スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーストライター 2011/09/23

ゴーストライター を観ました。

ghostwriter

2010年フランス・ドイツ・イギリス合作映画。

ロマン・ポランスキー監督作品。


ロバート・ハリス原作の本格サスペンスです。



~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~


ゴーストライターである主人公が、元英国首相アダム・ラングの

自叙伝執筆を依頼される。条件は、米国で講演中のラングが滞在する

島で1ヶ月以内に原稿を仕上げるという厳しいもの。

だが、ラングには就任中にテロリストを不当に拷問したという疑いが
 
浮上し島中が反対派やマスコミでごった返している上に、

自叙伝執筆の前任者の不可解な死のこともあり、やがて主人公の

ゴーストライターは予想もしなかった事態に巻き込まれていく。。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャストは


ゴーストライターに、ユアン・マクレガー。
 
元英国首相のアダム・ラングに、ピアース・ブロスナン。
 
ラングの秘書アメリアに、キム・キャトラル。
 
ラングの妻ルースに、オリヴィア・ウィリアムズ。
 
ラングの大学時代の同級生ポール・エメットに、トム・ウィルキンソン。
 
ラングの弁護士シドニー・クロールに、ティモシー・ハットン。
 
島の老人役に、イーライ・ウォラック。


などなど。



そうなんです…。

そういえば主人公に名前がない!!


元英国首相のラングが主人公と初めて会った時

「君は誰かね?」と尋ねると

「I'm your ghost.(あなたのゴーストです)」

と答えます。

ghostwriter6

↑ “ゴースト”(ユアン・マクレガー)
 

もう実年齢は40歳にもなるのに

なぜかこういう青年役が似合ってしまうユアン。

声が優しくて若造っぽいからかもしれませんね。



始まりは、雨の日のフェリーのシーン。

港に着いたというのに一台だけ降りようとしない車。

寂しい海岸の波打ち際に倒れている誰か。



全編に流れる綺麗な音楽がまた

いっそう不安を駆り立てます。


場面は変わり、イギリスで

元英国首相ラングの自伝という大きな仕事をゲットした

ラッキーなゴーストライター。


その日のうちにラングの滞在する米国の島へ

発つことになります。



特に政治に興味もなく仕事が早いのだけが取り柄の

平凡な彼ですが、莫大な報酬を得られる今回の仕事には

何か嫌な胸騒ぎがして落ちつきません。



島に着いてみると、迎えてくれたのは

ラングの秘書アメリア。

ghostwriter8

↑ アメリア(キム・キャトラル)
 

なんとSEX AND THE CITYのサマンサこと

キム・キャトラルではないですか!

サマンサ役とはうってかわって

有能で落ちついた大人の女性アメリア役を好演。



そしてラングの妻のルース。

アメリアと対象的にいつも地味な服装をしていて

泣いたり怒ったり情緒も不安定。

ghostwriter7

↑ ルース(オリヴィア・ウィリアムズ)


ラングには政治的なアドバイスもしていますが

アメリアにかなりの敵対心を持っているようです。


あとは数人のスタッフと、

やけに無愛想(に見える)アジア系の家政婦さん。


そしてやたらと健康に気を使って運動をかかさず

さわやかな中年美男子である元首相のラング。

ghostwriter5

↑ ラング(ピアース・ブロスナン)


何だかみんなが怪しく見えます。


周りに何にもなくて雨が急に振り出す島で

主人公は前任者の不可解な死(冒頭のフェリーからの転落事故)

について新たな疑問をいだきます。

ghostwriter2

↑ 前任者の持ち物から新たな謎が…!


そしてサスペンスにありがちな

「もうそれ以上追うのはやめとけばいいのに…」


ってこっちがハラハラするような深追いを始めます。


ghostwriter3

↑ 前任者の書いた自叙伝を読むゴーストライター



前任者の書いた自叙伝を1ヶ月でリライトすること。

おいしい仕事のはずだったのに

元首相の就任中のテロリスト拷問への疑いで静かな島はごった返します。

ghostwriter4

↑ 反対派に囲まれるラング。

 

ラングは本当にテロリストへの拷問を行ったのか?

前任者は何を知ってしまったために謎の死をとげたのか?



ghostwriter1

↑ 深まるラングへの不信感。


案の定危険な目にあう主人公。



誰が正しくて誰が味方なのか?

見極めるのは大変です。



そして彼がたどり着いた真実は…。

最後の最後にずーっとくすぶっていた不安が

ここにきて的中するような感じでした。



ユアン君演じる名前のない主人公が

最後にとる行動はちょっとびっくりします。
 

もしかしたらずっとゴーストだった彼の

せめてもの主張
だったのかな??




うーん、私だったらそんな秘密を知ってしまったら

一目散に逃げますけどね☆☆☆



スポンサーサイト

彼が二度愛したS 2010/7/11

彼が二度愛したSを観ました。

2008年アメリカ映画です。

deception

主演は、ヒュー・ジャックマンユアン・マクレガーミシェル・ウィリアムズ

なかなかに豪華ですが、どうにもB級です。


事件に巻き込まれる真面目な会計士のユアン。

快活で魅力的な敏腕弁護士(果たしてその正体は。。。)のヒュー。

そして謎の女ミシェル

すべての失敗の要因はここにあるような気がしてなりません。


ミシェル・ウィリアムズって綺麗な人だと思うんだけど

なんかちびっこなんだよねえ。

なんかうまく言えないんですが子供が無理してハイヒール履いてるような印象を受けます。


「シャッターアイランド」でもディカプリオを悩ます亡き妻として

謎めいた美女役を演じていましたが、なんだか似合わない。

ぽん、と肩に手を置いて そんなに頑張らなくていいんだよ と

言ってあげたくなるのです。


小柄で優しそうな顔立ち。グラマーというより幼児体型。

性格の良さがにじみ出てるようなルックスです。

主人公の友達役で悩みを聞いてあげたり、妻役で陰ながら支えてる役とかの方が

絶対似合います。


まあそう思ってるのは私だけかもしれませんが。。。


だって次の映画の彼女の役はマリリン・モンローですからね。

おそろしくミスキャストだと思うんですが

違う映画で同じくマリリン・モンローを演じるナオミ・ワッツの方が

どれだけスレンダーでもまだ近いと思う。


と、マリリン役が心配なミシェルはさておき

お話の方は、バリバリサスペンスです。


偶然ヒューと知り合ったユアンは(もちろん偶然なんかじゃない)

たまたま秘密クラブの存在を知り(もちろんたまたまなんかじゃない

今までにない開放感や楽しみを知ることになります。


でもそれで話が終わるわけなく、次第に深みにはまっていくユアン。

気付いたときには大変なことに巻き込まれていたのです。。


とまあ大体の展開は予想出来る範囲なので

安心して観れます。
(サスペンスなのに…)


あんまり関係ないけど、ミシェルやユアンと一緒だと

ヒュー・ジャックマンの背の高さが目立ちます。(身長189cm)


ちなみにこの映画、チョイ役でナターシャ・ヘンストリッジも出てるんですが

彼女は「スピーシーズ」という映画で主人公のエイリアンを演じた女優さんで

ミシェルはその主人公の少女時代を演じてたのです!


13年ぷりの共演!そして主役←→脇役の交代。

なかなか興味深い構図ですね☆

「スピーシーズ」は面白かったなー。


これからのミシェルの活躍に期待して、星みっつ!(★★★)

セルラー 2010/8/29

セルラーを観ました。

cellular


2004年のアメリカ映画です。今から6年前ですねー。

主演はキム・ベイシンガー。撮影時は50歳ですが

きっと設定はせいぜい40歳くらいだと思います。子供も小さいしね…。


この映画、そんなに話題にならなかった気がしますが

出演者はわりと豪華です!

もう一人の主役に、ファンタスティック・フォーの火の玉ボーイクリス・エヴァンス

引退間近の警官役に一度見たら忘れられないお顔の名脇役ウィリアム・H・メイシー

犯人役に「アドレナリン」等で大活躍のジェイソン・ステイサム

クリスの元カノでチョイ役のジェシカ・ビール

この時のジェシカは髪もブルネットのストレートでメイクも控えめ。

顔立ちがなんだかスカーレット・ヨハンソンに似てます。

ハリウッドで人気の顔なのかも。


このお話、主役はなんといっても携帯です。

今や我々の生活になくてはならないツール。

一人一台は当たり前、もはやカメラなんだかパソコンなんだか

よくわからない代物になってきたアレです。


携帯の出現によって、ミステリー界はだいぶ混乱したと思います。

いつでもどこでも連絡が取れる携帯のせいで

これまでのトリックが効かなくなったり、アリバイが出来たり、

犯人間の連絡が簡単になったりしたからです。


でも、それを逆手にとってこの携帯を使って新たな展開を見せるという動きも

当然出てきますよね。

それがこの映画です。


ある日突然見知らぬ男達に拉致された主婦のキム・ベイシンガーが、

屋根裏の壊れた電話を自力で修理して奇跡的にかかったのが

今時の若者のケイタイ。

事情を知って、会ったこともない主婦のために奔走する若者。

そんな荒唐無稽の話を一人だけ信じる引退間際の警官。

……そんなお話です。ワクワクしますねー。


突然拉致されるキム・ベイシンガーは始終泣き顔ですが、

電話を組み立てたり、いざという時に反撃するところはさすが☆

ただ、そんな極限状態なのに走る時は手がハの字になる

聖子ちゃん走りですよ。。

かわいらしい50歳だこと。。


今時の若者クリス・エヴァンスは、最初地味だったけど

段々かっこよく見えてきて応援したくなります。


それにしてもこの映画、最初から最後まで携帯が大活躍ですが

(クリス・エヴァンスは登場シーンのほとんどが携帯を手にしてる)

たぶんあと数年後に観ると

ものすっごい時代遅れな映画
になってそうです。

「最新家電」
が出てくるとどうしてもそうなっちゃいますよね。

技術はオソロシイ早さで進歩してしまうので。


実際6年後の今でさえ、携帯の機能についてのシーンで

「ふーん。
だから何?」ってなりましたもの。

たぶん当時観たら

うぉー最新テクノロジー!!!ケイタイすげーな!!


って思ったのかも。


でもきっとこの映画、将来「昔の携帯はこうだった!」的な

教科書的な意味合いで何年も語り継がれるかもしれませんね。
 

それにしても携帯はどこまで進化するんだろ?


そろそろ携帯買い替えたいので星みっつ!(★★★)
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。