スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・フォール 落下の王国 2010/7/30

とてつもなく美しい映画を観ました。









「ザ・フォール 落下の王国」
です。



ターセム監督といえば、こちらも映像美が大変話題となった

「ザ・セル」以来6年ぶりの作品です。

というか、この人元々CMやPVのディレクターが本業みたいで

映画自体がこの2本だけなんですけどね☆



「ザ・セル」が非常~によかったので、この「ザ・フォール」も

かなり期待して観ましたが、期待を裏切らない映画でした。

(ちょっと長かったけど)



主人公は、失恋して自暴自棄になったスタントマンと、

同じ病院に入院してる5歳の女の子

足を折って動けないスタントマンが、女の子に作り話をして聞かせる

その架空のお話と、現実が交差して描かれています。



このターセムという監督、私の好きなシャマラン監督と同じインド出身です。



インドって映画に関してはボリウッドとかやたら踊るとかいう

「安い!早い!楽しい!」なイメージがあるけど

この二人はそのイメージの対極にいるなあと思います。

特にターセムという人は、ものすっごくこだわりを持ってる人ですね。

もうフレームに入る全ての物、人、色、形、動き、光、

細部にわたってすべてにこだわりを感じました。



だって、特に美男美女が登場するわけでもないのに

とにかくワンシーンワンシーンが美しいのです。



それはもう、古びた病院の廊下でさえ、歯の欠けた子供の笑顔さえ。



それはもう病的とも言えるくらいで、観ていて職人の域に入っていると思います。



私、こういう人好きです!



この映画、架空のお話に出てくる人物の衣装担当が石岡瑛子さん

とにかく色といいデザインといい絢爛豪華で美しい!

架空のお話の方の主人公、黒山賊の来ている衣装なんかはものすごくお気に入りです。

あれきっとごく普通の男子が着ても2割増しかっこよく見えます。

それに13の世界遺産と24ヶ国以上でロケしたそうで、その風景美も素晴らしい!!!



でもどうしてかな。

私が一番美しいと思ったのは最初のセピア色の川のシーンでした。

水の動きが美しくて、まだ何も始まってないのに感動してしまいました。



お話の方は、現実の方も架空の方も

ハッピーエンドなのか悲劇なのかはここでは言いませんが

どこかせつなさの残る終わり方で、それがまたこの映画にいい余韻を持たせていると思います。



女の子の笑顔がとにかく素晴らしかったので星みっつ!(★★★)



スポンサーサイト
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。