スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国王のスピーチ 2011/04/10

英国王のスピーチ を観ました。

kingsspeech


2010年のイギリス映画。

トム・フーパー監督作品です。

第83回アカデミー賞作品賞受賞作品ですね☆


~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~

1925年、ヨーク公アルバート王子(後のジョージ6世)は

初めて国民の前で閉会式のスピーチをするが、吃音症のために

そのスピーチは散々なものとなってしまう。

妻であるエリザベス妃は、そんな王子を心配して専門家にみせるが

一向によくならず、本人は更に落ち込むばかり。

最後の頼みとばかりに少々怪しいオーストラリア人の言語聴覚士

ライオネル・ローグにみてもらうが、その風変わりな治療法に腹を立て

治療をやめて帰ってしまう。

ところが、その治療法が効き目があることが後日わかり

それからジョージ6世とローグの、二人三脚の吃音症克服の日々が

始まるのだった。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャストは


ジョージ6世に、コリン・ファース。
 
エリザベス妃に、ヘレナ・ボナム=カーター。
 
言語聴覚士のライオネル・ローグに、ジェフリー・ラッシュ。

エドワード8世(ジョージ6世の兄)に、ガイ・ピアース。

ジョージ5世(ジョージ6世の父)に、マイケル・ガンボン。

メアリー王妃(ジョージ6世の母)に、クレア・ブルーム。
 
ウィンストン・チャーチルに、ティモシー・スポール。

などなど。


何がスゴイってこれ

実話ってところがすごいですよね!!!


イギリス王室には全然詳しくなかったのですが

このジョージ6世って今のエリザベス2世のお父様☆

めっちゃ最近の話じゃないですか…。
 

よく映画化したな~と、思います。

しかもすごくいい映画になってます!!


英語の「スピーチ/speech」は演説という意味をもつと同時に、

話し方、話しぶりという意味がある。(ウィキペディアより)



スピーチが上手な人ってうらやましいです。

上手かどうかはともかくうちの社長なんて

原稿無しで3時間ぐらい延々と喋ってられそうだし。



概して上に立つ人ってそういうもの=人前で話すのが上手

なのかと思ってましたが

王様だからってスピーチが上手いとは限らない!


ここにいました。

吃音症に悩む内気な王様が。


kingsspeech4

↑↑ こんな状況で上手く喋れって方が無理!


散々な結果になって落ち込むアルバート王子(以下、ジョージ6世)


見かねたエリザベス妃が見つけたのは

ちょっと怪しいオーストラリア人の言語聴覚士

ライオネル・ローグでした。

kingsspeech9

↑↑ このおじさん、ただ者ではありません!


最初、エリザベス妃が身分を隠して

「主人は吃音症なんですけど、仕事で

 スピーチしなきゃいけなくて…

と切り出すと、

「じゃあ職業を変えるんですな」

と、あっさり言います。


「そうもいかなくて」

と、エリザベス妃。
 

そりゃそうですよねー。



ついに身分を明かしてローグに夫を託しますが

ジョージ6世はボロボロの診療所

怪しげな治療をするローグに半信半疑。


内気な上にかんしゃく持ちの王子様は

治療の途中で怒って帰っちゃいます。


それにしても素晴らしいのはローグの人柄です。

エリザベス妃から身分を明かされても

微動だにしません。


相手は一国の王子ですよ!?


ゴキゲン損ねたら大変!とか

そんな偉い人を治療するなんて気がひける!とか

うまく取り入れば見返りがあるかも!
とか


普通の人ならいろいろ考えそうなものですが

ローグにはまったくそれがありません。
 
 
王子だろうが平民だろうが

彼にとっては同じ患者。
 
あくまで対等なのです。


いろんなフィルターを一切とっぱらって相手を見るのって

かなり難しいことだと思うのですが

ローグにはそれが出来ます。


たぶんこの人は心の底から正直で公平な人なのだと思います。


そんなローグだからこそ

最初はかんしゃくを起こしていたジョージ6世も

信頼するようになります。

kingsspeech3

↑↑ 左からローグ、ジョージ6世、エリザベス妃。


ローグとジョージ6世の二人三脚で治療…と書きましたが

エリザベス妃も入れて三人四脚です。


このエリザベス妃がまた気丈で素敵な人で!!

演じるヘレナ・ボナム=カーター

どうしてもティム・バートン色が強くて

ちょっと変わり者のイメージがありますが、

こういう高貴な役も似合いますねー。

kingsspeech8


吃音に悩む夫ジョージ6世に向かって

こんなことを言います。


「私が2回もあなたのプロポーズを断ったのは

 あなたを愛してなかったからじゃなくて

 公務がイヤだったから。


 でも思ったの。


 “素敵な吃音。この人となら幸せになれそう”って」


このセリフ、すごくじーんときます。

2回プロポーズを断ったのもすごいけど

コンプレックスである吃音のことを

こんな風に言われたら嬉しいですよね。

kingsspeech1


ジョージ6世&エリザベス妃の

夫婦愛も素晴らしいのですが

私がびっくりしたのはお兄さんのエドワード8世です!


ジョージ5世亡き後、一度は王様に即位したのに

アメリカ人で離婚歴が2回ある

ウォレス・シンプソンという女性と結婚するために

王様を辞退するのです。


そんなことってあるんだー!
と驚きました。


この映画でのウォレスさんは

とても魅力的とは言えない女性に見えましたが

「王冠を捨てた愛」
を貫いた

エドワード8世&ウォレスの話も興味あります。


そんなこんなでいよいよ

ジョージ6世が王様に!


こんな話し方の王じゃ国民を失望させてしまう。。

と悩む内気な王様。


それを支える気丈なエリザベス妃と

王に対してどこまでも対等なローグ。


いよいよ王として、とても重要なスピーチへと向かいます。


内気で真面目でやさしいジョージ6世は

元々素晴らしい王になる素質を持った人だと思いますが、
 
何よりも彼がローグと出会えたことは

本当に人生を変える出来事だったのではないでしょうか。

kingsspeech2

派手なシーンや意外な展開はなにひとつなく

とても淡々とした地味な映画だけど

最後の感動はなんだか本当に心が温まります。


勇気もらえました!☆☆☆
関連記事
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

吃音(どもり)で苦しむのはもう終わりにしませんか?

6週間以内に吃音(どもり)を克服し、不安のない人生を手に入れられる、これまで300名以上の吃音者に支持されてきた特別なプログラムをあなたにお教えします。

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。