スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライング・ゲーム 2011/06/19

クライング・ゲーム を観ました。

cryinggame


1992年のイギリス映画。

ニール・ジョーダン監督作品です。


観たのはこれで3回目だったと思います。

何度観ても大好きな映画です!!


~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~


ある日、英国軍の黒人兵士ジョディはIRA(アイルランド共和国軍)の

兵士達に拉致されてしまう。彼らは英国軍に捕らえられた仲間たちを

釈放するための人質としてジョディを誘拐したのだ。

ジョディの見張り役のファーガスは、いろいろ話をしているうちに

敵同士にも関わらず友情を持ってしまう。だが状況がそれを許さない。

死を覚悟したジョディは、ロンドンに残してきた恋人ディルのことを

ファーガスへと託すのだった。。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャストは


英国軍の兵士ジョディに、フォレスト・ウィテカー。

IRAの兵士ファーガスに、スティーヴン・レイ。
 
ジョディの恋人ディルに、ジェイ・デイヴィッドソン。
 
IRAの兵士ピーターに、エイドリアン・ダンバー。
 
IRAの兵士ジュードに、ミランダ・リチャードソン。


などなど。



久々に観たらフォレスト“鶴塀”ウィテカーが若い!!

cryinggame1

↑ 手前:ファーガス          ↑ 奥:ジョディ


最初、IRAに連れてこられたジョディは

頭から袋をかぶせられています。


閉所恐怖症の彼はそれが怖くて

外してくれるようファーガスに頼むのです。



「見えなくったって声でわかるよ。

 あんたは頭が良くてハンサムな白人の男だろ」

とファーガスに言うジョディ。


思わず気を良くしてニヤリとするファーガス。


この時点でファーガスのジョディに対する心証が

うなぎのぼりに上がっていくのが見えるようです。


ところが袋を外して対面したら

「……ハンサムっていうのは違ってたな」

と、発言を撤回するジョディ。


あきらかに機嫌が悪くなるファーガス。

どちらも正直者です。



同じIRAのピーターやジュードに怒られつつも

どんどん仲良くなっていく二人。

もし、英国軍が捕虜を解放しなければ

ファーガスの手でジョディを撃たなきゃならない運命なのに。。


cryinggame2


ジョディは素直でおしゃべりで

ファーガスに「カエルとサソリの話」をします。


川を渡りたいけどカナヅチのサソリが

泳ぎの上手なカエルの背中に乗せてもらうことに。


カエルを刺してしまったたら自分も溺れるのに

「これが自分のサガなんだ。。」

カエルを刺してしまうサソリ。



要するに、生まれ持ったものは変わりようがないということ。

それでたとえ自分が死ぬことになっても。



つまり、ジョディはファーガスの優しさ

生まれついてのものだから

変えようにも変わらないと言うのです。


ジョディはそう言いますが

ファーガスだってIRAの立派な兵士です。

目的のためならいくらでも冷酷になれるはずなのに…。


なんだかとても深くて印象に残る話ですが

この逸話を話すときのフォレスト・ウィテカーの

熱弁っぷりがかわいい!



その後二人の運命は意外な方向へと動いていきます。
 

壊滅状態となったIRAのアジトから逃げ延びたファーガスは

しばらくたったある日、ロンドンで

ジョディの恋人であるディルへと近づいていきます。


彼女のことはジョディから聞いていて

自分に何かあったら代わりに彼女を

守ってほしいと頼まれていたのでした。
 

ディルには“ジミー”と名乗り

もちろんIRAのこともジョディのことも内緒です。
 

ディルは昼は美容室で働き、夜はバーで妖艶に歌い、

何やらうさんくさい男につきまとわれたりしています。

cryinggame4

↑ “クライング・ゲーム”を熱唱するディル。


段々ディルの魅力にひかれるファーガス。
 

地味な外見からは意外なほどに

腕っ節の強い“ジミー”にディルもまた惹かれていきます。


cryinggame6

↑ 何も知らないディルと、彼女を守りたいファーガス。


ほんとにスティーブン・レイ演じるファーガスは

もっさりしててお世辞にもハンサムとは言えないのに

どうしてこんなにかっこよく見えるのか不思議です!!


たぶんジョディの言ってた天性の優しさと

兵士の強さが見え隠れするからですね。


ディルは素直に“ジミー”に惹かれていき

そのまま恋人同士になるかのように見えましたが

二人には超えなければいけない壁がありました。


cryinggame3

↑ 何がすごいって彼女がすごい!!


この映画、彼女がいなければ絶対に成立しませんでした。


本当に魅力的で、ジョディが「彼女は完璧だ」というのも納得。

 

“クライング・ゲーム”(涙のゲーム)という

タイトルからもわかる通り
 
どこにどう転んでも悲しい展開になるはずなのに


ジョディの陽気さ、ファーガスの優しさ、

ディルのひたむきさについ微笑んでしまいます。


しかもラストがすっごく素敵なんです!!!

こんな終わり方をするなんて考えてもみなかったので

「やられた!」と思いました。



何度でも観たくなるステキな映画です☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして^^

同じFC2の足跡から遊びに来ました!
・・・・というか、時々拝見させていただいておりましたi-229
はじめまして♪

私はこの映画に、すごーく思い出があるんです。公開当時とても話題になっていたんですよね、ものすごい「ラスト」がある!ということで。それで自分の中で「絶対に観る映画!」と思ってドキドキしていたんです。

そんなある日、ふと映画雑誌の「今年度のアカデミー賞ノミネート一覧」というページを見ていたら・・・・・・な、なんと!おわかりになりますか!? その一覧を見ただけで、この映画の一番肝心なところがバレているではないですかー(涙)。。。。それでも何とかこの映画を観たのですが、緊張感半減という、悲しい思い出の作品になってしまいました。

しかしながら、それを差し引いたとしてもこの映画の魅力は素晴らしいものがありますよね!・・・そして、この映画が出来てからもう20年も経っているなんて。これもまたビックリです(笑)。


新作から旧作までジャンルも様々なレビューが置かれていて、素敵なブログですね!!時々読ませていただくのが楽しみです♪また是非、遊びに来させてください^^


マクビールさん♪

はじめまして♪ こんにちは!!
マクビールさんのブログは私もよく拝見させていただいてます^^
コメントありがとうございます~♪

とっても楽しみにしてたのに映画雑誌でネタバレ。。
ああ~~!!わかりますっ!すごい悔しいですよね~~☆
うーん…なんとも不運なタイミング!!

この映画は出来れば本当に何の先入観も持たずに観たいですよね!!
そして心の底から驚きたいです!笑。

でもほんと、もう20年も前の映画なのに
何度観てもやっぱり好きだなあって思えるってすごいことだと思います。
しみじみといい映画ですよね~~^^

わーブログお褒めいただいて嬉しいですっ
ありがとうございます!!ぜひぜひまた遊びにきてください~~~!!

男の友情?

はじめまして。
この映画は最初NYの1館のみで公開され口コミで拡大公開された
のですがその封切りの時NYで見ました。すでに長蛇の列で
6時の回に入れず8時の回に回されました。
もちろんヒットしていることも内容も何も知らずニール・ジョーダンが
好きだったから見に行きました。
ちなみに当然日本ではボカシだと思いますが、あれは絶対見せない
と駄目なシーンですよね。
(実は僕は最初の歌ってる場面で気づきましたが)

さてこの作品は自分なりに色々分析しました。
詳しく書くと論文なみになるのでヒント(?)だけ。
まず“復讐劇”として見るとジョディはお人好しのファーガスがディル
を好きになることを予測して衝撃の事実は隠して“恋人”への伝言を
頼む。つまりファーガスに“悲劇”が起きることで復讐が成立する。
だから何度か現れるファーガスの幻想か悪夢のシーンでのテニス
ウェアを着たジョディは“勝ち誇ったように”にやついている。
そして恐らくファーガスの恋人だったコル(ミランダ・リチャードソン)
にとってファーガスの浮気(?)は組織への裏切りだけでな自分への
裏切りでもあり“復讐”として処刑しなければならない。

もう1つの視点は“男同士の友情”ファーガスはジョディに対する
友情から“素顔”を見せるという掟破りを行い、ジョディの処刑も
自ら買って出る。ジョディの方はファーガスの甘さを見越し
撃てないだろうと逃亡を試みる。
ファーガスにとってジョディを死なしてしまったという負い目もあって
ジョディとの約束を果たすのだが…

実は飛躍して裏目読みをするとファーガスにはゲイの気質があって
ジョディに対し友情ではなく恋愛感情を持っていた。
だからディルの衝撃の事実を知って吐き気を催すが結局ディルを
受け入れることもできる。
だからこそディルの髪を短く切らせ“ジョディ”のテニスウェアを
着せる。つまりジョディの代わりとして愛するんですね。

ニール・ジョーダンの映画にはセクシュアル・マイノリティである
LGBTを扱った作品が多いですよね。ジョーダンは
「人は単に人を愛するだけでなく、心の底から相手を受け入れて
愛することができるか」が一貫したテーマだと言っています。

milouさま♪♪

はじめまして!
コメントありがとうございます♪

この映画を当時NYで観られていたんですね~。
話題だったとはいえそんなに人気だったとは!

そしてそして数々の分析。。大変興味深く
読ませていただきました!

最初の“復讐劇”は目からウロコです。
そう言われてみると確かにファーガスの見る想像・夢での
ジョディは勝ち誇っているかも!!
そういう切り口もあるのか。。と感心してしまいました。
ジョディという人物は、強烈な印象を残すものの実はとても謎に満ちていて
彼が敵であるファーガスにディルをたくすという行為も
もしかしたら「なんで自分がここで死ななきゃいけないんだ?」っていう
憎しみから来たものかもしれませんね。

“男同士の友情”説の方はたぶん私を含め
多くの人がそう見ているでしょうね~。
友情と使命との板挟みになったあげくの
罪滅ぼし。。そんな風に思っていました。

そして最後の“裏目読み”
うーん、これも確かに言われてみると
いろいろ思い当たって納得出来るような気がします!
 
「心の底から相手を受け入れて愛することができるか」が
一貫したテーマだったというのも頷ける気がしますね。。
とてもハッピーエンドになるとは思えない二人の
ほのぼのとしたラストシーンがとても好きです。

とっても読み応えのあるコメントをありがとうございました!!
よかったらまた遊びにきてくださいね~(^^)
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。