スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻 2011/01/17

を観ました。

1953年の日本映画、成瀬巳喜男監督作品です。

今回も画像が見つからなかったので

上原謙さんの写真を載せときます。

ueharaken

ダンディ~~。

~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~

中川十一と美穂子は結婚して10年の倦怠期の夫婦。

中川は銀座の商社に勤め、美穂子は内職と下宿屋の大家の収入で

生計を立てていた。

そんな時中川は隣の席のタイピストで未亡人である相良房子に

誘われ、美術館巡りや喫茶店で語らっているうちに

かつてない幸せを感じるようになる。

相良に惹かれていく中川、それを知った妻の美穂子は。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


この映画、以前感想を書いた「愛人」の同時上映です。

「愛人」がそのタイトルの割にライトな雰囲気だったのに対し

こちらは始まりからどんよりしてます。


朝食の片付けをするちょっとやつれた感じの奥さんと

何も言わずに出かける旦那さん。

二人のそれぞれのモノローグから始まります。


また夫が何も言わずに出かけて行った。

最近私と何も話をしないし私のことなんかまるで空気のよう。

結婚して10年。夫が何を考えてるのかさっぱりわからない。



と、いうような奥さんのモノローグがあったかと思うと

今度は会社へ向かう旦那さんのモノローグ。


最近妻といるのが苦痛でならない。

話をする気にもなれないし家にいると重苦しくてしょうがない。



というようなことを語り始めるのです。


結婚して10年もするとこうなっちゃうのかなあ、、と

残念な気持ちの反面、

何かが起こりそうで、ついワクワクして観てしまいます☆


この夫婦役を演じているのが

高峰三枝子さん
上原謙さん。

フルムーンコンビですね~。

そして、上原さん演じる中川が心を寄せる未亡人役で

丹阿弥谷津子さん。


三国連太郎さん
がどこに出ているかというと

あまりストーリーには関係ない役なのですが

この中川夫妻の家に下宿している画学生なのです。
 

三国さんが画学生ってピッタリ~!!


黒タートルのセーターにベレー帽がすごく似合ってます♪


それにしてもこの頃って基本「下宿」なんですかねー。

中川家の家にも、一階の部屋に画学生の三国さんと

二階には母親と同居してる夫婦が下宿してるんですが

もうプライバシーも何もあったものじゃないです。

お互いに事情筒抜けだし、襖一枚隔ててるだけだし

しょっちゅうみんな居間に上がり込んでるし。


知らない人と一緒に暮らすって

不思議なシステムだなーと思いました。

今の日本じゃ考えられないですよね。。


それから妻役の高峰三枝子さん!

夫に愛想を尽かされてる妻の役ですがとっても綺麗です。

なんか生活苦の主婦というより

どこかのサロンのマダムって感じ。

お顔立ちがゴージャスなんですよね~。


でもそんな美しい高峰さんが、

余り物のお漬け物を手でつまんだり

せんべいバリバリかじったり

つまようじでシーシーしたあげくにお茶でゆすいで飲み込んだり!!


あーそりゃあいそつかされるわ。。

っていう奥さん役を熱演。

おかしかったです!


上原謙さんがまたかっこよくて!!

この方、加山雄三さんのお父様なんですよねー。

加山雄三さんの若い頃も相当なハンサムさんですが

上原謙さんとは似てませんね。お母さん似なのかな?


映画の中でも、画学生の三国さんが

「中川さんみたいな美中年はモテるんですよー」

と言ってますが、ほんとに美中年って言葉がピッタリ!

線が細くて端正なお顔立ちです。


そんな美中年の中川さんのハートを

まんまと射止めた未亡人タイピストの相良さん。

随分と清純な感じで、前向きで、明るくて性格も良さそう。

でもなんか裏にありそうな感じに見えてしまうのは私だけ?


人生に迷ってる中川さんが彼女に惹かれるのはわかるけど

彼女が中川さんに惹かれる理由がよくわからない。

(確かに美中年だけど!)

まあ隣の芝生は青く見えるってことなのかなあ。


そして自分のうちの芝生はまったくもって青く見えない

中川さんの奥さん。

中川さんがモテるという話を聞いても鼻で笑ってますが

いざ噂が本当だとわかるとパニックに陥ります。


「あの人が私以外の他の人を好きなんて許せない!!


そこにあるのは中川さんへの愛情とかではなくて

もはや女の意地。


なぐさめに来てくれた女友達に向かって

「独身のあなたに何がわかるのよ!

 私は友達なんていらないのよ!!」

と暴言を吐いたりします。


確かにフラフラしてる中川さんも悪いけど

奥さんの姿勢に問題アリですよねー。


どこまで行っても自分、自分、自分。

あの人と別れたら私はどこへ行けばいいんだろう。

どこにも行くところなんかない。

私は絶対別れない。


別れたくない理由が愛情じゃないところが空しいです。


ラスト近く、相良さんと対決するシーンは

ものすごい緊張感で見ててお腹痛くなりました。

奥さん、怖いよ奥さん(涙目)


和服と洋服が混在している時代なので

奥さん達が和服多めなのに対して

相良さんや働く女性は洋服にハイヒールなのが象徴的。


高円寺まで会いに行った奥さんと相良さんが

舗装されてない砂利道を駅まで延々歩くシーンが印象的でした。

映画で昔の東京の様子を見るのって大好きです!


今も昔も変わらないよくある夫婦の話。

あるある!
と思ったり

こんな風にはなりたくない…と反省したり。

お話に引き込まれてすごく面白かったです!!


ちなみにこの映画は成瀬監督の

「夫婦もの三部作」の一つらしいです。

あとの二作は「めし」と「夫婦」。

機会があったらそっちもぜひ観てみたい!!!


とりあえず友達は大切にしようよ、と中川さんの奥さんに言いたい。星みっつ!(★★★)
スポンサーサイト

愛人 2011/01/17

愛人 を観ました。

というとたぶん一番最初に浮かぶのは

「愛人/ラマン」
(1992年のフランス、イギリス合作映画)

ではないかと思いますが違います。

1953年の日本映画、市川崑監督の作品です。


がんばって探したけど画像ないなー。

チラシとか持って帰ってきとけばよかった。

とりあえず出演者の越路吹雪さんの写真を載せときます。

fubuki


実はこの映画、三国連太郎さんの特集で文芸座で上映してたのです。

同時上映は成瀬巳喜男監督作品の「妻」


「妻」と「愛人」って。。。

たぶん映画館のシャレなんだと思いますが☆

「妻」の感想はまた後日書きますー。


~~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~~

妻に先立たれた映画監督の井上とその息子昌充(まさみつ)、

妹麻納(まの)の父子三人は、志賀高原のホテルで静養中に

舞踊家の諏訪(すわ)と娘の美予(みよ)に出会う。

息子の昌充は娘の美予の美しさに一目惚れするが

姉妹にしか見えない母親の諏訪と映画監督の井上が再婚することになり

美予は昌充の義理の妹となってしまう。

その結婚式の進行を手伝う助監督の須賀輪(すがわ)は

監督の井上家に居候しているのだが、いよいよ映画監督としての

デビューが決まった。

井上と諏訪夫婦は年頃の麻納と美予のどちらかを須賀輪の元へ

嫁がせてはどうかと考えるのだが、それが混乱の始まりだった。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


タイトルがタイトルだけに

どれだけドロドロの人間模様を描いた映画かと思っていたら

ものすっごく軽快なドラマでした。

もう途中何度もゲラゲラ笑っちゃいました。

面白いです!



たぶんこの「愛人」ってタイトルは

「愛する人」
って意味ですねー。

(「する」が抜けると随分意味が変わる)

出てくる人達みんな

意中の人物のことを密かに愛してる

という話なので。


キャストは、

映画監督井上に菅井一郎。

舞踏家の諏訪に越路吹雪。

息子の昌充に尾棹一浩。

昌充の妹の麻納に有馬稲子。

諏訪の娘の美予に岡田茉莉子。

そして、助監督の須賀輪に三国連太郎。


三国さんが出てくるのは映画が始まってしばらくたってからですが

出てきた瞬間にのけぞりました。

スーさん若っ!!!!

そう、私の三国さんのイメージと言えば

完全に釣りバカ日誌のスーさんなんですよねえ~。

もうおじいちゃんになってからの彼のイメージしかなかったので

あまりに若くてハンサムなのでびっくりしました!


ていうか佐藤浩市そっくり!!!

似てますねー!!!

でも三国さんの方がもうちょっとフランスっぽいです。

佐藤浩市にちょっとヴァンサン・カッセルが入ってる。


まーとにかくそんなハンサムな三国さん演じる須賀輪、

映画の中でもモテモテです。

なんといっても二人の美女、麻納と美予から

思いを寄せられているのです。


この美人二人!!!!

タイプは違うけど二人ともものすごい美人ですよー。

特に岡田茉莉子さんの美しさといったら

モノクロフィルムのせいもあるけど

本当にお人形さんみたいです!


有馬稲子さんの方は、活発で子犬みたいに

走り回ってるお嬢さんの役なのですが

鈴木保奈美の若い頃をちょっと丸顔にしたような感じ。

めちゃくちゃ可愛いです!


それと美予の母親役の越路吹雪さん!

スクリーンで動いている彼女を見たのは初めてですが

意外と声が高くて可愛いんですね~。

背が高くて和服姿で存在感がありました。


最初の志賀高原のシーン以降は

ほとんど映画監督の家である洋館の中で起こるので

なんだか演劇を観ているような気になってきます。


とにかく会話がテンポよくて楽しい!

映画監督のトボけた感じも、

ちょっと気弱な息子の昌充も、

どこか飄々としている三国さんの須賀輪も

みんないい味出してます。



なぜか洋館がボロボロで

時計は止まってる床の羽目板はガタガタするわ

椅子に座ったらコメディのように壊れるわで

そのへんもおかしいのですが


ラスト近く越路さんの爆弾発言

止まってた時計が思わず動き出すところ

すごくおかしかったです!!!


人間は固まってるのにカチコチ動き出す時計。

監督のオシャレな演出ですよね~。


1953年っていうと、今から58年も前の映画ですが

今観ても充分面白いし楽しいところがスゴイ。


今は老いてしまったり亡くなってしまったりしている方々の

若くて美しい姿が観られるのも楽しいですね。

この時の文芸座のお客さんはすごい年齢層高かったですが

みなさんとっても楽しそうに観てらっしゃいました。


また機会があったら昔の映画を観に行きたいと思います☆


自分の生まれる前の世界が見られるのは古い映画の醍醐味!星みっつ!(★★★)
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。