FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルラー 2010/8/29

セルラーを観ました。

cellular


2004年のアメリカ映画です。今から6年前ですねー。

主演はキム・ベイシンガー。撮影時は50歳ですが

きっと設定はせいぜい40歳くらいだと思います。子供も小さいしね…。


この映画、そんなに話題にならなかった気がしますが

出演者はわりと豪華です!

もう一人の主役に、ファンタスティック・フォーの火の玉ボーイクリス・エヴァンス

引退間近の警官役に一度見たら忘れられないお顔の名脇役ウィリアム・H・メイシー

犯人役に「アドレナリン」等で大活躍のジェイソン・ステイサム

クリスの元カノでチョイ役のジェシカ・ビール

この時のジェシカは髪もブルネットのストレートでメイクも控えめ。

顔立ちがなんだかスカーレット・ヨハンソンに似てます。

ハリウッドで人気の顔なのかも。


このお話、主役はなんといっても携帯です。

今や我々の生活になくてはならないツール。

一人一台は当たり前、もはやカメラなんだかパソコンなんだか

よくわからない代物になってきたアレです。


携帯の出現によって、ミステリー界はだいぶ混乱したと思います。

いつでもどこでも連絡が取れる携帯のせいで

これまでのトリックが効かなくなったり、アリバイが出来たり、

犯人間の連絡が簡単になったりしたからです。


でも、それを逆手にとってこの携帯を使って新たな展開を見せるという動きも

当然出てきますよね。

それがこの映画です。


ある日突然見知らぬ男達に拉致された主婦のキム・ベイシンガーが、

屋根裏の壊れた電話を自力で修理して奇跡的にかかったのが

今時の若者のケイタイ。

事情を知って、会ったこともない主婦のために奔走する若者。

そんな荒唐無稽の話を一人だけ信じる引退間際の警官。

……そんなお話です。ワクワクしますねー。


突然拉致されるキム・ベイシンガーは始終泣き顔ですが、

電話を組み立てたり、いざという時に反撃するところはさすが☆

ただ、そんな極限状態なのに走る時は手がハの字になる

聖子ちゃん走りですよ。。

かわいらしい50歳だこと。。


今時の若者クリス・エヴァンスは、最初地味だったけど

段々かっこよく見えてきて応援したくなります。


それにしてもこの映画、最初から最後まで携帯が大活躍ですが

(クリス・エヴァンスは登場シーンのほとんどが携帯を手にしてる)

たぶんあと数年後に観ると

ものすっごい時代遅れな映画
になってそうです。

「最新家電」
が出てくるとどうしてもそうなっちゃいますよね。

技術はオソロシイ早さで進歩してしまうので。


実際6年後の今でさえ、携帯の機能についてのシーンで

「ふーん。
だから何?」ってなりましたもの。

たぶん当時観たら

うぉー最新テクノロジー!!!ケイタイすげーな!!


って思ったのかも。


でもきっとこの映画、将来「昔の携帯はこうだった!」的な

教科書的な意味合いで何年も語り継がれるかもしれませんね。
 

それにしても携帯はどこまで進化するんだろ?


そろそろ携帯買い替えたいので星みっつ!(★★★)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。