スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンス 2011/02/13

チャンス を観ました。

chance


1979年のアメリカ映画。

ハル・アシュビー監督作品です。


~~~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~~~


チャンスはある古いお屋敷で働く中年の庭師。

子供の頃からこの屋敷で働いていて、外の世界もまったく知らず

読み書きも出来なかった。

ある朝お屋敷のご主人が亡くなったため屋敷から立ち退かなければ

ならなくなったチャンス。

初めて出る街で戸惑っていると、高級車に乗った大富豪の妻イブと出会い
 
成り行きでチャンスはイブの家に行くことに。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャストは


庭師のチャンスにピーター・セラーズ。
 
経済界の大物ベンジャミンにメルヴィン・ダグラス。

ベンジャミンの妻イブにシャーリー・マクレーン。



この映画のおかしいところは

主人公のチャンスが何もしてないのに

周りがいろいろ間違えたり想像したりして

どんどん話が進んでいってしまうところ!



タイトルの「チャンス」って

誰かがチャンスを摑む話かと思ってたら

主人公の名前なんですねー。


演じるのはピーター・セラーズ!

ピンク・パンサーのクルーゾー警部で有名ですが

この映画ではヒゲなしギャグなしで

まじめに(?)チャンスを演じています。


チャンスさんはとあるお屋敷の庭師。

とにかくテレビが大好き!

chance1

ご主人が亡くなったために

屋敷から立ち退くように言われますが

なんと屋敷の外に出るのは初めて。


ご主人の形見の仕立てのいいスーツとカバンで

一見裕福な身なりのチャンスさん

よせばいいのに街の少年達に話しかけて

あげくにからまれてしまいます。

chance3

パニックになったチャンスさんが

少年達に向かって取り出すのは

テレビのリモコン。



チャンネル変えたい!

って思ったんでしょうね~。


気持ちわかります!!

私はMac使いなのでコマンド+Z(やり直し)

よくお世話になってますが

うっかりお皿割った時も思わず心の中で

「コマンドゼットォォ~~~!!!!」

って叫びましたもん。


実生活にもコマンド+Zがあればいいのに。。


で、そんなチャンスさんですが

街の電気屋さんで大好きなテレビ発見!

思わず見とれていると、高級車とぶつかってしまいます。


そこに乗っていたのは大富豪の妻イブ。

演じるのはシャーリー・マクレーンです。


イブはチャンスの手当をするために家に連れ帰ります。

彼女の夫であるベンジャミンは経済界の大物で

大統領も助言を求めて訪ねてくるような人ですが

今は病に倒れて床についています。


ここでみんなの勘違いその1



お屋敷を追い出された庭師チャンスのことを
 

不況で失敗して自分の屋敷を手放した気の毒な人
 

と誤解。



勘違いその2


名前を聞かれて

「チャンス、庭師(ガーデナー)です」と答えたら


チャンシー・ガーディナーさん


という名前だと誤解。



勘違いその3


イブの夫ベンジャミンに気に入られたチャンスが

なんと大統領との会見に同席。

大統領から政治と経済について意見を求められて

ガーデニングについての話をすると


なんと深い見解だ。。。


と感心されてしまう。


さらに大統領がチャンスの言葉を

テレビで引用したため

チャンスは一躍時の人に!!


もうとにかくやることなすこと

いい方へいい方へ取られてしまうチャンス。

イブも夢中になってしまいます。

chance2



彼の無垢な精神と穏やかな態度が

みんなを惹き付けるのですが

彼がきっと「ひとかどの人物である」

という先入観から、

彼の言動を深読みしすぎる人々。


なんだか風刺がきいてます。


だってもしチャンスがボロボロの服を着ていたら

ベンジャミンはチャンスを大統領に会わせようなんて

思わなかっただろうし

そもそもイブだって車に乗せなかったはずですよね。


このお話、ニーチェの

『ツァラトゥストラはかく語りき』

を下敷きにしているらしいです。

私は読んだことないですが

なんかいろいろ深そうだなあ~。


コメディといっても決してドタバタではなくて

ほのぼのクスっと笑える感じの

癒し系なお話でした。


私はこのチャンスという人、

みんなにチャンスを与える天使

なのかと思ってました。


実際には違いますが

ラストは当たらずとも遠からずな感じな

不思議な終わり方で好きです。


振り回される周りの人々がおかしくて

ひょうひょうとしたピーター・セラーズが

とってもいい味出してました♪



チャンスのその後がとっても気になる!星みっつ!(★★★)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは!
「チャンス」、以前から一度観たいと思っていた映画なので
興味深く記事を読ませて戴きました。
一応大雑把なあらすじは知っていましたがこれは本当に面白そう。
「不思議な終わり方」のラストも楽しみです。

ほぅほぅ

このチャンスもそうだけどv-237

明らかに洋画の方が設定からして面白そうなのが多いのよねぇ(-`ω´-。)

最近、つまんない邦画ばっかりに当たっていてフラストレーションたまりまくりDEATH(/-_-)/ノノノ⊥⊥

そういう時って、あっちゃんはどうしてるの?ヽ(*'0'*)ツ

ホント、1回でいいからヨヨンに脚本&監督やらせて欲しい(((゚∀゚ 三 ゚∀゚))) )

めがねさん♪♪

おぉ~♪めがねさんはこの「チャンス」のことご存知だったんですね~。

私はなにも知らずにいきなり観たので最初は

これどういう話??ってちょっと戸惑いました~^^

DVDで観るともうひとつのエンディングも入ってるんだけど

私は「不思議な終わり方」の方が断然好きです♪♪

ぜひ観てみてくださいね~~☆

ヨヨ監督♪

うーむ、私の場合はね~すっごくつまらない映画ってあんまり当たってないかも。。

でも感想が書きづらい映画はいっぱいあるよ~。そういう時困るよね~。

うわあ観たい~~☆ヨヨ監督作品!!!

絶対面白いだろうなー♪♪(^^)

No title

alpacakewpieさん、こんにちは。

『穴』って作品が多くてややこしいですよね。しかもどれも難しかったり考えさせられるやつだったので見るのが疲れます。

ちなみに、僕のお気に入りは『マルコヴィッチの穴』です(笑)

kazukiさん♪♪

確かに『穴』ってつく映画いーっぱいありますよね~!

私も『マルコヴィッチの穴』好きです~♪

設定が変わってて面白いですよね!!

あの7と1/2階のオフィスが不思議~。

ボサボサのキャメロン・ディアスも印象的でした☆
05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。