スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストキング・オブ・スコットランド 2011/02/12

ラストキング・オブ・スコットランド を観ました。

lastkingofs


2006年のイギリス映画。

ケヴィン・マクドナルド監督作品です。


~~~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~~~

医大を卒業したスコットランド人青年ニコラス・ギャリガンは、

冒険心に動かされ国を出ることを決意する。

地球儀を回し、目をつむって適当に指を指す国に行く事に決めたが

最初はカナダと出たためにやり直すと東アフリカのウガンダと出た。

こうして彼は国情をよく知らないままウガンダに渡ると、ちょうど

1971年の軍によるクーデターでイディ・アミンが大統領になったところだった。

現地の医師メリット氏の元で淡々と現地の人々の治療に携わっていたニコラスが

とある偶然でアミン大統領のケガを治療することになり

大統領に気に入られた彼は、主治医となり、更には側近となっていく。

順風満帆のようかに見えたウガンダでの生活だったが。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャストは

ウガンダ大統領イディ・アミンにフォレスト・ウィテカー。
 
ニコラス・ギャリガンにジェームズ・マカヴォイ。

診療所の医師の妻サラにジリアン・アンダーソン。
 
アミンの妻ケイにケリー・ワシントン。


この話、アミン大統領はもちろん実在した人物ですが

主人公のスコットランド医師は

架空の人物
だそうです。


原作はジャイルズ・フォーデンの小説

『スコットランドの黒い王様』です。

(原題:The Last King of Scotland)


主人公のニコラスを演じるのは

ナルニア国物語で

赤いマフラーのキュートなフォーン


「タムナスさん」を演じたジェームズ・マカヴォイ!

tumnus

その後も「ペネロピ」「つぐない」「ウォンテッド」

などのヒット作に出て、大活躍してます☆


とにかく主人公のニコラスが

若くて、才能があって、イケメンで、

傲慢で、軽卒で、愚か。

なんとも感情移入できない主人公です。

イケメンなんだけどねえ。。


医大を卒業したばかりで

自分はなんでも出来ると思い込んでる

若さ故の根拠のない自信と奢り。


「冒険心」に動かされてウガンダに来て

小さな村で働く医師の元で働いてみたものの

特に刺激的なことは起こりません。


あげくには現地の医師の妻であるサラに

言い寄ろうとする始末。

ウガンダまで来て何やってんだか。
 

このサラを演じるのがジリアン・アンダーソン!

X-ファイルのスカリーですよ~!!!

lastkingofs2
 
写真左:アミン大統領  中央:サラ  右:ニコラス


相変わらず美しい!!


この映画では金髪になってますけど

似合ってる~~。


サラの登場シーンはそんなに多くないのですが

とっても印象的な役で

この映画の中で唯一冷静で大人で

ほっとする役でした。


イケメンニコラスの誘いにものらず、

アミン大統領の就任で国中が浮かれても

「前の大統領の時もこうだったわ」
と冷静。


かっこいいなあスカリー!(スカリーではない…)


そんなサラの客観的な冷静さを

全然理解できないニコラス。


アミン大統領の演説はそれはそれは誠実で情熱的で

とてもカリスマ性があったのです。
 

偶然知り合うことになって言葉を交わしてみると

もっと彼の人柄の素晴らしさがわかり

ニコラスはいっぺんに大統領に魅了されます。


なんかこのへんは本当に

フォレスト・ウィテカーの鶴瓶顔

すっごくいい味出してます!


偉い人なのにとっても気さくで明るくて

会う人がみんな彼を好きになるような大統領を好演!


しかもその大統領にニコラスは気に入られ

「お前は特別だ」

「お前は勇気がある」

「お前のアイディアは素晴らしい」


と褒めたたえられ、主治医になるだけではなく

ブレーンになり、代わりに会議に出たりして

名実ともに大統領の片腕となっていくのです。


これこそ若いニコラスの求めてた言葉であり

求めてたものだったのでしょうね~。


自分よりずっと年上のウガンダの重鎮達が

自分に一目置く状況。

一介の若い医師であるに過ぎない彼が

ウガンダで権力を手にしてしまったのです。

lastkingofs1
 
 
頂点の世界を垣間みた彼は
 
「やっぱ世界ってちょろいな!」

と思ってたに違いありません。


でも人生そんなに甘くない。。。


ゲリラの襲撃を受け命を狙われたアミン大統領は

反対派勢力に対する大規模な虐殺、粛清を行います。
 

もはや疑心暗鬼となってしまった大統領は

ニコラスの言葉にも耳を貸さなくなり

情勢はどんどん悪化していきます。


気がつくとパスポートを取り上げられて

国にも帰れなくなっていたニコラス。


その後彼はヤケになって

とんでもないことをしでかし

とんでもないツケを払わされる

ことになります。


その出来事はここには書きませんが

アミン大統領が見せしめのために行ったことが

衝撃的すぎてトラウマになりそうです(泣)
 

気がつけばこの映画もR15+だったんですよねー。

もうしばらくはRのつく映画は

避けたいと思う今日この頃です。

(心臓に悪いから!!)



実際のアミン大統領という人は

残虐な粛正行為で知られていた人のようですね。

数々の恐ろしい逸話がありますけど

それはマスコミのでっち上げだって説もあったりして

何が真実だかはよくわからないです。


でも、この映画のお話の中では

やっぱり一番悪いのはニコラスだと思いました。


パラノイアになってしまった大統領の

暴虐ぶりは恐ろしかったけど

ニコラスに対してしたことに関しては

彼の自業自得だったと思います。


たぶんニコラスみたいな人は

どこへ行ってもこういう失敗を
しでかしたんじゃないかな。


地球儀で最初にさしたカナダに素直に行っておけば

もうちょっと痛い目にあわずに済んだ

のかもしれないけど

相手がアミン大統領じゃそうはいきません。


ちなみに「ラストキング・オブ・スコットランド」

(スコットランドの最後の王様)っていうのは

アミン大統領がスコットランドに肩入れして

自らそう名乗ったことからついたタイトルみたいです。


映画を観るまでは、

ウガンダで偉業を成し遂げたニコラスが現地の人に

「スコットランドの最後の王様!」

と崇められる話かとばかり思ってました。。

(全然違った!)


今回も映画観てから

アミン大統領のこといっぱい調べて

歴史の勉強になりました!!



地球儀さして旅に出るって一回やってみたいよね!星みっつ!(★★★)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。