スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あしたのパスタはアルデンテ 2011/9/24

あしたのパスタはアルデンテ を観ました。

minevaganti

2010年のイタリア映画。

フェルザン・オズペテク監督作品です。


~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~


南イタリアの美しい町レッツェで老舗のパスタ会社を経営する

名門一家のカントーネ家。経営を任されていた長男アントニオに加えて

次男のトンマーゾと友人の娘アルバが共同経営者に加わることになった。

家族全員が揃った場でトンマーゾは実はゲイだということを告白する

つもりでいたのがだ、その前に兄のアントニオがゲイだと告白してしまい

怒り狂った父親はアントニオを勘当。トンマーゾは何も言えず

そのままパスタ会社の経営も任されてしまう事に…。
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャストは


ゲイであるトンマーゾに、リッカルド・スカマルチョ。
 
兄のアントニオに、アレッサンドロ・プレツィオージ 。
 
共同経営者のアルバに、ニコール・グリマウド。
 
頑固で保守的な父親に、エンニオ・ファンタスキーニ。
 

気丈な母親に、ルネッタ・サヴィーノ。

トンマーゾの叔母のルチアーナに、エレナ・ソフィア・リッチ。
 
おばあちゃんに、イラリア・オッキーニ。


などなど。


あらすじを見てわかるように

名門一家の息子がゲイだとカミングアウトして

騒動になるというイタリアンコメディです。


もう、ほんっとにおかしくて

久しぶりに映画館でゲラゲラ笑っちゃいました!


ただこの映画、コメディと呼ぶには

とても繊細で素敵な物語でもあるのです。


主人公はもちろんカミングアウトした(かったけどできなかった)

トンマーゾなのですが、実は影の主人公がもう一人います。

minevaganti11

↑ トンマーゾ


その人の物語である最初と最後に出て来る映像が

とっても美しいです!!



イタリアの美しい田園風景の中

ウェディングドレス姿で走り抜ける若い女性。

走って走ってたどり着いた石造りの建物。

中にいるのはハンサムな青年です。

minevaganti1



時代は現代に戻り、回想していたのが

カントーネ家のおばあちゃんであることがわかります。

minevaganti10

↑ おばあちゃん。



それにしても邦題の「あしたのパスタはアルデンテ」って

もうちょっとどーにかならなかったのかな??
って思います。


原題は「Mine Vaganti」

イタリア語で「浮遊する爆弾」=「危険人物」という意味らしいです。


確かにこのタイトルでは意味がよくわからないですが、

映画の中でカントーネ家のお母さんが

おばあちゃんのことを「歩く爆弾」と呼ぶところがあります。


そう、おばあちゃんのことを意味したタイトルなのですね。



ちょっと保守的で世間体を気にし過ぎの父親と母親。

若い時に結婚に失敗してしまってアル中気味のルチアーノ叔母さん。

その息子達であるアントニオとトンマーゾ。

長女夫婦とその娘達。

二人のお手伝いさん。


カントーネ家のすべてを優しく見守り

時にアドバイスしてくれるおばあちゃん。

とっても素敵な存在です。



ことの始まり。

ローマから戻ったトンマーゾ

まずは仲のいい兄のアントニオ

共同経営者になるつもりがないことを話します。

minevaganti9

↑ 兄:アントニオ        ↑ 弟:トンマーゾ


実は家族に隠してた秘密が三つあり、

一つはローマの大学で経営学ではなく文学を学んでいたこと。

一つは小説家になりたいこと。

そして最後の一つはゲイであること…。


保守的な父親が聞いたらきっと激怒すると踏んで

勘当される覚悟で話すつもりだと

トンマーゾは兄に話します。



兄は黙って聞いてくれて理解してくれたと思ったのに

当日トンマーゾが話そうとすると

「ちょっと待ってくれ」となぜかカットイン。


なんと「自分はゲイである」と話し始めたのです!!!


minevaganti6

↑「えええーーっ!!???」
 

その場にいた人達はみんな凍り付きます。

もちろんトンマーゾが一番

寝耳に水でハトが豆鉄砲状態です。


「お前なんか勘当だー!!!」

誰もが予測出来た事態でした。

父親は怒り狂った後に心臓発作まで起こしてしまいます。


いよいよゲイであることを言えなくなってしまったトンマーゾ。


もう一人の共同経営者であるアルバは

モデルみたいな美女だけど

信じられないほど荒い運転をして

ちょっと性格に難あり。。


minevaganti2

                  ↑ アルバさん、いつか事故りますよ!

でもトンマーゾの秘密を知って良き理解者となってくれます。


友情のような愛情のような二人の微妙な距離も

なんだかせつない…。



アントニオのカミングアウト以来

父親はトンマーゾにベッタリです。

minevaganti3

↑ 父「いや~お前がいてくれて本当によかったよトンマーゾ!」



仕方なく慣れないパスタ会社の経営をがんばる

トンマーゾでしたが、そんな彼におばあちゃんは

「人の言いなりの人生なんてつまらないものよ」

とアドバイスします。


そんなある日、ローマに置いて来たトンマーゾの

恋人マルコが何と友達と一緒に

カントーネ家に来てしまったのです!!

minevaganti8

↑↑ もちろん友達はみんなゲイ!


そうと知らないカントーネ家は全員で大歓迎。

minevaganti4

↑↑ 全員で歓迎するカントーネ家。


友達がトンマーゾの家族に

自分達がゲイだとバレないようにするところは

もう大爆笑です!


シャワーを浴びながらクネクネ歌ってる友達に
 
「ちょっと!その歌やめなさいよ!ゲイっぽいわよ!」

と注意する他の友達。


かわりに「メモリー」を歌い出すと

なぜかカントーネ家のお手伝いさんも一緒に歌い出すのですが

これがプロ級のすっばらしい歌声…!


思わずゲイのみなさんも

「あの子何者!?」と顔を見合わせます。
 

お手伝いさんの意外な特技にゲラゲラ笑っちゃいました。

minevaganti7



オネエのみなさんって陽気ですよね。

イタリア人だから特にそうなのかもしれないけど

彼らも歌って踊って本当に楽しそう。


minevaganti5



そして女性が強い!!
 

カントーネ家のお母さんが

アントニオのことで知り合いのご婦人にイヤミを言われた時

わざわざ戻って来てイヤミの応酬をしたときは

何かスカッとしました!


とっても楽しい映画ですが

最後はちょっと悲しいんだけど胸が暖かくなるという

不思議な終わり方をします。


やっぱり主人公はおばあちゃんだったんだな、と

思う瞬間です。

minevaganti12

               ↑おばあちゃん、若い頃はマドンナに似てましたね。


映画の中や最後に流れるパンチのきいた

イタリア歌謡も聞いててすごく心地よく。


でも終わってみるとパスタ会社の話なのに

パスタ食べるシーンが一度もなかったな、と思ったり。。


とにかくとってもイタリアらしい陽気で素敵な話でした☆☆☆
スポンサーサイト
08 | 2011/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。