スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラッシュ 2010/10/28

クラッシュ を観ました。

crash


2005年公開のアメリカ映画で、

第78回アカデミー賞作品賞受賞作品です。

監督はポール・ハギス。


善人と悪人の境目ってどこだろう?

たぶん厳密にはそんなものはないのかもしれない。


誰もが愚かな悪人で、誰もが崇高な善人になり得るんだ。。。

思わずそんなことを考えてしまう映画です。


軸となっているのは人種差別。

人種のるつぼであるアメリカならではのテーマですね。


もうのっけから交通事故を起こした中国系の女性が

相手のヒスパニック系の女性に向かって

「このメキシコ女!」と罵倒します。

相手をののしるのに何でいちいち民族的背景を持ち出すんだろう。
 
なんか重い気持ちになる始まり方です。。



登場人物がたくさんいます。

お話がそれぞれ分かれているようで、実は一つにつながっています。


~~~~~~~~~~~~~~登場人物とあらすじ~~~~~~~~~~~~~~


ロサンゼルス市警察の黒人刑事グラハム(ドン・チードル)。

恋人で相棒の刑事は、中国系の女性に「メキシコ女!」と罵倒された

ヒスパニック系のリア(ジェニファー・エスポジト)。

グラハムには家を出た弟がいて、老いた母親は二言目には

「早く弟を捜して」と言う。



勤続17年の白人巡査ライアン(マット・ディロン)。

病気の父親の介護をしながら働いており、

職務に忠実で署での評判は良いのだが、人種差別主義者。

パートナーのアイリッシュ系の白人巡査ハンセン(ライアン・フィリップ)は

そんな彼の異常な差別主義に嫌気がさし

パートナーを変えてもらうように上司に頼む。



黒人のテレビディレクターのキャメロン(テレンス・ハワード)。

仕事も成功し、性格も温厚。

授賞式の帰りでほろ酔いのところをライアンに捕まり

一緒に乗っていた妻クリスティン(タンディ・ニュートン)が

セクハラされるのを黙って見ているしかなかった。



ロサンゼルスの黒人の若者アンソニー(クリス・“リュダクリス”・ブリッジス)。

友達のピーター(ラレンズ・テイト)と自動車強盗をして暮らしている。

差別を受けることに対して過剰になりすぎ、ほぼ被害妄想になっている。

人はみな黒人に対して差別していると思い込んでいる。



白人のロサンゼルスの地方検事リック(ブレンダン・フレイザー)。

差別意識は特にないが、職業柄有権者の目(特に黒人票)を

気にしている。

その妻ジーン(サンドラ・ブロック)は黒人の若者から自動車強盗を

されたことから一気に黒人に対して偏見を持つようになる。


メキシコ人の錠前屋のダニエル(マイケル・ペーニャ)。

幼い娘を持ち、真面目に働いているが

浅黒い肌と入れ墨にスキンヘッドの強面のため、黒人に対して

意識過剰になっているジーンから差別されて嫌な思いをする。



ペルシャ系なのにアラブ系と間違われていつも嫌がらせをされる

食料品店の店主ファハド(ショーン・トーブ)。

疑心暗鬼になり銃を購入するが、英語がわからず頑固なため

娘のドリ(バハー・スーメク)が代わりに購入する。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



この映画のすごいところは、本当に

みんながそれぞれ関わっているところです。

ただの脇役だと思ってたら後でまた出てきたりするので

要注意です!!


差別する側も差別される側も

被害妄想がすごすぎる。


たぶんそんな風に思うのは日本が単一民族だからなんでしょうねえ。


冒頭の事故のシーンで、黒人刑事のグラハムが

相棒に言う言葉がすべてを象徴しています。


「ニューヨークでは街中を歩けば、人と体が触れたりぶつかったりする。

でもロスでは人々はみな車に乗ってて触れ合いがない。

みんな触れ合いたいのさ。

衝突(クラッシュ)して何かを実感したいんだ。」


だからって交通事故を起こさなくても。。と思いますが

確かに事故を起こして互いにいがみ合う様子は

なんだか生き生きとして見えるから不思議。


いろんなお話がいっぱい詰まっていて

本当に見応えがありますが、

私はマット・ディロンの話と錠前屋の話で号泣しました。


それにしてもマット・ディロンって印象変わらないわー。


いや、もちろんオジサンにはなってるんだけど

若い頃とあんまり顔が変わらないから違和感がない☆

「アウトサイダー」のカッコいいアニキのイメージが強い

私としては嬉しい限りです。


物語は、お互いが(あるいは一方的に)いがみ合い、憎み合い、

傷つけ合った果てにある収束を迎えます。


それはほんのり胸が暖かくなるようなものから

心を揺さぶるような感動まで

いろいろですが。


一番常識のありそうな人物の起こす

一番の悲劇で、また頭が混乱してきます。


そしてロサンゼルスでは今日もまたどこかで

交通事故が起きてるんだろうなあ、、、



みんな安全運転を心がけよう!星みっつ!(★★★)



スポンサーサイト
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。