スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜更かし羊が寝る前に ~君を捜しに行くまでの物語~ 2011/07/01

夜更かし羊が寝る前に ~君を捜しに行くまでの物語~ を観ました。

satelliets


2008年のアイルランド映画。

リック・ラーキン監督作品です。


原題は「SATELLITES & METEORITES」(衛星と隕石)

ですが、何をどうしたら“夜更かし羊”なんていう

ちょっとメルヘンなタイトルになっちゃったのか。。


たぶん雰囲気が似てるミシェル・ゴンドリーの

「恋愛睡眠のすすめ」
あたりのイメージからだと思いますが…。

あれも原題は「La Science des rêves」(眠りの科学)

なんですけどね~☆


ラブストーリーって普段はあんまり観ないジャンルですが
 
「ONCE ダブリンの街角で」のスタッフが製作

という文字を見て一気に興味津々!!


ものすっごく低予算ですが

ものすっごくかわいい映画でした!



~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~


小説家のダニエルはある日ヒロインのルシンダが現実に現れるという

幻覚が見えるようになってしまう。困った彼は精神科医に相談するが

その後ついに町のカフェでルシンダと遭遇!

思いきって話しかけてみるとアメリカからアイルランドに来たばかりの

彼女と意気投合。二人は惹かれていきデートを重ねるようになる。

だが、たまに電話が混線して他人の声が聞こえたり、病院にいる

夢を見たり。。二人の世界は少しずつ混乱していくのだった。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャストは


小説家のダニエルに、アダム・ファーガス。

アメリカ人のルシンダに、アミ・フーベルマン。

看護士イザベラに、ジョアンヌ・クロフォード。

執事ジェフリー/医師ジョンに、ジョン・リン。
 

などなど。



いきなりオープニングがレトロっぽい

アニメと音楽で始まってびっくりします。



そして登場する主人公ダニエル。

satelliets1

↑ 小説家のダニエル。


なんかいきなり執事らしい男の人と

なにやら事故の話をしています。

過去の話のようです。


そして小説を執筆していると現れる

彼の小説の中のヒロイン、ルシンダ。


幻覚が見えるなんて!と戸惑うダニエルに

「ぜんぶ現実よ」
と囁きます。


現実ってなんだ!?


悩むダニエル。

そんな時町のカフェで偶然出会った彼女は

まさにルシンダそのものでした。


satelliets1

↑ ちょっとお化粧濃いけど可愛いルシンダ。



アメリカから来たばかりのルシンダは明るく元気な女性。
 

声をかけてきたダニエルをてっきりナンパだと思いますが

まさか

「君、僕の小説に出て来るよね?」

とも言えず

話を聞いて微笑んでるだけのダニエルに

ついにしびれをきらします。
 

「もう!アイルランドの男性ってみんなシャイね!」


それから楽しい二人の恋が始まるのです。
 

ルシンダは衛星の会社に勤めています。

二人が長電話している夜

無数の流星群が降り注ぎ、自社の衛星のことが

心配でしょうがない彼女。


仕事熱心な彼女が熱く衛星のことを語るのを

ニコニコしながら見ているダニエル。


「何を見てるの?」

「かわいいなと思って」


もう見てる方がはずかしくなるくらい

ラッブラブ
です。


でも底抜けに明るいルシンダにも

誰にも言えない悩みがあって。。


実は事故で身体の60%にヤケドをおっているのです。

また事故…?



何やら二人で電話してると

院内放送みたいなのも混線してくるし。


satelliets3

↑ 病院での夢をたびたび見るダニエル。


二人がどういう状況にいるのかは

観ていて結構始めの方ですぐにわかります。


出て来る人が少ない上

いろんな名前で登場するために

最初は混乱するかもしれません。


「ぜんぶ現実よ」

 

彼らにとっては

お互いの存在だけが現実。



流星群の動きは活発になり

二人の周りではどんどん不思議なことが起きます。


何かの力が二人を引き離そうとしてる。。


そう感じた二人は結婚することにします。


東京で!



急~~に東京が出てきて

急~~に二人が日本語で話し始めるので

びっくりします!!



せっかくロマンチックなシーンなのに。。


でも欧米からみると

東京とか日本語とかとってもロマンチックなんだろうなあ。



「渋谷の交差点でプロポーズするよ」と言うダニエルに

「どうして?」と聞くルシンダ。



人と車と光が溢れた場所で

君が僕だけを見つめているか確かめるんだ。




このダニエルのセリフを聞いて

ああ、やっぱり日本って

夜でも光で溢れてるイメージなんだなあと

改めて思いました。


これまでが明るすぎたんですよね。

節電している今でちょうどいいと思います。


satelliets4

 
二人が本当にかわいくて微笑ましいので

この恋の行方をものすごく応援したくなりますが

この映画のラストはとってもせつないです。


一見ハッピーエンドかと思うんですが

よくよく考えたら。。。せつなさにびっくりします!!


でも、やっぱりそれでもハッピーエンドなのかも。


きっと今頃二人は渋谷の交差点でお互いだけを見つめてる。

そんなシーンを想像しました。



とーーってもかわいくてちょっとせつないお話です☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

おひさしぶりです

こんばんは。
お元気ですか?ごぶさたしてます。
この映画、観てみたいです!なんか。ステキでおしゃれな感じですね。
東京とか出てきて不思議・・・。
TSUTAYAとかで借りられるんですかね・・・。

ステキな映画のご紹介ありがとうございます~☆

なおさん♪♪

おひさしぶりです~♪
 
私は元気ですよ~ありがとうです♪^^
なおさんも夏バテとかしないようにきをつけてくださいね~~!!

うんうん、この映画☆作りもチープだしつじつまあわないところもあるし
あげくのはてに変な日本語でてくるけど
私はなぜかとっても好きなんです…(^^)

荒削りでもこういう映画に出会うとなんかわくわくしますね♪

まさにTSUTAYAでレンタルしましたよ~!
機会があればぜひぜひ☆

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。