スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴッドファーザー 2010/10/24

ゴッドファーザー を観ました。

godfather

デジタル・リマスター版がユナイテッドシネマとしまえんで上映してたのです。

いやあ、面白かった。。。
 
ちゃんと観たの初めてです。

あまりにも有名なのでお話は大体知ってたけどねー。

こんなに面白いとは思いませんでした。

これは2と3もちゃんと観ないと!!


~~~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~~~

1945年のある日、コルレオーネ家では盛大な結婚披露宴が行われていました。

末娘コニーの結婚に親類縁者や友人達がぞくぞくと駆けつけています。

そんな中屋敷の中で、父親のヴィトに頼み事に来る人々。

彼こそがドン・コルレオーネ。

家族を守り、友を大切にするということを信条に

莫大な力を持った暗黒社会の大物、ゴッドファーザーでした。

彼には血気盛んな長男のソニー、

心優しい次男のフレド、

まじめで堅気の生活を送る三男のマイケル

という三人の息子がいました。

血はつながっていませんがドンに育てられた

ドイツ系アイルランド人のトム・ヘイゲンもいます。

弁護士となった彼はファミリーの大事なコンシリオーリ(相談役)です。

コルレオーネ家は栄華を誇り、万事うまくいってるかのようでしたが、

ある日ドンが他のファミリーに襲撃されたことから

悲劇と転落の危機に陥ります。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ドン・コルレオーネ役にマーロン・ブランド。

このおじいちゃん異様な存在感を放っています。

ファミリーを束ねるドンだけあって人を惹き付ける魅力と迫力

兼ね備えていて、説得力があります。


ゴッドファーザーがたぶん最も気にかけ、堅気の生活を送らせている

マイケルにアル・パチーノです。

彼が最高に素晴らしいですねー。

ファミリーを守るために“ある決断”をするのですが

そのシーンでは観ているこっちがお腹痛くなるくらい

緊張しました!


何か若き日のパチーノってちょっとキアヌ・リーブス似

端正なハンサムさんです。かっこいい!


それから私はロバート・デュバル演じるトム・ヘイゲンが

大好きです!!

ドイツ系アイルランド人ということもあり、冷静で客観的。

でもファミリーを思う気持ちは人一倍で、なくてはならない

コンシリオーリ(相談役)です。


マイケルはトムのことを戦闘向きではないと言ってますが

最初の方に起きる事件を見る限りでは

かなりの冷血漢で戦闘に向いてるのではないかと思いました。

血気盛んなイタリアンマフィアの面々の中で

冷静な存在って貴重ですよね☆


冒頭の結婚式で幸せいっぱいだったのに、

すぐに結婚生活が破綻する末娘役にタリア・シャイア。

エイドリアンじゃないですか!


それからマイケルのガールフレンド役にダイアン・キートン。

結婚式に一緒に行ってマイケルからファミリーの説明を受けます。

まるっきりの堅気である彼女は当然ドン引きですよね。

それにしてもこの映画、俳優さん達に力を注ぎすぎたのか

女優さんが地味です。

華といえばイタリアで出てくるアポロニアくらいか。。(でも一瞬だしね)

男社会の話なので特に問題はありません!ええ、むしろ邪魔!


お話はドンから次の世代へのバトンタッチまでなのですが

ゆうに3時間はあります。長い!

でも全然長いと感じさせません。

まだずっと観ていたい!
と思ってしまいます。


裏切り、暗殺、抗争。

一瞬たりとも気が抜けないマフィアの世界。

コルレオーネ家はこれから一体どんな運命をたどるのか

興味津々です!!



原作も読んでみたい!星みっつ!(★★★)


スポンサーサイト
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。