スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは私の婿になる 2011/01/14

あなたは私の婿になる を観ました。

anatamuko

2009年のアメリカ映画です。

実は意外と自分がラブコメ好きなんじゃないかと

思い始めた今日このごろです。


~~~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~~~


ニューヨークで働く敏腕編集長のマーガレットは仕事に厳しいため

部下達から「魔女」と呼ばれて恐れられていた。

彼女はカナダ人なのだが、多忙のあまりビザの申請を怠り

その結果ある日突然国外退去を命じられる!

苦肉の策として彼女がとっさに思いついたのは

アシスタントのアンドリューと「偽装結婚」して難を逃れること!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


予告を観た時に

移民局の審問官に「彼の実家はどこですか?」と聞かれて


アンドリュー「シトカです」

マーガレット「そう、シトカ」

審問官「シトカってどこにあるんですか?」

アンドリュー「アラスカです」

マーガレット「そう、アラスカぁああ!??」


というシーンを観て、絶対観ようと思いました。

サンドラ・ブロックの「アラスカぁあ?」って言い方が

すごく気に入ったので♪


キャストは

カナダ人、40歳、独身の鬼編集長マーガレットにサンドラ・ブロック。

彼女のアシスタントで28歳独身のアンドリューにライアン・レイノルズ。

アンドリューの父親役にクレイグ・T・ネルソン。

アンドリューの母親役にメアリー・スティーンバージェン。

アンドリューのおばあちゃん役にベティ・ホワイト。


肉食系女子の代表みたいなサンドラ・ブロックが

嫌われ者の編集長を好演☆
 

普通はいくら肉食系女子でも

かわいげやか弱さが見え隠れするものですが

彼女はそれを感じさせない鋼の強さ!!

ちょっとやそっと叩かれてもへこみそうにないところがステキです!


アンドリューの母親役でメアリー・スティーンバージェン

出てたんですけど、「噂のモーガン夫妻」でも

僻地に行ったら彼女が出てきたので

ちょっとデジャヴっぽかったです。
 
彼女もラブコメづいてるんだな~と思いました。


それにしてもアラスカ!!


アラスカがアメリカだってことすっかり忘れてました。

だってマーガレットの国であるカナダを挟んで

更に北なんですもんね~。

alaska

あれっじゃあ「イントゥ・ザ・ワイルド」の主人公は

カナダを突っ切ってアラスカに向かったのかな。

うーん、途中なんかボートに乗ったりしてましたよね。

ちゃんと地理を把握してから観ればよかった。。


とにかく、マーガレットはアンドリューの実家である

アラスカのシトカへと向かうわけですが

「私たち、恋に落ちました。だから結婚するんです!」

と言ってみても「なるほど~それじゃお幸せに~♪」とは

受け入れてくれないアメリカ移民局。


特にマーガレットの場合日頃から敵も多く

「彼女の結婚は偽装だ!」という密告の電話があったのです。

(実際偽装だし)


アラスカから戻ってきたら二人にそれぞれ

質問をしますよ~。それに答えられなかったら

罰金25万ドル、懲役5年ですからね~。

と、不敵に笑う審査官。

ちょっと楽しそうです。


キャリアを失いたくないマーガレットと

マーガレットと結婚する見返りに

編集者にしてもらう条件をのんだアンドリュー。
 

いくら上司と部下とはいえ3年も一緒に仕事してきたのに

マーガレットはアンドリューのことを何一つ知らないのです。

(実家がアラスカってことさえ!)


これはビジネス!と割り切る二人ですが

アンドリューの家族は大喜び!!!

アンドリューよりかなり年上のマーガレットを見て

「どんな子(ガール)かしら。

あらもうガールじゃないわね。。」

と言いつつも彼女を暖かく受け入れます。


アラスカの広大な自然と(白夜!海!)

やさしい人々。

鉄の女だったマーガレットも次第に殻を壊し始め

アンドリューとの距離も縮まってきます。


自然→素直になるって

このへんもちょっと「モーガン夫妻」と似てますね☆

でもサンドラ・ブロックが文字通り

裸一貫で笑いをとるシーンもあったりして

コメディとしてはこっちの方が面白かったです!

花嫁衣装のドレスのシーンなんか大爆笑しました!!

彼女の場合自虐ネタでも明るいので

遠慮なく笑えるところがいいです。


この映画、DVDで観たのですが

オマケで別エンディングが入ってたのです。

なるほど~~~と思いました。


流れとしてはこっちがスムーズな気もするけど

終わり方は本編の方がドラマチックなので

こっちにして正解だと思います。

きっといろいろ試行錯誤したんだろうなあ。


オマケ映像ではNG集なんかもありました。

とにかく現場が楽しそう~~~。

サンドラ・ブロックが不必要に踊ってます。

きっと根っから明るい人なんでしょうね~。

たまにラブコメが観たくなるのは

観た後ちょっと元気になれるからだと思います♪


でももう当分ラブコメはお腹いっぱい!星みっつ!(★★★)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。