スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック・スワン 2011/06/05

ブラック・スワン を観ました。

blackswan

2010年のアメリカ映画。

ダーレン・アロノフスキー監督作品です。


主演のナタリー・ポートマンが

アカデミー賞(主演女優賞)を受賞してます!


~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~


ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナは、

元バレリーナの母親のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。

そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。

だがこの難役は、優等生タイプのニナにとってかなり困難なもの。

彼女は純真で優雅な白鳥はこなせても邪悪で官能的な黒鳥をうまく

踊れないのだった。

そんな時まさに黒鳥のイメージにピッタリの奔放な新人バレリーナ、

リリーが現れて更にニナを精神的に追いつめることになる。

やがて役作りに没頭するあまり極度の混乱に陥ったニナは、

現実と悪夢の狭間をさまよい、自らの心の闇に囚われていく……。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャストは


主演の優等生のバレリーナ ニナに、ナタリー・ポートマン。

バレエ団の監督のトマス・ルロワに、ヴァンサン・カッセル。

新人の奔放なバレリーナ リリーに、ミラ・クニス。
 
ニナにべったりの母親エリカに、バーバラ・ハーシー。

前プリマのベスに、ウィノナ・ライダー。


などなど。


いやー。。この映画がサイコスリラーだということは知ってましたが

ここまで怖いとは。


怖い、というか痛いです。本当に!!

精神的にもそうだけど身体的にも痛いシーンいっぱい出てくるので

そういうのが苦手な人にはちょっとキツイかも!


私も観てて何度も「ギャー!」と叫びそうになりました。

痛いの苦手。。(涙目)


ナタリー・ポートマンはこの映画のために

一年間もトレーニングを積んだだけあって

見事なバレリーナ体型になってます。

blackswan10

↑↑ ナタリー・ポートマン演じるニナ。


それにしてもバレエって誰が考えたんだろう?

あのつま先立ちで踊る姿。

すごく優雅だけどあの一点に全体重をかけて跳んだり回ったり。

訓練してるとはいえ相当痛いはずですよね。


バレリーナに限らず、アスリートの方々は

いろんなものを犠牲にして練習してると思います。

blackswan1

同じ年頃の子達がオシャレやスイーツや恋愛なんかに

夢中になってる時にわきめもふらずに練習する毎日。


きっとこの映画のニナもそんな青春時代を

過ごしたことと思います。


白鳥の湖のヒロイン役を獲得してみたものの

完璧で正確で美しいけれど魅力がない

と言われてしまうニナ。


すべてを犠牲にして練習に打ち込んで来て

完璧なステップを踏めるのに魅力がないと言われる。

すごく皮肉なことです。
 

でもそれが芸術なんだからしょうがない。

前プリマのベスは完璧で、

しかも予測不能な破壊的な踊りができる

天性のバレリーナでした。

blackswan7

↑↑ なんとベスを演じてるのはおひさしぶりのウィノナ・ライダーです。

かつてはちょっとナタリー・ポートマンと

似た感じの美少女でしたが、今でもキレイ!


バレエ団の監督であるルロワに役を降ろされてしまいますが

それでも彼女の存在はニナを圧倒します。


そして存在自体が黒鳥のイメージにぴったりなリリー。

blackswan4

↑↑ ミラ・クニス演じるリリー。


背中にタトゥーまで入れて

バレリーナというよりはダンサーっぽいです。

生き方も奔放で、何かを犠牲にしたり

我慢したりしてる様子は一切ナシ。
 

ニナがいつも白っぽいコートにマフラーなのに

リリーは黒っぽいコートとマフラー。



この辺も性格と同じように対照的で

白鳥と黒鳥のイメージにあってて面白いです。



自分にない官能的な表現力を持つリリーに

ニナは危機感を感じますが

リリーの方はあっけらかんとニナに近づいてきます。

blackswan6

↑左:リリー   右:ニナ

この二人、まったく違う顔と雰囲気なのに

たまに似てる時があるのが不思議。。



そして忘れてはいけない、この映画の

怖い雰囲気の源はここ!
 

べったりの母子関係
です。

blackswan2

↑↑元バレリーナの母親エリカ(バーバラ・ハーシー)

自分が果たせなかったプリマへの夢を娘に託し

自分の部屋には娘の絵がいっぱい。

娘が背中を自分でひっかいたと知ると、

すごい勢いでハサミでジャキジャキ娘の爪を切ります。


このシーン、予告でも出てきますが

怖くて正視できません!!!


不安定な人に刃物持たせちゃだめ~!!!

と思うのですが


本当に不安定なのは誰なのか。。。


よーく観てると実はこのお母さんが

特別怖い存在などではないことが

段々わかってきます。


blackswan8

↑↑ 鏡の中にいるのは一体誰??


「君の道をふさぐものは君自身だ」



監督の言葉に導かれて役作りに没頭し

自分を失っていくニナ。

彼女が最後にたどりついた黒鳥の踊りとは。。。
 


本当に、真面目で気弱な優等生のニナを演じる

ナタリー・ポートマンがピッタリでした!


こういう性格の主人公が
 
役に取り憑かれて自分を追いつめていくところは

説得力あります。

blackswan9
 
↑↑ 目の色変わってます!


壊れに壊れたあげくに

誰もが想像できるような

とんでもない悲劇が待っていますが

なぜかとても幸福感に包まれています。



悲しい話なのにすごい達成感。

ナタリー・ポートマンが美しかったです☆☆☆
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは~!!!

観られたんですね!
実は、観たいんですが、こわいと評判がなのでなかなか行けず、
さらに感想を読ませて頂いて、興味が倍増するものの、
痛いのがニガテなので大丈夫だろうかと若干気がかりです汗。


素朴な質問で申し訳ないのですが、
alpacakewpieさんはもう一度観てみたいですか?

悲しい話なのに達成感っていうところに
ものすごく惹かれました!

なおさん♪♪


ほんとに素晴らしく怖かったです(涙)
怖いというか痛い!!
それも私の苦手なタイプの痛みなのです。
 
なおさんも痛いの苦手??
じゃあ、、キツイと思いますよ~たぶん!

私もね~予告見て相当覚悟して行ったのに
観た日の夜すごい悪夢みちゃいました!(^^;)


もう一度観たいかと言われたら

「すっごく観たいけど絶対観れない。」

かなあ~~☆

最後のステージのシーンをぜひもう一度観たいけど
その前のプロセスがないと意味がないし
かといってまたあれを観るのは怖い!
みたいな葛藤がね。。。^^;

そうなんですね・・・

いやぁ~、「すっごい観たいけど絶対観れない」って笑。
葛藤があるほど、圧巻のステージシーンだったんですね!
そうおっしゃられるとますます観たい欲が増します・・。

でも、痛いのちょー苦手です。
だって、精神的にやられてしまいそうで苦笑。
悪夢大丈夫でしたか??
多分、私も悪夢とかみちゃう気がします。

やはりアカデミー賞クラスの映画は凄いですね。

しばらく考え、勇気が出たらチャレンジしてみようと思います。
ムリだったらはDVDで・・・!?

また遊びに来ます~♪


ぜひぜひ♪


痛いのちょー苦手ですか!笑。

じゃあ~やっぱりものすごく体調いいときか
DVDがいいかもしれませんね~^^

>やはりアカデミー賞クラスの映画は凄いですね。

そう思います~☆
ものすごいインパクトでしたっ
複雑な役を見事にこなした
ナタリー・ポートマンさすが。。

最近更新が遅めになってますけど
またぜひぜひ遊びにきてくださいねー♪

こんにちは

お邪魔します。

期待した内容よりも「怖い」「痛い」・・・本当にその感じよくわかります・・・超同感ですww

ただ全体的にはやっぱりアカデミークラスだと思いました。
私的にはリリーが良かったww

SxSさん♪

リリーよかったですよね!

ミラ・クニス、好きな女優さんです♪
ニナが恐れるとともに憧れる女の子のイメージにぴったりでした☆
でも背中のタトゥーは純真な白鳥を演じる時は
どうするのかな~とか余計なことが気にかかったりして…(^^;)

いや~ほんと、すごい映画でしたね!!
怖くて痛くて何より心理的に圧倒されました!
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。