スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必死剣鳥刺し 2010/7/24



トヨエツ様の時代劇でございます。



とっても地味です。。。







このご時世に3Dでもなく特殊効果もなく、もちろんカーチェイスも銃撃戦もなく

トム・クルーズ織田裕二も出て来ません。



冒頭の能のシーンが延々と続くのが象徴的ですが

この映画もずっとそんな感じです。静の中の動。



トヨエツ様の役どころは寡黙で穏やかな剣の達人です。

ぴったしですね♪

でもそれだけじゃ2時間近い映画になるわけもなく、当然のように事件が起きます。



しかも、主人公が巻き込まれる形ではなくて主人公自らがやっちまうのです。



それが冒頭の藩主の愛妾殺害事件です。



殺されてしまう愛妾役の関めぐみ。

回想シーンでその暴虐ぶりが出てきます。



元々モー娘の飯田圭織をいじわるそうにした顔だなあと思ってましたが

今回はその意地悪さ炸裂!!

いい感じに仕上がってます。

なんかもうちょっと見ていたいオーラがあった。



…といっても別に演技が抜群とかいうわけじゃなくて、

綺麗なんだけど全然色気を感じなくて無機質な感じで

こんなんで殿が骨抜きになるか??って疑問でいっぱいになるんです。

その違和感で目が離せなかったのでした。。



大奥ってもっとドロドロしてなきゃねえ。



さて、お話の方はこれまた事件を起こしただけでは2時間近くの映画になるはずもなく

その先の主人公の人生が描かれています。



静かです。。。



このまま時が過ぎていくのかと思いましたが

そうはさせないのが岸部一徳です。



とにかく、タイトルでもある「必死剣鳥刺し」がいつ出てくるのかが

いい意味で映画に緊張感を持たせてると思いました。



でも必死剣鳥刺しって名前はなんだか…



強そうじゃないよね。



必死になってるスズメとかを想像しちゃうんですけど。



トヨエツ様はこの役のために6kg体重を増やしたそうで…。

映画の中でもちょっとたるんだお腹等が気になっていたのですが

歳のせいではなく役作りのため!と知ってほっとしました♪



トヨエツ様の役者根性に星みっつ!(★★★)













関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。