スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GANTZ PERFECT ANSWER 2011/05/05

GANTZ PERFECT ANSWER を、観ました。

gantzpa


2011年の日本映画。

佐藤信介監督作品
です。


前作観るのが遅かったため、一ヶ月以内に

後編が観れてよかったです☆

ちなみに前作「GANTZ」のレビューはコチラ。


~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~


謎の黒い球体「GANTZ」に導かれて異星人との戦いを繰り返す

玄野計(くろの けい)。

戦いによってGANTZからもらえる点数を100点までためること、

それが彼の今の目標だったのだ。日常生活では大学の同級生の

小島多恵と次第に距離が近くなっていく玄野だったが

GANTZでの戦いは意外な展開を見せていく。

そして最後に彼が選んだ究極の選択とは。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャスト

前作のメンバー:

就活中の大学生 玄野計(くろの けい)に、二宮和也。

玄野の幼なじみの加藤勝(かとう まさる)に、松山ケンイチ。

玄野達と一緒に星人と戦う高校生の西に、本郷奏多。

玄野達と一緒に星人と戦う女性 岸本に、夏菜。

玄野達と一緒に星人と戦う男性 鈴木に、田口トモロヲ。

玄野の大学の同級生 小島多恵に、吉高由里子 。

加藤の弟 歩に、千阪健介。


新メンバー:


人気トップモデルで女優の鮎川映莉子に、伊藤歩。
 
GANTZを追う謎の男 重田正光に、山田孝之。

などなど。


※前作のメンバーはちょっとしか出て来ない人もいます。。


ちなみに前回のレビューで予告を見て

もしかして……!


と言ってた私の予想はまんまと外れました。


全然予想と違う展開とオチで逆にびっくり。


前作に続き二宮君演じる玄野くんが主人公です。

gantzpa2

前回は戸惑ってばかりの彼も

今回はもう星人との戦いにも慣れて

100てん
目指してがんばっています!


でも今回はちょっと勝手が違う。。

今までとはミッションの内容も変わってきます。


GANTZ
をめぐるさまざまな動き。

山田孝之さん演じる重田はGANTZの情報を追い求め

人気女優の鮎川映莉子の元へは

謎の小さな黒い球
が届けられます。

gantzpa4

↑↑ 伊藤歩さん演じる人気女優の鮎川映莉子。


今まで星人といえばかなり人間離れした

キャラクターばかりでしたが

今回の星人はなんと黒服星人!

gantzpa3

↑↑ 黒服星人のみなさん

思いっきり見た目が人間なうえに

ものすごく強い!!!


特殊メイクなしでここまでブキミな

星人に見えるのはすごいです。。


ネタバレになってしまうので何も書けませんが

前回のポスターで仲良く銃を構えてた二人が

gantz


今回のポスターではこんな風になってるのもポイント☆

gantzpa

一体二人に何があったのか!!??って感じですよね。


まあちょっとこのポスターはミスリードですけど。
 

そもそもGANTZでの戦いってなんなのか?
 

きっかけはほんの些細なことだったのかもしれません。
 

愛する者を奪われたら復讐する。

そして復讐された者を愛する人が復讐する。

そしてまた復讐された者を愛する人が…。


負の連鎖は終わることがないのです。


そんな不条理な戦いに巻き込まれてしまった

玄野くんと加藤くんが

最後に出す答えとは。。


シュールで怖くて笑えた前回と違って

今回はちょっと怖くて悲しくて考えさせられるお話。


副題のPERFECT ANSWERは

〝満点〟を意味するのか

〝完璧な答え〟
を意味するのか

観る人によっても解釈が分かれそうです。


前回ほのぼの癒しキャラだった吉高さんが

必死になって逃げたり

gantzpa1

松ケンがこんな悪い表情で

しかもかっこよかったりします。

gantzpa5

気になった方はぜひ劇場で

観てくだちい。


前作観てない方はぜひ前作から観るのをおススメします☆☆☆
スポンサーサイト

GANTZ 2011/04/09

GANTZ を観ました。

gantz


2011年の日本映画。

佐藤信介監督作品です。


~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~


就職活動中の大学生・玄野計(くろの けい)は、地下鉄のホームで

偶然幼なじみの加藤勝(かとう まさる)と出会うが、二人は

線路に落ちてしまい電車に轢かれてしまう。

だが次の瞬間、二人は見慣れぬマンションの一室にいた。

そこには同じように死んだはずの人々が集められ、

部屋の中央にはGANTZ(ガンツ)と呼ばれる謎の大きな黒い球があり、

その球から急に武器を与えられて、星人と戦ってこいという

信じられない指令が下る。

妙なことに巻き込まれた玄野と加藤だったが、その戦いは

冗談などではなく、生きるか死ぬかのサバイバルだった。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャストは


就活中の大学生 玄野計(くろの けい)に、二宮和也。

玄野の幼なじみの加藤勝(かとう まさる)に、松山ケンイチ。

玄野達と一緒に星人と戦う高校生の西に、本郷奏多。

玄野達と一緒に星人と戦う女性 岸本に、夏菜。

玄野達と一緒に星人と戦う男性 鈴木に、田口トモロヲ。

玄野の大学の同級生 小島多恵に、吉高由里子 。

加藤の弟 歩に、千阪健介。

などなど。



私は読んでないのですが、マンガが原作です。
 

映画もすごくマンガっぽくて

シュールな笑い
がそこかしこに散りばめられてます!


急に死んだ人をマンションの一室に転送して

星人と戦え!と言い出す謎の黒い球 GANTZ。

gantz5


黒い球の表面に文字が浮かび上がって

指令を送るのですが、それがところどころ間違ってる。


行ってくだちい。


とか。


「ちいって。。。」と二宮くんも困り顔です。


戦う相手の星人のみなさんもマンガっぽいです。

ねぎ星人とか田中星人とかとにかくシュール!!


でもPG-12なので、油断してると

ちょっと残酷なシーンもあります。

ねぎ星人はビジュアル的にも怖くて夢に出そう。。


突然そんな相手と「戦え!」と言われて

アタフタしまくる玄野や加藤を尻目に、

唯一このミッションの意味がわかっている高校生の西。
 

演じるのは本郷奏多くんです。

gantz1

GANTZのシステムや、特製スーツのことを黙っていた上に

ひたすら自分の利益になるように動きます。


実はGANTZのスーツはものすごいパワーを秘めていて

たとえていうならアイアンマンのパワードアーマーのような感じ。

普通の人が着てもスーパーマンになれるのです☆


玄野と加藤が転送された時のメンバーに

お風呂場でリストカットしたため

全裸で転送されてきた女性 岸本がいたため

彼女がその場でスーツを装着。
 

スーツの威力がわかります。

gantz2

↑↑ 夏菜さん演じる岸本。
 

そういう大事な情報を隠し、
 
目的のためには他の人の犠牲も気にしない西に

正義感の強い加藤がキレます。

gantz4

↑↑ 松ケン演じる加藤。


ちょっと訳ありな過去を持つ加藤は

弟思いで正義感が強くて優しい性格です。


対する玄野は、子供の頃は正義感が強かったけど

今はできれば長いものに巻かれていたい普通の大学生。

面倒ごとには極力関わりたくないと思っています。

gantz6

↑↑ 二宮君演じる玄野。


ところが!


暴力と殺戮を実際に目の当たりにし

このスーツを着ていれば

スーパーマンになれることに気付いた彼は

急にヘタレキャラからヒーローキャラにシフトチェンジ。


ちょっと暴走気味になります。


玄野がこのスーツでどのくらい飛べるか

試すシーンはまんまスパイダーマン。

アメコミの世界です。


そんな玄野を現実世界で見ていて

心配する同じ大学の小島多恵。

gantz3

↑↑ 演じるのは吉高由里子さん。


彼女はGANTZメンバーではないために

あの黒スーツは着ません。


理不尽な戦いに巻き込まれて

翻弄される玄野たち。


それぞれの思いを胸に
 
GANTZのルールに従って「100てん」目指して

戦うことになります。


この独特な世界観とシュールな展開

いかにもハリウッドリメイクされそうだな~と思いました。

それはそれで観てみたい!


戦闘シーンがちょっとまったりしてるような気がしましたが

まったく普通の人達がいきなり戦ってるわけだから

逆にリアルかもしれません。


おばあちゃんから子供まで無差別に転送される

GANTZのシステムは不条理だし謎だらけ。

あれは何?って聞きたいことが山ほどあります。


PART2でその謎が全部明らかになるのか

気になるところです。


映画の終わりに2の予告があるので

エンドロールで席を立っちゃうせっかちさんは

見逃さないように~☆


でも、この予告を観る限り

……えっ!?

って感じです。


あの人が出てくるということはもしかして。。

いやいやまさかね!

謎が謎を呼んでPART2へつづく☆


GANTZってどういう意味なんだろう…●●●

ザ・ウォーカー 2011/02/06

ザ・ウォーカー を観ました。

bookofeli

2010年のアメリカ映画。

アルバート・ヒューズ/アレン・ヒューズ監督作品です。


~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~

世界が崩壊した近未来のアメリカ。

一人の男が西を目指して歩いていた。男の名はイーライ。

目的地はどこなのか彼にもわかっていないが「本を西へ運べ」という

心の声に従ってもう30年も歩き続けている。

一方、一つの街を独裁支配する男カーネギーは「ある本」

探していた。イーライがその街に立ち寄ったことにより

カーネギーが探す本とイーライの持っている本が同じだとわかり

カーネギーはイーライを執拗に追いかける。

その本とは一体・・・?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


原題は「The Book of Eli」です。

たぶん欧米の人ならこのタイトルだけで

大体内容が想像できると思うのですが

日本ではタイトルも「ザ・ウォーカー」とだいぶ変わり

「本」が何かも伏せてあるので

ここでもそれが何かは触れないでおこうと思います。


キャストは

主人公の「本を西へ運ぶ男」イーライにデンゼル・ワシントン。

町の独裁者、カーネギーにゲイリー・オールドマン。
 
カーネギーの愛人クローディアにジェニファー・ビールス。

クローディアの娘ソラーラにミラ・クニス。
 
カーネギーの手下レッドリッジにレイ・スティーブンソン。
 
イーライとソラーラが出会う老夫婦の夫ジョージにマイケル・ガンボン。
 
老夫婦の妻マーサにフランシス・デ・ラ・トゥーア。
 
町の道具屋のオヤジにトム・ウェイツ。
 
ラスト近く登場するロンバルディにマルコム・マクダウェル。



まず、崩壊した世界が恐ろしいです!

30年前、たぶん核戦争が起こって

オゾン層が破壊され、地球は崩壊。

外を歩くには必ずサングラスが必要です。

(オシャレでつけてるのかと思ったら違った)
 

生き延びたのはわずかな人類だけ。

国も都市も破綻して何も機能していません。


荒廃した地上で農作物も育たないし

家畜も見当たらないし

みんな何食べて生きてるんだろうって気になります。


そうしてわかる驚愕の事実。

人々は無秩序の中、奪い合ったり殺し合ったりして

まさに食うか食われるか

サバイバルを繰り広げていたのでした。

ひえええ~~~~~。


そんな中、汚染されてない水脈を確保することで

小さな町を作り、それによって人々を支配している

カーネギーという男がいます。


彼は考えます。


もっともっと力を持つためにはあの「本」が必要だ。


その「本」は戦争後一つ残らず焼き払われたのですが

どこかに一冊くらい残ってるに違いないと思い

手下の荒くれ者達を使って日夜探させています。


あの「本」の言葉を説けば

人々を心の奥底から支配する事ができる

彼はそう考えているのです。


iPodで音楽を聴き、わずかに生き残った野生動物を穫って

ひたすら歩き続けるイーライ。

30年間一人で歩き続けてきただけあって

彼はめっぽう強いです!!
 
短刀やショットガンを自在に操り

「本」に触れようとする者は容赦なく切り捨てます。

bookofeli1


そんなイーライがたまたまカーネギーの町に立ち寄ったのは

iPodの電池が切れたからだったのですが

この出会いはきっと運命だったんでしょうねえ。。


崩壊後の世界では、お金やジュエリーなんて

なーんの価値もありません。

物々交換で価値があるとされるものは

もっと身近で意外なものです。
 

道具屋のオヤジは開口一番こう聞きます。
 
「リップクリームあるか?」
 

イーライは「持ってない」と答え

かわりにケンタッキーでもらえるおしぼりを出すと

「いいだろう」とあっさりOK。


30年もたってたら中の水分抜けて

ぱっさぱさになってると思うんだけど

イーライの物持ちの良さに感心しました。


コンビニでもらえるおはしとかおしぼりとか

試供品のシャンプーとかリンスとか、とっておくと

いつかものすごく役に立つ日がくるのかも☆


向かいのバーでは水が飲めるぞ!とオヤジに言われて

バーで水を頼むイーライ。

そこで荒くれ者達にからまれて大立ち回りを始めてしまい

それがカーネギーの耳に入ってしまいます。


カーネギーにほぼ軟禁されるような形で家に泊まらされ、

そこでジェニファー・ビールスとミラ・クニスの美人親子に遭遇!

bookofeli2

左から:ソラーラ(ミラ) カーネギー(ゲイリー)クローディア(ジェニファー)


戦争の影響で盲目となったクローディアでしたが

イーライが信頼出来る人物だと瞬時に見抜き

娘のソラーラを託します。


このソラーラ役のミラ・クニスちゃんが

めちゃくちゃかわいいです!!

ポストアンジェリーナ・ジェリーなんて言われてるようですが

どっちかっていうとペネロペ・クルスに似てるような、、

どちらにしてもすんごい美人です。

今後の活躍に期待!


そして始まる二人旅。

イーライは使命のさまたげになるからといって

嫌がるのですが、これもまた運命ですね。


イーライとソラーラが途中で出会う老夫婦が

キョーレツです!!


キャストを見て気付いたんですが

夫ジョージ:マイケル・ガンボン

ってハリポタのダンブルドア校長じゃないですかあ~!!


ちなみに妻マーサ:フランシス・デ・ラ・トゥーアさんを

調べてみるとハリポタの炎のゴブレットに

マダム・マクシーア役で出演してました。

こんなところでハリポタ夫婦☆


この夫婦、出てくるシーンは短いですが

強烈な印象を残します。

イーライとソラーラの二人をお茶に招待して

手回しでレコードをかけるのですが

ノリノリで聴くのが「リング・マイ・ベル」という歌。


70年代に流行ったディスコソングみたいです。

すっごくいい歌♪


イーライにしろこの老夫婦にしろ、

崩壊後の世界でも(いや、だからこそきっと)

音楽は必要なんだなって思いました。


それにしても、

イーライの旅がどんな風に終わるのか

目的地にちゃんとたどり着けるのか

ハラハラしながら観ました。


ラスト近くでは「本」の正体よりも

びっくりな事実も判明します。


サバイバルで生き残る自信はまったくないので

世界が崩壊しないように祈るばかりです。



崩壊後の世界でなくても紫外線は恐ろしい!星みっつ!(★★★)

レポゼッション・メン 2011/01/30

レポゼッション・メン を観ました。

repomen


2010年のアメリカ映画。

原作はSF作家エリック・ガルシアによる小説『レポメン』

ミゲル・サポチニク監督作品です。



~~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~~

近未来、巨大企業ユニオン社が開発した人工臓器によって、

人類はかつてないほどの長寿を手に入れていた。

高価な人工臓器をローンで返済する人々。

実は少しでも返済が滞ると、恐怖の回収人がやってきて

容赦なく臓器を回収するのだった。

彼らの名はレポゼッション・メン。

通称「レポメン」といい、ユニオン社の人工臓器回収人である。

当然回収された人は死んでしまうため、彼らは合法的な殺し屋として

世間からは恐れられている。

レミーはそんなレポメンの中でも特に優秀で、親友のジェイクと共に

数々の仕事をこなしてきたが、妻はそんなレミーを非難。

幼い息子を連れて家を出てしまう。

家族のために転職しようと思ったレミーだったが、仕事中の事故で

なんと自分が人工臓器を埋め込まれることに!そして高額なローンが払えず

レミー自身が追われる身となってしまう。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャストは

主人公のレミー役にジュード・ロウ。

  (相変わらずお美しい!
 
レミーの幼なじみで親友のジェイク役にフォレスト・ウィテカー。
  
  (相変わらず鶴瓶に似てる!
 
二人の上司フランク役にリーヴ・シュレイバー。

  (最近「ソルト」にも出てましたね。)
 
クラブの歌手ベス役にアリシー・ブラガ。

  「プレデターズ」の女兵士役が記憶に新しい。)
 
レミーの妻キャロル役にカリス・ファン・ハウテン。

  (オランダ映画「ネコのミヌース」のミヌースちゃんです♪♪)


ジュード・ロウの幼なじみ役で

フォレスト・ウィテカーっていうのは

年齢的にちょっと違和感があるような気もしますが

repomen1

(実年齢 左:フォレスト49歳 右:ジュード38歳)

まあまあそれは良しとして☆


近未来のお話ですねー。

ブルース・ウィリスの「サロゲート」もそうだったけど

近未来ってこういう特殊な医療が流行るのかな??


「サロゲート」は好きにカスタマイズした

自分の身代わりを操るお話だったけど、

この映画ではかろうじて人間はそのまま。

ただし、中身はなんでも人工で出来る時代になってます。


後半出てくるアリシー・ブラガ演じるベスなんて

臓器だけではなく目も耳も膝もユニオン社の部品。

その数なんと10個!!

見かけは普通なのに、まるで人造人間みたいになってます。


なんか彼女の場合

事故や病気で仕方なく、、という感じではなく

まるで美容整形をするみたいに

あるいはコンピューターのバージョンアップをするみたいに

次々に身体を人工に変えているのです。


1個だけでも相当な金額だと思うのに

10個もある彼女はユニオン社のブラックリストの筆頭

あがっているに違いありません。

当然払えない彼女は廃墟に潜伏し

逃亡生活を送っています。


いやーそれにしても回収するものが臓器なので

映像がエグイです。

人工臓器自体は金属製で

「ワタシいかにも人工です☆」って感じなので

そんなに怖い感じはないんですけど。


本当なら死んじゃったり失明したりするところを

人工の臓器に換えることで

寿命は延びるのかもしれない。

目も見えるのかもしれない。


でもお金が払えなくて結局回収人に殺されてしまうのでは

意味ないなーと思いました。

一体どんな支払いシステムになっているんだか。


レポメンをやめて普通の営業になろうとしたレミーは

やってくるお客さんに対して正直に説明します。


「返済が滞ったらすぐにレポメンがやってきて麻酔銃を撃ち、

 その場で身体を切り裂いて臓器を回収します」



青くなって席を立つお客さんたち。

もちろん上司のフランクは「そんなことは言わなくていい!」

苦い顔です。


あくまで営業トークは「安心!安全!長生き!」を前面に出した

まるでワナのような甘い謳い文句なのです。


主人公のレミーは事故に遭うまでは

何のためらいもなく臓器の取り立てをやっていたのに

自分が人工臓器を入れられてからは

急に人の心を取り戻したかのように

臓器を回収することが出来なくなってしまいます。


働かなければ当然返済が出来ず

ついにレミーも回収される側にまわる日がやってくるのですが

内部の事情をよく知ってる彼は

ユニオン社の中枢部に潜り込んで、

自分とベスの記録を消そうとします。


ここからの盛り上がり方がすごいです!

ジュード・ロウの華麗なアクション炸裂!!

「プレデターズ」で最強の女兵士だったアリシー・ブラガも

もちろん負けてません!!


記録の消し方がまたすごいです。

もう想像を絶します。

本当に他に方法なかったの?

って涙目になります。


でもなんか違和感を感じるんです。

なんだろうこの気持ち??

ビミョ~に何かがずれてる感じ。

何だかわからないけど居心地が悪いのです。


その違和感はラストに明らかになります。

私は思いっきり


えええーー!!!!!


って言っちゃいました。


そうか、そういうことだったのか。

どうりで!ってちょっと納得。


今後医療が発達してこういうビジネスが出てきたら

利用するかしないかはその時になってみないとわからないけど

明らかに払えない
って予想がつくものは
 
むやみに手を出しちゃいけないって思いました。


でも回収にくるのがジュード・ロウだったら

ちょっと嬉しいかもしれません。

フォレスト・ウィテカーだったらすっごく反省したあげくに

何が何でも逃げます!!
 


ご利用は計画的に☆星みっつ!(★★★)

トロン: レガシー 2011/01/30

トロン: レガシー を観ました。

tronlegacy

やっと観れた~~~。

2010年のアメリカ映画。監督はジョセフ・コシンスキー。

1982年の映画「トロン」の28年ぶりの続編です。

そう、てっきり「トロン」のリメイクかと思ってたら

前作の続きだったんですね~。


でもこれって、前作観てない人にはちょっと

わかりにくい作りなんじゃないかと思いました。


ということで、前作のあらすじも書いておきます。


~~~~~~~~~~~~~~前作のあらすじ~~~~~~~~~~~~~~


ソフトウェアメーカー・エンコム社の社員であるケヴィン・フリンは

「スペースパラノイド」というゲームの開発者だった。

だが同僚のデリンジャーにそのゲームを盗まれてしまい、

その後「スペースパラノイド」が大ヒットして、デリンジャーは

まんまとエンコムの社長に出世。

フリンは場末のゲームセンターのマスターへと追いやられてしまう。

憤慨したフリンは同僚のプログラマー、アランと彼の恋人のローラと共に

デリンジャーの不正を暴くべくエンコム社に侵入する。

阻止しようとしたデリンジャーは、開発中だった物質転送機によって

フリンをコンピューターの中の世界へと送りんだ!

コンピューターの世界の中でフリンを助けてくれたのは

アランの作った監視プログラムで、外見もアランそっくりのトロン。

トロンに助けられたフリンはデリンジャーの不正を暴いて

コンピューターの世界から脱出できるのだろうか。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


できるのだろうか。。と言いつつ続編出来ちゃってますけど

まあまあそこはぼかしつつ。


この物質転送機ってのがすごいですよね。

何をどうやったら人がコンピューターの中に入れるのか。

いまだに謎です。

エンコム社はソフトウェア開発よりこっちに力を入れるべきだー!!


フリン
とかアランとかトロンとか

なんか名前がごっちゃになりそうですが

トロンっていうのはそもそも

アランの開発したプログラムのことだったんですね~。


コンピューターの中では擬人化されてるので

外見はアランそのものなんですけどね☆


そして今回はそんなフリンのその後のお話。


~~~~~~~~~~~~~~今回のあらすじ~~~~~~~~~~~~~~

1989年、エンコム社のCEOになったケヴィン・フリンは

ある夜7歳の息子のサムを残してこつ然と姿を消してしまう。

それから20年後の2009年。27歳になった息子のサムは

父の友人アランが父から謎のメッセージを受け取った事を知らされ、

手がかりを求めて父の経営していたゲームセンター跡を訪れる。

そこでは物質転送機が起動していて、サムはコンピューターの中へ

送り込まれてしまう!!

コンピューターの中で会った父ケヴィンは20年前の若々しい姿のままだったが

まるで別人のようだった。納得がいかないサム。

果たして父の失踪の謎をといて無事現実世界に戻ることは出来るのか。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


さあ~~また出てきましたよ物質転送機が!!

まんまとコンピューターの世界に入り込んだサムですが

コンピューターの世界、、、

めっちゃ進化してる!!!



前作「トロン」の時はほとんどグリッドと

フラットシェーディングな感じで

それが逆にコンピューターの世界っぽいと思ってたんですが


SFX技術の進化ってすごいねー。

でもここは素直にOSが進化したんだから

コンピューターの中の世界も進化した
んだ

と思うことにします。


なんかもうコンピューターの中っていうよりは

普通に未来都市ですけどねー。


でも前作と同じようにそこで行われている

プログラム同士のゲーム!

ディスクを投げ合う「ディスク・バトル」

ライトサイクルに乗って疾走する「グリッド・ゲーム」


すんごい迫力で観ててワクワクしました~!

このへんは断然前より見応えあって素晴らしいっ!


きっと28年前の当時「トロン」を観た人達も

「おお~~スゴイッ!!」

と思いながらこの映像を観たことと思いますが

それがそのまま進化してると思います。


そして前作ですっごいインパクトだった「門」型偵察機の

レコグナイザー。

↓ ↓
reco1


こんなに進化しました!

↓ ↓
reco2

もはや別人、、、


とか言ってるけどもしかしてまた30年後に続編が出来たら

30年前はこの映像できっと

「すっげー!!!」とか言ってたんだねー。

って言われるのかもしれません☆


気になるキャストは

前作の主人公であり、今回のキーパーソンである

ケヴィン・フリンにジェフ・ブリッジス。

ケヴィンの息子で今回の主人公であるサムにギャレット・ヘドランド。

前回同様ケヴィンの友人アラン役にブルース・ボックスライトナー。

ケヴィンの失踪後、経営陣になるソフトウェア開発チーフで

なんとデリンジャーの息子役にキリアン・マーフィー。

(でもちらっとしか出てきません)

コンピューターの世界でサムと出会う謎の美女プログラム

クオラにオリヴィア・ワイルド。


サム役のギャレット・ヘドランド君は

最初観た時「なんかニホンザル顔。。。」と思ってたんですが

観ていくうちにどんどんかっこよく見えてきました。


調べてみたら「トロイ」でブラッド・ピットのいとこ役をやってた

あのイケメン君だったんですね~!!!思い出した!


下がり眉がイーサン・ホーク風

目の感覚の狭さはクリスチャン・ベール風。

見れば見るほど味のあるハンサムさんなので

なんかこれからすっごい人気出そうで要チェックです!


それからあらすじに出て来なかったけど

おかっぱ女子のクオラちゃんが最高です!!

今回の見所は彼女であると言っても過言ではないくらい。

すっごい目力(めぢから)!!!
↓ ↓
quora



かっこいいです!!!


でも、この映画の最後はどうなんでしょうねえ。。

いろいろ疑問が残りました。

また30年後に続編が出来たら解明するかもねっ


とりあえず物質転送機をどうにかするべきだと思う!星みっつ!(★★★)
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。