スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穴/HOLES 2011/03/02

穴/HOLES を観ました。

2003年のアメリカ映画。

アンドリュー・デイヴィス監督作品ですが

日本は劇場未公開。。

holes

観たいなあ~と思っていたら

先日テレビで深夜に放送してたので

やっと観る事ができました♪


ちなみに「穴」ってタイトルの映画は

wikipediaに載ってるだけでも


穴 - 1957年の日本映画。

穴 - 1960年のフランス映画。

穴 - 2000年の韓国映画。

穴 - 2001年のイギリス映画。

穴/HOLES - 2003年のアメリカ映画。日本未公開。

穴 - 2004年の日本のオムニバス映画。

 

と、いっぱいあります!!

タイトルにしやすい名前なのかなー。


2001年のイギリス映画の「穴」は私も観ました☆

1960年のフランス映画の「穴」も

面白いらしいのでいつか観ようと思ってます♪



~~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~~


ある日、無実の罪で少年矯正施設行きになってしまった少年がいた。

その名も「スタンリー・イェルナッツ4世」

彼が送られたグリーンレイクキャンプは、見渡す限りの砂漠が広がり

無数の穴が開いていた。

これは人格形成のためという理由のもとに、少年達が毎日毎日

掘った穴のあとだった。

先祖のヘマのおかげで一族に呪いがかけられたと思っている

スタンリー・イェルナッツ4世は、無事無実の罪をはらして

キャンプから出て行けるのか?

また、先祖の呪いはとけるのか??


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


このお話、ルイス・サッカーによる小説が原作なのですが

ちょっと要約してあらすじに書くのは無理なくらい

話が複雑です。
 
でもとっても面白い!!


気になるキャストは


スタンリー・イェルナッツ4世にシャイア・ラブーフ。

グリーンレイクキャンプの所長にシガーニー・ウィーヴァー。

グリーンレイクキャンプの看守、ミスター・サーにジョン・ヴォイト。

ドクター・ペンダンスキーにティム・ブレイク・ネルソン。

スタンリーのお父さんにヘンリー・ウィンクラー。

キッシン・ケイトにパトリシア・アークエット。


まずはスタンリー・イェルナッツ4世ですが、

演じるは今ノリにノってるシャイア・ラブーフ。

holes1

ツイてない少年役がハマってます。


それにしても外国の人って

同じ名前を代々つけるんですよね~。

このスタンリーも、ひいおじいちゃんから数えて4代目。

つまり、

ひいおじいちゃん=スタンリー・イェルナッツ。

おじいちゃん=スタンリー・イェルナッツ2世。

お父さん=スタンリー・イェルナッツ3世。

スタンリー君=スタンリー・イェルナッツ4世。


みーんな同じ名前なのです。


そしてなぜかお父さん(3世)は

靴のニオイ消しの発明家。。。

holes3

↑ ↑ 左から、お母さん お父さん おじいちゃん


発明は成功したためしがないし

(どうやって暮らしてるんだろ?)

4世は警察に捕まるし

(なぜか突然空から靴が降ってきて窃盗容疑)
 

これはブタ泥棒だったご先祖の呪いだ!!


嘆くおじいちゃん(2世)。


そんなツイてないスタンリーが向かった先は

無数の穴が開く砂漠のグリーンレイクキャンプでした。


そこで出会う個性豊かな少年達。

名前じゃなくてあだ名で呼び合います。

そのあだ名は、ジグザグ、X線、磁石、ゼロ、脇の下。


脇の下!!???


ほぼいじめに近いあだ名だと思いますが

本人は気に入ってるようで

「ちゃんと『脇の下』ってあだ名で呼べ!」

とスタンリー君に向かって強要したりします。


いいのか、脇の下で。。。


なんかアメリカではいい意味でもあるのかもしれませんね☆

holes10

↑ 脇の下ですがなにか?


ここでは毎日ひたすら穴を掘らされるのですが

どうやらそれには何か企みがあるらしい。

holes8

↑ ↑ ↑企んでる人達。


いかにも悪そうな所長と看守を

ジョン・ヴォイトとシガーニー・ウィーヴァーが好演!


話は過去へと飛びます。

それはまだ、グリーンレイクが

今みたいな砂漠ではなくて本当の湖だった頃。


スタンリー・イェルナッツ1世の時代に

「キッシン・ケイト」
と呼ばれる

有名な女泥棒がいました。


でも彼女は最初から冷酷非情な強盗だったわけではなく

もとは小学校の心優しい先生だったのです。

holes7

ある事件をきっかけに

恐ろしい「キッシン・ケイト」に変貌するのですが

パトリシア・アークェットがハマリ役☆


この映画、結構過去に話がとんで

なかなか現代に戻って来ないので

たまに不安になりますが

よ~~く観てないとダメなんです。



なぜなら過去の出来事と現代はつながってるから!!


現代のあんなことやこんな人が

実は過去からの因縁だったりします。


いろんなことが結びついて

あぁそうだったのか!とわかる瞬間は爽快!!!


それにしても、呪われてる、、と嘆きつつも

へこたれないイェルナッツ家のみなさんが素敵です♪


グリーンレイクキャンプで出会う少年達の中で

一番印象深いのがゼロという少年。

holes2

キャンプで一番の穴掘り名人ですが

読み書きができません。


スタンリー君と意気投合して仲良くなっていくのですが

孤独な境遇ながら、ひとなつっこくてかわいかったです。

holes4

                 ↑ 演じるのはクレオ・トーマス。


ゼロ少年がとっても良かったので

他にどんな作品に出てるんだろーと検索してみましたが
 
現在はあんまり映画には出てないみたいで残念。。

 

気になったので画像を探してみました。

       ↓
 
       ↓

       ↓
 
holes6

まぁ大きくなっちゃって!!!

(親戚のおばちゃん状態)

 
子供って変わりますねー。

シャイア・ラブーフはそのままだけど。


呪われた主人公に少年矯正施設の話というと

なんかジメっとしてそうですが

そこはディズニー映画!!

明るく楽しく観れて面白かったです。



ご先祖は大切に!星みっつ!(★★★)
スポンサーサイト
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。