スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジェル ウォーズ 2011/04/29

エンジェル ウォーズ を観ました。

suckerpunch


2011年のアメリカ映画。

ザック・スナイダー監督作品です。


~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~


母親が亡くなり、義理の父親に陥れられて精神病院に入ることになった

少女。辛い現実の中、空想の世界で自由を求めて戦うことを決心する。

その世界で彼女の呼び名は“ベイビードール”

同じく囚われの身である4人の仲間“スイートピー”&“ロケット”姉妹、

“ブロンディ”、“アンバー”とともに自由になるために必要な

5つのアイテムを探して戦う。彼女達は自由になれるのだろうか。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャストは


ベイビードールに、エミリー・ブラウニング。
  
スイートピーに、アビー・コーニッシュ。
 
ロケットに、ジェナ・マローン。
 
ブロンディに、ヴァネッサ・ハジェンズ。
 
アンバーに、ジェイミー・チャン。
 
ブルーに、オスカー・アイザック。
 
マダム・ゴルスキーに、カーラ・グギノ。
 
ハイローラーに、ジョン・ハム。

ワイズマンに、スコット・グレン。



原題は「Sucker Punch」 意味は「不意打ち」です。

邦題が「エンジェル ウォーズ」っていうのは

彼女らのこのビジュアルのイメージなんでしょうねー。

「Sucker Punch」のままでよかったのに。。


suckerpunch4

監督があの『300<スリーハンドレッド>』のザック・スナイダーなので

アクションシーンがいちいちカッコイイ!!


ちょっとメイク濃いめの美少女達

大暴れします!

こんなに可愛いのにものすごく強い!

suckerpunch10

↑↑ ベイビードール

空想の世界で、娼館に新入りとして入ってきます。

すごい“ダンス”を踊ることができるため

振り付け師のマダム・ゴルスキーや

オーナーのブルーにすぐに気に入られます。
 

suckerpunch8

↑↑ スイートピー

ベイビードールが来るまではナンバーワンだったので

彼女のことを最初よく思ってませんでした。

ロケットとは実の姉妹で、妹思いです。
 

suckerpunch9

↑↑ ロケット

ベイビードールと最初に仲良くなったのは彼女でした。

彼女とともに自由へ向けての戦いにも

進んで参加します。


suckerpunch5

↑↑ ブロンディ

ベイビードールの“ダンス”に感動し
 
自由への戦いに参加します。


suckerpunch7

↑↑ アンバー


同じく、ベイビードールの“ダンス”に感動し
 
自由への戦いに参加します。

戦闘機などの操縦担当。


この、ベイビードールの踊る“ダンス”というのが

異次元の扉になってます。


そこにはワイズマンがいて

自由になるために必要な「5つのアイテム」

存在を教えてくれるのです。


なんかこの辺の設定も

RPGみたいでワクワクします!


監督が言うには、この映画は

マシンガンを持った『不思議の国のアリス』

だそうです。

納得☆



なんか美少女が活躍するアクション映画というと

安易な設定やおそまつなアクションシーンを想像してしまいますが

これはお話もよく出来てるし、アクションも素晴らしい!!

suckerpunch2

suckerpunch3


大音量で流れる音楽もビジュアルと合ってて

戦闘シーンではアドレナリン多めに出ます!


しかも結末は予想を裏切る展開。。

その辺のせつなさもよく出来てます。


ちょっと平子理沙風メイクのエミリー・ブラウニングが

せつない主人公ベイビードールを好演!!

suckerpunch1

↑↑ ベイビードール と マダム・ゴルスキー


マダム・ゴルスキーのメイクも相当濃いですけどね。。

ここに出てくる女性はみんな

つけまつ毛バッサバサでした☆


絶望感いっぱいの始まりと

中盤のスカッとする感じ。

最後に残る哀しい余韻。

この映画、タダモノではありません!!


エミリー・ブラウニングがかわいいです!☆☆☆
スポンサーサイト

ソルト 2010/01/02

ソルト を観ました。

salt

2010年のアメリカ映画です。

主演はもちろんアンジェリーナ・ジョリー。

アクションシーン満載のスパイ映画です!


~~~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~~~


CIAの優秀な分析官イヴリン・ソルトは、突然現れたロシアの亡命者の尋問中に

ロシアのスパイが訪米中のロシア大統領を暗殺すると予告される。

そして、そのスパイの名は「イヴリン・ソルト」だと言われる。

一転して二重スパイ容疑をかけられたソルトは、

最愛の夫の身を案じてCIA本部から逃走。だが自宅に夫の姿はなく、

何者かに連れ去られた形跡が残っていた…。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


この映画、予告を観た時からとっても観たかったのです。
 

だって尋問してたら突然「そのスパイの名はイヴリン・ソルトだ」って。

「それ私の名前よ」と笑うアンジー。

「じゃあお前がロシアのスパイだ」って。

なんちゅー展開だ!!!

面白そう!!って思いました。


それにしてもアンジェリーナ・ジョリーって本当に綺麗な人ですよね~。

しかも細い!!細すぎる!!!!

「チェンジリング」の時も「ウォンテッド」の時も思ったんですが

ちょっと痩せ過ぎじゃないかなあ。。

ちゃんとご飯食べてるのか心配になります。


「ウォンテッド」の時は、その痩せ過ぎに濃いメイクが

逆に狂気をはらんだ危険な女って感じで

アクションもめちゃくちゃスタイリッシュだったんですが

今回はアクションシーンも身体を張った正統派。

なんかハラハラしました。


のっけからいきなり「かの国」に捕まって拷問されてます。

うわあああ拷問いやだー。

私はスパイには絶対なれません。

拷問の「ご」の字を聞いただけで何でも喋ります!

知らないことでもぺらぺら喋りますから!!



そんなヘタレな私のことはどうでもいいのですが

あんな綺麗な人をボコボコにする人達の気がしれないです。

しかもアンジー演じるソルトは優秀なので

ちょっとやそっとじゃ喋る訳もなく。


ただ、彼女を救ってくれる白馬の王子様がいました。

このへんやっぱり美人は得だなーと思います。

彼とソルトはその後幸せな結婚生活を送るのですが

その幸せを脅かすロシアの存在。


ロシアのスパイってアメリカの映画やドラマでよく

冷酷で無慈悲で恐ろしいイメージで描かれてますよね。

この「ソルト」でも、ものすっごく怖い存在でした。

私のロシアのイメージは

チェブラーシカとマトリョーシカ


なんですけどねー。


ちなみにこの映画、あっと驚く展開が待っています。

最近スパイ映画ってお気楽なのばかり観てたので(ナイト&デイとか)

この結末はとっても悲しかったです。

なんだか悲しいし寂しい。


強い女の人が活躍する話は大好きですが

「ソルト」はなんだか痛々しいって思いました。

もし2が出来るんだったら

無敵状態のアンジーがバリバリ活躍する話

にしてほしいなあ。


アンジーがこれ以上痩せませんように!星みっつ!(★★★)
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。