フランクってとっても素敵でいい人なのよ」

うんうん。

「だからあなたがもしフランクを悲しませたら」

うんうん。

「殺して森に埋めるわよ」

…………。


怖っっっっ!!!

ヴィクトリアさんの目が笑ってません。


その後も、かつてスパイに恋をしたヴィクトリアさんの話。

敵同士の許されない恋だったため

恋人を殺すよう上から命じられます。

まるでハーレクインロマンスのような展開

「それでどうなったの?」と身を乗り出すサラ。


「胸に三発撃ち込んだわ」とヴィクトリアさん。
 

ガールズトークってこんな恐ろしいものでしたっけ??

サラが涙目になったところで女同士の楽しい会話終了です。


それにしても元CIAと元MI6と元ソ連のスパイが

引退したとはいえ一致団結して一緒に戦うなんて

なんか平和でいいですねー。


元気なオヤジ達が大暴れするシーンは

見ててスカッとしますよ~。

red2


欲をいえば私の大好きなモーガン・フリーマン

あんまり出て来なかったことかなあ。。

役柄的にもフランクの元上司だし

80歳で肝臓癌を患っているという設定なので

そうバリバリ活躍は出来ないだろうとは思ってましたが

そこがちょっと残念です。


でもヘレン・ミレンが素敵だったから満足!
 


元気なオヤジ達の姿にホレボレ♪星みっつ!(★★★)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

「RED」面白そうですね。
でもついにあのB・ウィリスも年金受給者役とは!
ビックリしました。

ブルース・ウィリス♪

めがねさん♪
そうなんです!ブルース・ウィリスが年金もらってました。
元CIAの人も年金で生活するんだなーとか妙なとこに感心してたんですけど
設定もまだ「50代」だし、どうやら国からもらえるやつじゃなくて
民間の保険会社からのかな~??
年金とか聞くとまるでブルースが縁側で猫とひなたぼっこしてるようなイメージで
ちょっとびっくりしちゃいますよね☆
アクションシーンは相変わらずすごくてかっこよかったですよ~♪♪

No title

足跡からきました。
初コメントにて失礼します。

私も本作品観ました。
まさに爽快・エレガントでした。笑

ありがとうございます!

S×Sさま、こんにちは~。

爽快&エレガント!!ですよね~!

やっぱりこの方々って存在感も違うしカッコイイ♪

なんかいいもの観たな~って気分になれました!!
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。