スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジョシ 2011/09/24

アジョシ を観ました。

ajoshi


2010年の韓国映画。

イ・ジョンボム監督作品です。


~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~


町の片隅で質屋を営む青年テシク。いつも黒っぽい服を着ていて

絶対に笑わず家族や友達もいないようだ。

そんな彼を「アジョシ(おじさん)」と呼んでいつも遊びに来る

隣の家の子ソミ。ソミの母親はクラブのダンサーで、ある日組織から

麻薬をくすねたことで窮地に立たされる。巻き込まれるテシク。

組織はソミを誘拐し、ソミを取り戻したいテシクを使って

麻薬取引をし、警察のおとりにすることを考えつくが…。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャストは


質屋の青年テシクに、ウォンビン。
 
テシクになついている少女ソミに、キム・セロン。
 
麻薬取引を追う刑事キムに、キム・テフン。

組織のマンソク兄弟の兄に、キム・ヒウォン。

マンソク兄弟の弟に、キム・ソンオ。

組織の用心棒ロワンに、タナヨン・グォングトラクル。


などなど。


※今気付きましたが、出演者の“キムさん率”高いですね。


主役の暗ーい青年テシクを演じてるのは

甘いマスクのウォンビンです。

ajoshi8

↑ テシク “アジョシ”(ウォンビン)
 

私の中でアイドルのイメージの強い彼ですが

実は彼の映画を観るのはこれでニ度目。


一度目は前作の「母なる証明」

ここでもウォンビンは、難しい役を演じていました。


そして今回の「アジョシ」

それにしても「アジョシ(おじさん)」って。。。


いくら子供から見たらおじさんでも

ウォンビンはどう見てもお兄さんですよねえ。


子供のソミはともかく、その母親のダンサーまでもが

テシクのことを「アジョシ(おじさん)」って呼ぶのが

納得出来ない!!


韓国版「レオン」とか「96時間」とか

言われてるみたいですが

話からいうと「96時間」の方が近いと思います。


これは女の子を守る映画ではなくて

奪われた女の子を取り戻そうとして闘う男の話なのです。


まあとにかくアクションシーンがすごい!!


かなりバイオレンスなシーンも多いので

ちょっと正視出来ない場面もありました。
 

映画館はウォンビン目当てなのか

圧倒的に女性(若干年齢層高め)が多かったので

結構キツかったんじゃないかと思います…。

でもそれを上回るウォンビンのかっこよさです!!(笑)

ajoshi3


途中からバッサリ髪を切りますが

私は最初の暗~~い感じが好きです。


ajoshi2

↑ 髪ボサボサでも無精髭でもかっこいいウォンビン


テシクになついてるソミを演じたキム・セロン

天才子役の呼び声も高く、

“韓国のダコタ・ファニング”って呼ばれてるそうです。

ajoshi9

↑ 日本だと芦田愛菜ちゃんか…。


とても恵まれてるとはいえない環境で

健気で明るい女の子です。

将来はネイルアーティストになるのが夢。

ajoshi1

↑「上手でしょ~?」



そしてにっくき組織の面々も個性的。


マンソク兄弟は麻薬取引と臓器売買まで手がける

筋金入りのワル。

ajoshi11

↑ マンソク兄


こちらがお兄さんですが、またとぼけた感じのキャラで

弱そうなんだけど実はとっても恐ろしい人。



弟の方はブランド命のミーハー君ですが

こちらもまた狂気でいっぱい。

悪いやつが本当に悪いやつだと

わかりやすくていいですね。

ajoshi10

↑ マンソク弟

演じるキム・ソンオが次長課長に見えてしょうがありません。



そして、マンソク兄弟の組織の用心棒 ロワン。

どうやら外人で韓国語が話せないらしく

英語を話してます。

ajoshi12

↑ 用心棒のロワン


めっぽう強くて残忍な殺し屋の彼ですが

最後の方ではテシクの強さを見て格闘家としての血が騒いだのか

銃を捨て、ガチでの勝負を望みます。


なんか黙ってると優しいお顔のロワンさん。

実はソミにとってもう一人の“アジョシ”だったのかも…。

なかなか印象的なキャラクターでした。

演じるタナヨンさんはタイ人の俳優さんです。



知られざる過去と、悲惨な記憶を持つテシク。

物語が進むにつれて明らかになっていきます。


ウォンビンはアクションシーンのほとんどを

スタント無しでこなしたとか!

ajoshi4
 
↑ 鍛え上げてます。
 

素早い動きで凶器を操ったり

確実に急所を狙って一撃で倒すところなどは

顔が綺麗なだけに迫力があります。


ウォンビンがあまりにもかっこよく

アクションシーンも満載で

とっても観ごたえのある映画だと思いました!…が、


これ、彼みたいにかっこいいお兄さんじゃなくて

普通のくたびれた本当のアジョシがやった方が

映画的には面白かったかも!!


ウォンビンを観に来た人にはきっと満足度120%のラスト☆☆☆
スポンサーサイト
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。