FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インセプション 2010/8/8

インセプションを見ました。

inception.jpg

レオ様と渡辺謙が これでもか!ってくらい宣伝してますね。

監督はクリストファー・ノーラン。

メメントを観て以来、この人はスゴイ!!と思ってましたが


やっぱりスゴイです。


とにかくあの映像を観るだけでも一見の価値あり!!

予告とかCMとかでバンバン流れてますよね。

街が折れ曲がったりホテルの廊下が無重力になったり。


映画で不可能可能にするために監督達はいろんな設定をひねり出してきたと思いますが

(舞台を異空間にするとか、主人公が特殊な才能を身につけるとか)

そんな特別な設定を特にしなくても、

夢っていうのは一番身近な異次元世界ですね。


この夢の世界を利用して産業スパイをするという設定が、すごく斬新です!!


他人の夢の中に入り込む夢探偵的なお話はよくありますが

このインセプションの場合は、もっと科学的現実的な夢です。

(夢に対して使う言葉じゃないけど、実際そうなんですもん)



映画での「夢」の描かれ方で、私が一番リアルだなあと思うのが

エルム街の悪夢なんですが

こちらは不条理で感覚的な「悪夢」をよく描いているのに対し

インセプションは、夢という深層心理の世界をよく描いていると思います。


ただ、複雑です。。。

もう途中で何が何だかわからなくなってくるし

どれが夢でどれが現実かも怪しくなってきます。


というか、夢の中で「これは夢だ」っていう意識を持つってすごいことですよね。

夢の中では何でもアリだし、自分の好きなものだけで世界を作ってしまえば

もう現実になんて戻りたくなくなりますよね。


戻る必要もなくなっちゃう。


…そう考えると段々怖くなってきたのでやめます。


さて、夢の世界を築き上げる設計士という重要な役どころで

エレン・ペイジが出てました。

若手の女優さんで私が今一番気になる人です。
 

この映画ではさすがに活躍シーンは少なかったけど

聡明な感じがよく出ててよかったです。

本当はもうちょっと癖のある役の方が絶対彼女には似合うと思うけど

きっとこれからいろんな役でいろんな表情を見せてくれることと思います。



それと、映画に出てきたトーテムという小道具の話。

映画の中でコマとかサイコロとか小さくて質感のあるものを各自持って、

それで現実か夢かを確かめる、というものです。

主人公の愛用トーテムはコマで、もし夢の世界ならコマはブレもせず

くるくると永遠に回り続けるのです。



私が子供の頃に愛読していた「ムー」という知る人ぞ知るオカルト雑誌では

そのトーテムに似た話が載っていて、実は私今でもたまに実践しています。


それは、真夜中にトイレに行った時など

まだ夢の中かどうか確かめるために


左手の人差し指を右手でひっぱる


というもの。

もし夢だったら人差し指はびよーんと伸びてしまいます。


今のところ伸びたことはありませんが

もし伸びたら夢の中なのでトイレは即中止しないと悲惨なことになります。



「ムー」があまりにも懐かしいので星みっつ!(★★★)













関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。