スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミツバチの羽音と地球の回転 2011/04/26

ミツバチの羽音と地球の回転 を観ました。

mitsubachi


2010年の日本のドキュメンタリー映画。

鎌仲ひとみ監督作品
です。


とってもタイムリーな映画

とってもタイムリーな日に(偶然!)観てしまいました。

チェルノブイリからもう25年たったんですね。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


瀬戸内海に浮かぶ祝島(いわいしま)。

人口約500人の半農半漁の島です。特産はひじきやびわ。

とっても自然豊かなこの島の真正面に上関原発を作ることになり

島民のみなさんは28年も戦い続けています。

一方、スウェーデンの北端にあるオーバトーネオという町。

かつては最も失業率が高くて憂鬱な雰囲気に包まれていたこの町が

風車で発電し、木屑から温水を作り、牛舎から出るし尿から

メタンガスを生産して持続可能なエネルギーを実現しています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ドキュメンタリーなので、ストーリーはないのです。


祝島のみなさんは今も原発を建てさせないために

戦っています。


島民約500人の、平均年齢75歳の島。


もう28年も前から反対運動を支えてきた

明るくてたくましい島のおばちゃんたち。


そんなおばちゃん達のアイドル。

32歳のたかしくん。


mitsubachi1

↑↑ たかしくん(2児のパパ)


親しみを込めて私もくんづけで呼ばせていただきます☆
 

一度は島を出たけれど、島に戻って家庭を持ち

ひじきを穫ってびわを育て

自分達家族の食べる野菜を作ってます。


若いのに本当に働き者!



原発反対運動でも先頭を切って活動しています。


この島民のみなさんと中国電力の方々の

ぶつかりあいがもう驚きです!!

こんなに壮絶なものだとは思いませんでした。


明け方から日没まで工事現場に通って

工事を阻止しようとする島民のみなさん。


海を埋め立ててしまえば

瀬戸内海の貴重な生態系も崩れ

7度上昇した海水が毎秒190tも排出されて

漁業は壊滅状態になるのに

 

「原発で海が壊れることは絶対ありません!」

とハンドマイクで島民に呼びかける中電の社員。


そのすぐ後に

「絶対と言っていいほど壊れません!」

と言い直したのには映画館中が失笑でした。。

なんだその逃げ方…☆




一方スウェーデンはオーバートーネオの町です。

かつては陰鬱な雰囲気に包まれていた小さな町が

持続可能なエネルギーを得たことで

町民にも活気が戻っています。


スウェーデンは1980年に脱原発を国民投票で決め、
 
2020年までに石油にも依存しない

社会づくりをめざしている国なのです。


「環境にいい電力を自分で選べばいいんだよ」

と、風力発電の電気で充電したエコカーに乗ってる方。


日本では電力は「選べません」と言うと

「えっ嘘だろ!?」と絶句。

そして「そりゃだめだ!!とダメ出し。


mitsubachi3

↑↑ 思いっきりダメ出し。
 

……ですよねー。


風力だって波力だって太陽光だって

いざ建設しようとしたら

いろんな問題があることはわかってるんです。


でも、どうして選択肢がないの???

って、スウェーデンの方々じゃなくても

不思議に思います。


何かこう諸問題をうまくクリアできて

原発を作らずに済む方法が

他に本当にないのか…

私たちは考えるべきだし行動する時だと思います。
 


祝島のたかしくんに監督が

「子供さんも将来島で暮らしてほしい?」と聞くと

たかしくんはこう言います。
 

「それは子供にまかせます。

 他も知ったうえで島に戻ることを選ぶんならいいけど

 他を知らずにここで生きるっていうのはナシです」


そう、自分で選ぶって大事ですよね。



福島原発がこうなってしまってまさに

「今、そこにある危機」
となってしまった放射能問題ですが

鎌仲監督はもうずっと前からこの問題に着目して

ドキュメンタリーを撮ることで

問題提起していたんですね。


重いテーマにも関わらず始終和やかで明るい雰囲気で

なんだかとても前向きになれました!



何が問題なのかを知ること

それについて考えること。



最初はミツバチの羽音くらいの

ささやかなそんな動きが

地球の回転を支える確かな動きに変わってゆく。。


ずいぶんと遅いスタートかもしれないけど

まだ遅すぎはしないと思うのです。

mitsubachi2


今の日本に最も必要な映画だと思います!☆☆☆
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

パンドラの箱の閉め方。

こんばんはお久しぶりです!

>何で選べないの?
ホントそうですよねぇ。
代替エネルギーについてはそれぞれ
プラスマイナスがあるという偉い人の
諸説が入り乱れていて僕には???ですが
なるたけ危険な物は避けなくちゃ!ということだけは判ります。
決して後世に負の遺産は残しちゃならないですよね。

めがねさん♪

おひさしぶりです!(^^)

そう、まさに負の遺産なんですよね!
今やってる「100,000年後の安全」というのも
とってもタイムリーな映画で
私は観てないんだけど予告観ただけでも
なんか考えさせられちゃいます。

放射能が自然にまったく影響を与えなくなる年数が
10万年なんですって!!!

逆に言うと10万年も未来まで
ずっと影響を残すものとすごく密接して暮らしてる今って。。。
って思いますよね。

パンドラの箱って確かいろんな悪いものが散々飛び出た後
最後に「希望」が残ったってお話ですよね。

私たちの未来にも希望がありますように。
出来ることからしなくちゃって思いますよね~。
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。