スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潮風のいたずら 2011/04/05

潮風のいたずら を観ました。

overboard


1987年のアメリカ映画。

ゲイリー・マーシャル監督作品
です。


~~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~~


エルクコーブに住む大工のディーンは、ある日停泊中の高級クルーザーでの

仕事の依頼を受けます。緊急だと聞いて行ってみれば、高慢ちきな

富豪夫人のジョアナがクローゼットを改装してほしいとのこと。

彼女のあまりの性格の悪さに辟易するディーンでしたが、

終わってみると「気に入らない!」という理由で修理代を踏み倒されて

しまいます。

その夜、誤って船から転落しなんと記憶喪失になってしまったジョアナ。

小さな町ではこの謎の女性が大ニュースとなり、テレビを見たディーンは

腹いせに彼女の夫を名乗り出て彼女を家政婦としてこき使うことを

考えつきます。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャストは
 

高慢ちきな富豪夫人ジョアナに、ゴールディ・ホーン。
 
子持ちの大工ディーンに、カート・ラッセル。
 
ジョアナの夫グラント・ステイトン3世に、エドワード・ハーマン。
 
ディーンの友達ビリーに、マイケル・ハガティ。



ゴールディ・ホーン主演のロマンチック・コメディです。

カート・ラッセルとは私生活でもパートナー同士。

もう24年も前の映画なんですね~。
 

今では娘のケイト・ハドソン

ラブコメの女王として大活躍です!


ケイトもかなりの美人さんですが、

顔の可愛さからいくとお母さんの方が上かなあ。


とにかく美人だけど性格の悪い富豪夫人を好演!

overboard1

どうでもいいけど富豪夫人の時のゴールディの衣装がすごい!

船の上とはいえものすごいデザインの水着を着てるので

そのへんも見所です。

それにしてもスタイルいいなあ~。

overboard2


どういうわけか海へ転落して記憶を失った彼女。

自分が何者かわからずにイライラします。

高慢な態度と毒舌は相変わらず。

人って記憶を失っても性格は変わらないんですね。。



病室で暴れて周りに迷惑をかけてる妻を見て

「奥さんですね?」の問いかけに

「違います」と思いっきり否定する夫のグラント。


やったー!うるさい妻が自分からいなくなってくれたー!

とばかりに、船に帰ってパーティー三昧します。

ひどい夫だ。。


そんなところへ現れた大工のディーン。

修理代を踏み倒された腹いせに

ジョアナを騙してうちへ連れて帰ろうとします。


「心配してたよ!」と、夫を装うディーンに

「この人が夫?有り得ないわ!」

と、拒絶するジョアナでしたが

彼女の扱いに困り果てていた医師や看護士達は

「いい旦那さんじゃないですか」

「優しそうだし」


と、軒並み大絶賛。


しぶしぶディーンの家に帰ると

待っていたのは傾きかけたあばら屋

なんと4人の悪ガキ!!!


ディーンはシングルファザーだったのです。


一気に4人の子持ちになったうえに

慣れない家事をさせられるジョアナ。

overboard5

「おかしいわ。料理の仕方を全然思い出せない」


そりゃそーです。

生まれて一度も料理したことないんですから。。


記憶がまったく戻らない上に

4人の子供達の世話と家事でボロボロになり、

ノイローゼになりかけるジョアナでしたが

こんな生活にも次第に慣れてきます。

overboard3

人って環境に順応する生き物なんですね!



4人の子供達は、ちゃんと向かい合えばいい子達だし

仕事の後のビールは美味しい。

貧しいながらも小さな幸せを感じられるようになってきた彼女。


健気に家事や育児をこなして

子供達からも懐かれるようになったジョアナに

次第にディーンも惹かれていきます。


元々は、復讐のために始めた家族ごっこでしたが

今やディーン一家にとって彼女は

欠かせない存在になっていたのでした。

overboard4

でもそんな幸せな時間がいつまでも続くわけなく。。

ジョアナの実母に言われて仕方なく

夫のグラントが彼女を迎えにきます。


本当の夫を見て、記憶が一気に戻ったジョアナは

元の自分の生活へと戻って行きますが…。



元の自分と今の自分、どちらの生活を選ぶのか

彼女が出す結論は本当に感動的です。


何でも手に入るお金持ちだった頃には

たぶん何も幸せだと感じられず

何も楽しいと感じられなかった彼女。


彼女が記憶喪失になったのは

ある意味とても幸運なことだったと思います。


人はいつだって変わることができるし

人生やり直すことができる。

そんな風に思える映画でした。


最後はちょっと感動しちゃいますが

基本コメディなので、ゴールディの性格の悪さに笑い

新しい生活に戸惑う彼女に笑い

とっても楽しい映画です!



とにかくゴールディ・ホーンがかわいい!!!

富豪夫人の時のバッチリメイクも美しいけど

ボサボサあたまで子供達と遊ぶ彼女がまた

キュートです♪



ディーンが彼女の誕生日をお祝いしたとき

「私っていくつなの?」って聞くシーンがあって

やや間があってから

「……29歳だよ」
とディーンが答えるのですが

この時の彼女の実年齢は42歳!!


さすがに20代ではないだろうとは思いましたが

40代には絶対見えません!!



ラストもステキな終わり方だし

最後のゴールディのセリフがまたステキ。

(ちょっとホロリときます)
 


観た後なんだか幸せになれる映画です☆☆☆
スポンサーサイト

チャンス 2011/02/13

チャンス を観ました。

chance


1979年のアメリカ映画。

ハル・アシュビー監督作品です。


~~~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~~~


チャンスはある古いお屋敷で働く中年の庭師。

子供の頃からこの屋敷で働いていて、外の世界もまったく知らず

読み書きも出来なかった。

ある朝お屋敷のご主人が亡くなったため屋敷から立ち退かなければ

ならなくなったチャンス。

初めて出る街で戸惑っていると、高級車に乗った大富豪の妻イブと出会い
 
成り行きでチャンスはイブの家に行くことに。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャストは


庭師のチャンスにピーター・セラーズ。
 
経済界の大物ベンジャミンにメルヴィン・ダグラス。

ベンジャミンの妻イブにシャーリー・マクレーン。



この映画のおかしいところは

主人公のチャンスが何もしてないのに

周りがいろいろ間違えたり想像したりして

どんどん話が進んでいってしまうところ!



タイトルの「チャンス」って

誰かがチャンスを摑む話かと思ってたら

主人公の名前なんですねー。


演じるのはピーター・セラーズ!

ピンク・パンサーのクルーゾー警部で有名ですが

この映画ではヒゲなしギャグなしで

まじめに(?)チャンスを演じています。


チャンスさんはとあるお屋敷の庭師。

とにかくテレビが大好き!

chance1

ご主人が亡くなったために

屋敷から立ち退くように言われますが

なんと屋敷の外に出るのは初めて。


ご主人の形見の仕立てのいいスーツとカバンで

一見裕福な身なりのチャンスさん

よせばいいのに街の少年達に話しかけて

あげくにからまれてしまいます。

chance3

パニックになったチャンスさんが

少年達に向かって取り出すのは

テレビのリモコン。



チャンネル変えたい!

って思ったんでしょうね~。


気持ちわかります!!

私はMac使いなのでコマンド+Z(やり直し)

よくお世話になってますが

うっかりお皿割った時も思わず心の中で

「コマンドゼットォォ~~~!!!!」

って叫びましたもん。


実生活にもコマンド+Zがあればいいのに。。


で、そんなチャンスさんですが

街の電気屋さんで大好きなテレビ発見!

思わず見とれていると、高級車とぶつかってしまいます。


そこに乗っていたのは大富豪の妻イブ。

演じるのはシャーリー・マクレーンです。


イブはチャンスの手当をするために家に連れ帰ります。

彼女の夫であるベンジャミンは経済界の大物で

大統領も助言を求めて訪ねてくるような人ですが

今は病に倒れて床についています。


ここでみんなの勘違いその1



お屋敷を追い出された庭師チャンスのことを
 

不況で失敗して自分の屋敷を手放した気の毒な人
 

と誤解。



勘違いその2


名前を聞かれて

「チャンス、庭師(ガーデナー)です」と答えたら


チャンシー・ガーディナーさん


という名前だと誤解。



勘違いその3


イブの夫ベンジャミンに気に入られたチャンスが

なんと大統領との会見に同席。

大統領から政治と経済について意見を求められて

ガーデニングについての話をすると


なんと深い見解だ。。。


と感心されてしまう。


さらに大統領がチャンスの言葉を

テレビで引用したため

チャンスは一躍時の人に!!


もうとにかくやることなすこと

いい方へいい方へ取られてしまうチャンス。

イブも夢中になってしまいます。

chance2



彼の無垢な精神と穏やかな態度が

みんなを惹き付けるのですが

彼がきっと「ひとかどの人物である」

という先入観から、

彼の言動を深読みしすぎる人々。


なんだか風刺がきいてます。


だってもしチャンスがボロボロの服を着ていたら

ベンジャミンはチャンスを大統領に会わせようなんて

思わなかっただろうし

そもそもイブだって車に乗せなかったはずですよね。


このお話、ニーチェの

『ツァラトゥストラはかく語りき』

を下敷きにしているらしいです。

私は読んだことないですが

なんかいろいろ深そうだなあ~。


コメディといっても決してドタバタではなくて

ほのぼのクスっと笑える感じの

癒し系なお話でした。


私はこのチャンスという人、

みんなにチャンスを与える天使

なのかと思ってました。


実際には違いますが

ラストは当たらずとも遠からずな感じな

不思議な終わり方で好きです。


振り回される周りの人々がおかしくて

ひょうひょうとしたピーター・セラーズが

とってもいい味出してました♪



チャンスのその後がとっても気になる!星みっつ!(★★★)

不灯港 2011/01/02

不灯港 を観ました。

futoko

「ふとうこう」と読みます。

2009年の日本映画。監督は内藤隆嗣。
 
PFFアワード2006企画賞(TBS賞)受賞だそうで、

まだ若干27歳なんですね~。若い!!


PFF(ぴあフィルムフェスティバル)って結構有名な人が出てるので

(内田けんじ、李相日、矢口史靖など)

この監督ももしかしたら今後ブレイクするかもです。


不灯港
って初めて見る言葉なんですけど

監督がハードボイルドに傾倒しているらしいので

もしかしたら「不夜城」とかそんなニュアンスからきてるのかな。。



~~~~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~~~~


石黒万造(38歳・漁師)は、父親の遺した「野郎丸」に乗って毎日海に出ている。

平屋の一軒家で一人暮らし。寂しいので嫁がほしくてほしくてしょうがない。

町役場主催のお見合いパーティーへ、気合いを入れて出かけるも撃沈。

ところがひょんなことから家に転がり込んできた若い女・三津子と

その連れ子のまさおを受け入れ、三人は疑似家族のような生活を

始めることになる。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そう、これコメディなのです。

最初は、漁師が主人公のまじめな話かと思っていたので

途中からやたらとツボにはまってしまいました。


寡黙で不器用な漁師・万造を演じるのは小手伸也さん。

初めて見る役者さんですが、ものすごいクマさん顔です。

漁師の格好がめちゃくちゃ似合う!!!

痩せたらもしかしたら端正なお顔なのかもしれませんが

体型も顔も熊っぽくていい味出してます!


謎の女三津子を演じるのは宮本裕子さん。

こちらも初めて見る女優さんですが細くて小顔でかわいい!

万造がプレゼントしてくれた赤いほっかむり

めちゃくちゃよく似合います!


そう、海辺で働いてるおばさま方がよくしてるあのほっかむり、

普通は白とか和風な柄とかの渋いやつばかりですが

万造が愛する三津子にプレゼントするのは真っ赤なんです。

万造の手作り!ひまわりのアップリケ付きです!!


白いワンピースに赤いほっかむりをかぶって

黒いサングラスをかけたらあら不思議!

オシャレなフレンチファッションのできあがり☆

そのままブルターニュの海辺でバカンスしてもおかしくありません。(適当)

私もほしいです!!



ほっかむりについて熱く語るのはこのくらいにして。

とにかくこの万造さん、三津子親子が出現するまでは

とってもわびしい生活をしています。


漁をするのも一人。

スーパーで買い物するのも一人。

もちろん家に帰って料理して食べるのも一人きり。


なぜか家には一輪のバラが飾ってあり

たまにそのバラを襟にさして(いまどき!!??)

村唯一のバーに行って飲んだりします。


誰をナンパするのかと思ったら

バーにいるのは派手なおばさま(推定50歳くらい)

それもちょっと目を離した隙に

若いイケメン風漁師に取られてしまいます…。

おばさま、この村ではモテモテですね。


そんな不器用な万造さんのところに現れた三津子親子。

よく見れば三津子は美人だし、まさおも素直でかわいい子供だし。

万造さんはよっぽど嬉しかったんだと思います。

その嬉しさがよく伝わってきます。


でもそんな幸せはそう長く続かないのが相場です。

万造に更なる悲劇が襲いかかります。

この映画のラストは、曖昧だし唐突だし

賛否両論わかれるところかもしれませんが

私は好きです。


万造さんみたいな人には本当に幸せになってほしいなーと思います。

たぶん幸せのありがたさがわかってる人だから。


この内藤監督、「日本のカウリスマキ」

なんて評価されてるみたいですね。なるほどー。

トホホな感じはそうなのかもしれませんね。

アキ・カウリスマキってもちょっと暗いイメージなんですけど。

今年はもっと北欧の映画も観たいものです☆


棒読みみたいな妙にかっこつけたセリフとか

あきらかに田舎の漁村なのにみんな標準語だったりとか

きっと監督の狙いなんだろうなあ~と思うところが結構あります。


いろいろ面白いシーンやセリフがいっぱいありましたが

私は友達の漁師の口癖で、必ずセリフの最後に言う

「わかりやすく説明しろ」

っていうのがツボでした。


確かに大切だよなあ。わかりやすく説明するのって。


内藤監督の次回作にとっても期待!星みっつ!(☆☆☆)

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い 2010/12/28

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い を観ました。

hangover

2009年のアメリカ映画です。

やたらと長いタイトルですが、原題は

「The Hangover」(ハングオーバー)
だけ。


これって二日酔いって意味なんだそうです☆

まー確かにただの「二日酔い」じゃすまされないくらい

ひどい二日酔いなので、こういう長いサブタイトルがついたんですねー。



~~~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~~~


結婚式を2日後に控えたダグは、親友のフィル(教師)とステュ(歯科医)と

婚約者の弟であるアランと一緒にラスベガスへ向かいます。

べガスで男4人で盛大に独身最後のパーティーを行って

スッキリと結婚式へ向かうつもりでした。

ところが一夜明けてみるとスイートの部屋はめちゃくちゃ!!!

トイレには虎がいるわクローゼットには赤ちゃんがいるわ

なぜかステュの歯が抜けてるわ。。。

そして一番の大問題は、花婿のダグが消えていたのです!!

残されたフィル、ステュ、アランの三人は二日酔いの頭で

昨夜のことを必死に思い出そうとしますが。。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


アメリカでは「バチェラーパーティー」なんて

独身最後の男性が仲間と羽目を外して騒いだりする

パーティーのことをいう単語もあったりしますね。

 
結婚するってそんなに一大事なのか??

いやいや、ただそれにかこつけて騒ぎたいだけだと思いますけど。


とにかくこの映画の主人公達もそんなおばかさん達です。


花婿のダグは主役なのに途中から消えていなくなるので

残されたダメダメ三人組が謎解きをしていきます。


まず教師のフィル。

妻帯者なのにイケメンで遊び人。

演じるのはヒュー・ジャックマン似のブラッドリー・クーパーです。


それから歯科医のステュ。

三年付き合ってる彼女に頭が上がらず

べガスから戻ってダグの結婚式が終わったら

彼女にプロポーズしようとしています。

この中では最も良識のあるタイプに見えます。


一番問題なのが婚約者の弟のアラン。

見るからにオタクで問題ありそうな感じ。


ダグの優しさからか、これから家族になる彼と男同士

仲良くなっておこうと思ってか、

彼を連れていったのが不幸の始まりだったのです。


とにかく、一夜明けてからの酔っぱらい達の行動が面白いです。

あまりにひどい二日酔いで昨夜のことを

一切覚えていない。

必死に思い出そうとしてもダメ!!

そして懸命にダグを探すうちに明らかになる驚愕の事実!!!


もうめちゃくちゃです。。。

気の毒だけど笑えます。(自業自得だし)


ちなみに一番やらかしちゃってるのは

最も良識のある歯科医のステュです。

歯、ないし。。


普段真面目な人が酔っぱらうとこうなっちゃうんですねー。


本当にびっくり箱のような映画です。

なぜかマイク・タイソンがいたり

裸の中国人が飛び出してきたり。


三人が酔っぱらってる時に出会ったストリッパー役で

ヘザー・グラハム
が出てました。

なんかひさしぶりに見たなー。

相変わらずかわいいです。


ちょっと下ネタ多めなのがイマイチなところですが

どんだけやらかしてるんだ!!!

っていうびっくり度合いはすごく面白かったです。


一体何がどうしたらそうなってしまうのか!!??っていう

種明かしも最後の最後にわかります。

なんとアランが恐ろしい一夜の一部始終が映った

デジカメを発見するのです。


それを見ると、ああもうほんとバカばっかり。。

と呆れると同時に

なんだか楽しそう~~と思ってしまいます。

まあ一生に一度くらいはこんな馬鹿騒ぎもアリかもしれません☆

(これはやりすぎ!!)



お酒は楽しくほどほどに♪♪星みっつ!(★★★)

ホット・チック 2010/12/05

ホット・チック を観ました。

hotchic

2002年のアメリカ映画で日本では未公開☆

テレビでやってたのをたまたま観たのですが、

面白かったです。


~~~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~~~

女子高生のジェシカは金髪美人のチアリーダー。

素敵なボーイフレンドもいて、毎日お気楽で幸せな日々を送っていました。

ある日仲良しの女友達とショッピングに行くと

アフリカングッズのお店で素敵なイヤリングを発見!

非売品だと言われたのでこっそりいただいてきちゃいました。

ところがそれはアフリカに古くから伝わる呪いのイヤリングだったのです。

ガソリンスタンドで偶然会ったコソ泥がもう片方のイヤリングを盗み

なんと翌朝起きてみると、ジェシカはこコソ泥に、コソ泥はジェシカに

入れ替わっていたからさあ大変!!!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そう、これよくある入れ替わりものです。

パッケージの中央にうつってるオッサンが女子高生です。


ちなみに主人公のジェシカは、自分が可愛いことをハナにかけてて

高校では女王様的な存在。

みんなの前で彼女にからかわれたりして、憎んでる人も多いです。


そんな自己チュー美人女子高生に

今をときめくレイチェル・マクアダムス嬢!

この人かっわいいですよね~。

でも、黒髪のイメージがあったので

最初彼女だって気付きませんでした。(この映画では金髪☆)


でも残念ながら彼女が出てくるのは最初の方と終わりの方だけ。

可愛くて自己チューで、でも憎めないジェシカをキュートに演じています。


そして、彼女以上にジェシカをキュートに演じているのが

ロブ・シュナイダー。

そう、パッケージ中央のオッサンの彼。


「入れ替わりもの」って、入れ替わった後

どれだけ入れ替わる前の人物を想像出来るか

ってところがキモだと思うのですが、彼は上手。

こんなルックスなのに
 
ちゃんとジェシカがいます!!!


ジェシカの取り巻きの女の子もキュート!

親友の女の子が「オッサン=ジェシカ」だと

わかった時のシーンも最高です。
 

ジェシカの取り巻きの女の子達は、親友を含め

ちょっとだけ彼女の傲慢なところが

ハナについていたのです。


でも、オッサンになったジェシカは

以前の女王様のような美しさも傲慢さもなくなり

ただただ滑稽。

同情しちゃうけどつい笑っちゃって

ちょっとだけいい気味なんて最初は思ったりもするのです。

そこらへんは女の子ですなあ。。

 
でも、元に戻りたくて必死なオッサンジェシカは

美人女子高生だった頃のジェシカよりも

なんだか素直で一生懸命で親しみやすい。
 

彼女にいじめられて彼女を憎んでた女の子達も

ついついオッサンジェシカには同情し

彼女の仲間になっちゃうのもほのぼのしてていいです。


そう、オッサンジェシカには不思議な魅力があります。


最初はただの薄汚れたオジさんにしか見えないのに

どんどん乙女な女子高生に見えてきて

心なしかかわいく見えてきたりします。


このロブ・シュナイダーという人はコメディアンで

ウィキペディアを見ると、映画もいっぱい出てるんだけど

あんまり記憶にないんだよなー。

「ホームアローン2」で家に入ろうとする強盗の中にいた気がする。(うろ覚え)

今後ちょっと注目したい役者さんです。


アダム・サンドラーと友達らしくて

この映画でもチョイ役でアダム・サンドラーが出てて

笑わせてくれます。


コメディ映画ってツボが違うと不発で終わることが多いけど

この映画は最初から最後まで面白かったです!


ちなみにジェシカになっちゃったオッサン

わりと順応早いのも笑えました。

凶暴なレイチェル・マクアダムスもかわいいです♪


入れ替わるならうちの猫になりたい!星みっつ!(★★★)
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。