スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘアスプレー 2010/10/7

ヘアスプレー を観ました。

hairspray

ジョン・ウォーターズ
のオリジナルではなく、

2007年アダム・シャンクマン監督のリメイク版です。


オリジナルの方は監督が監督だけに

かなり異質な青春ドラマだった印象がありますが

リメイク版はカラフルでシンプルでとことんハッピー♪♪な仕上がり。

ほとんど別物
だといっていいと思います。


主役は、歌って踊れる驚異のぽっちゃり美女ニッキー・ブロンスキー。

ヒロインの母親役はなんとジョン・トラボルタ!!

父親役にクリストファー・ウォーケン!!

ライバルの母親でテレビプロデューサー役にミシェル・ファイファー!!!


こりゃあ豪華だあ。。。

みんな嬉々として、歌い、踊ってます。楽しそう!


のっけから不自然なほどニッキー・ブロンスキーが歌ってます。
 

ニッキー演じるトレイシーはおデブだけど歌とダンスが得意!

憧れのロックショー番組に出て、そこのアイドルスターである

リンク(ザック・エフロン)と踊るのが夢なのです!

でもそこでは既にアンバーというブロンド美少女アイドルがいて、

しかも彼女はプロデューサー(ミシェル・ファイファー)の娘。

ひょんなことから番組に出られて人気者になったトレーシーは

アンバー母子に目の敵にされます。

舞台は1960年代のボルチモア。

まだまだ当然のように差別が行われている時代です。

そんな差別に不満を持ったトレーシーはある行動に出ます。。。


オリジナルの方のストーリーを忘れてしまったんだけど、

内容は大体いっしょだったっけなあ。。

ゴキブリ柄のドレスしか覚えてないんだけど。


オリジナルの方はまたいつか見直すとして、

リメイク版の方は、とにかくみんな楽しそうでノーテンキでいいですね。

トレーシーの親友のペニー(アマンダ・バインズ)がまたカワイイ!!


それにミシェル・ファイファーが驚くほどキレイです!!!

この人全然歳とりませんねえー。

多少シワはあっても美しいです!スタイルも抜群!

意地悪な役をしてるのに魅力的っていうのはすばらしい。


それから、ジョン・トラボルタ。

デカいお母さん
です。

特殊メイクに6時間もかかったらしいけど

あんまり成功してないような。。。

だって一人だけ作り物の人形みたいな顔なんですもん。

でもあんなに巨漢なのにステップさばきはさすが。

サタデー・ナイト・フィーバー
がまた観たくなっちゃいました。。

クリストファー・ウォーケンとの夫婦ラブラブダンスも微笑ましかったなあ。


あっ!またジェームズ・マースデンが出てましたよ!

X-MENのサイクロップスこと、魔法にかけられてのプリンスチャーミングこと

ジェームズ・マースデン♪

また歌ってますよ。

この人歌が得意だったのねー。

なんかジム・キャリーを若くしてハンサムにしたような顔でなかなか好きです!


オリジナルが好きな人にはまったくの別物だと思うけど

これはこれで私はいいと思います。

ミュージカルは楽しい♪



そうそう、最初の方でちらっと出てくる「近所の露出狂のおじさん」

そこだけ妙にジョン・ウォーターズテイストだと思ったら

ジョン・ウォーターズ本人だって!

普通リメイクされてオリジナルと全然違ったら、

監督として拒否反応示すと思うんですけど。。

嬉しそうにカメオ出演しちゃうところが好きです。


そしてオリジナルでトレーシー役のリッキー・レイク

最後に芸能エージェント役でちらっと出てます。

こちらも当時かなりのぽっちゃり美女だったけど、なんと57kgも痩せて

普通の人になってます。


それもまたびっくり!!


こうしてみると意外と見所満載!星みっつ!(★★★)
スポンサーサイト

魔法にかけられて 2010/9/14

魔法にかけられてを観ました。

enchanted

2007年のディズニー映画です。

いやあ大変だ。。ディズニーがディズニーをパロッてます。

冒頭10分は完全にディズニーアニメの世界。

能天気なお姫様プリンスチャーミングと王道を行ってます。

もうバカにしてるのか!?ってくらい王道で

とっても笑えます。。


そしていきなり悪い魔女に「永遠の幸せなど存在しない世界」へと追放される

ヒロインのプリンセスジゼル。

その絶望的な世界とは、つまり現実の世界。


いきなり現代のニューヨークの雑踏へと送り込まれてしまうのです!

ここからは実写版☆


とにかくアニメと実写版のキャストがすごくそっくりなので

(本人を元にして描いたんだろうから当たり前だけど)

観ていて違和感ありません!


ヒロインのエイミー・アダムスは絶世の美女ではないけれど

親しみやすい美人で笑顔がかわいい。
 

王子様役のジェームス・マースデン(X-MENのサイクロップスですね!)がまた

愛すべきバカでひたむきなエドワード王子を好演。ハマってます。

いろんなところで結構笑っちゃうんですが、一番笑ったのは

リスのピップ熱演です。

現実世界に来て急に人間の言葉が喋れなくなったピップ君が

王子に魔女の陰謀を伝えようと熱演!必見です。笑えます。


現実世界でもマイペースなヒロインがステキ。

お得意の♪ア~ア~ア~♪の呼び声で動物たちを呼び寄せると

やってきたのは鳩やねずみ、ゴキブリや蝿などの害虫ばかり。

ここニューヨークだからね。。

それにしても犬や猫くらいは来てもいいのに、と思ったら

害虫たちもヒロインのために働く働く。



おとぎ話の中同様、彼女にとってはお風呂場の髪の毛詰まりだって(超現実的)

歌ってお仕事♪で笑顔でお掃除。ステキな人です。


そんな彼女を、「かなり変な女の子」として見ていた

弁護士のロバートも次第に感化されてきます。


ラストはやっぱりディズニー映画。

悪いようにはなりません。

みんなしてバカになっちゃえば怖いものなし!

なんだかものすごく幸せそうです。

安心して見ていられるのもディズニー映画の醍醐味ですね。


そしてディズニー映画なのにシュレックみたいなちょっとシュールな展開。

(さすがにあれに比べたらまともですが)

パロディなところも王道なところも面白かったです!


改めて自分はディズニー好きだ!と実感。星みっつ!(★★★)


06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。