スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- 2011/03/05

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- を観ました。

taiheiyono

2011年の日本映画。

平山秀幸監督作品です。


戦争映画はちょっと避けてたフシがあったので

(なんと硫黄島も星条旗も観てない!)

とっても久しぶりに観た、という感じです。



~~~~~~~~~~~~~~あらすじ~~~~~~~~~~~~~~


太平洋戦争末期。1944年6月。

大場栄大尉は、サイパン島でアメリカ軍と戦っていた。

圧倒的な兵器・兵力差のもと、日本の劣勢は明らかになり

サイパン守備隊幹部は日本軍玉砕命令の後自決する。

大場大尉も戦死を覚悟で突撃するが、玉砕を覚悟していたのに

生き延びてしまう。

その後大場大尉は、生き残った兵士47人と合流し

はぐれものの兵士堀内今朝松らと、山に逃れた民間人を守りながら

戦い抜くが。。
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



キャストは


大場栄大尉に、竹野内豊。
 
堀内今朝松一等兵に、唐沢寿明。

金原少尉に、板尾創路。

永田少尉に、光石研。

木谷敏男曹長に、山田孝之。

尾藤三郎軍曹に、岡田義徳。

山に潜む民間人 大城一雄に、ベンガル。

山に潜む民間人 奥野春子に、中嶋朋子。

山に潜む民間人 青野千恵子に、井上真央。

捕虜になった日本人 馬場明夫に、酒井敏也。

捕虜になった日本人 元木末吉に、阿部サダヲ。

アメリカ軍 ハーマン・ルイス大尉に、ショーン・マクゴーウァン。

アメリカ軍 ポラード大佐に、ダニエル・ボールドウィン。

アメリカ軍 ウェシンガー大佐に、トリート・ウィリアムズ。


この映画、日本側の視点とアメリカ側の視点

両方を描いていて、アメリカ軍でのシーンは

チェリン・グラック監督率いる米国ユニットが撮影してるそうです。


日本側の話はもちろん竹野内豊さん演じる

大場大尉を中心に進んでいきますが

アメリカ側の話で中心になるのが、

日本に2年の留学経験を持ち、日本語を話せるという

ルイス大尉。

taiheiyono2

この人の存在は大きいですよ~。



アメリカ人同士の会話なのにいきなり

「ニホンジン ハ イチゴイチエ デ~ス!」

とか片言の日本語で言い出したりして、

かなりの日本びいき。


日本のことをよく理解してるということで

上官のポラード大佐から呼ばれます。


アメリカ人のポラード大佐からしてみれば

劣勢とわかっていても降伏せずに戦い続ける

日本軍が理解出来ないのです。


負けるとわかっていて攻撃してきたり

攻撃前に幹部が自決したり

民間人が捕虜になるのを拒んで集団自殺したり。



どうしてなんだ?と聞くポラード大佐に

ルイス大尉がポケットから取り出したのは

将棋のコマ。


ちょっと得意げに

「これはジャパニーズ・チェスです」
とか言いながら

日本人がいかに天皇に忠実で誇り高い部族であるか

将棋のコマを使って独自の解釈を聞かせます。


ちょっとムッとするポラード大佐。


「オレはサイパンまでチェスをしにきたんじゃない!」


せっかく教えてあげたのに怒られてしまいました。。。



一方、アメリカ軍に不思議がられている日本軍。

大場大尉とその部下達は全員死ぬ覚悟で

アメリカ軍に奇襲攻撃をかけます。


かなりのダメージをあたえたものの焼け石に水。

日本軍はほぼ壊滅しますが

大場大尉は生き延びてしまいます。


自分が生きてるとわかったとき

あんなに死ぬのなんて怖くないと思っていたのに

アメリカ兵の声が聞こえたら

思わず死体に隠れてうずくまる大場大尉。


この時から大場大尉は「命」というものを

意識しはじめます。
 

日本軍の兵士達はとにかく戦って死ぬことを

誇りとしていますが

戦いで死ぬ事が目的なんじゃない、

勝つために戦うんだ!


そのためにはみんな生きていなければ。。



そんな思いが沸いたのだと思います。


その粘り強さと素晴らしい統率力から、

アメリカ軍に“フォックス”

呼ばれるようになる大場大尉。


もう一人アメリカ軍から“サイパンタイガー”

と呼ばれて恐れられる兵士がいます。

(映画ではその呼び名は出てきませんが)

taiheiyono3

  ↑ ↑ サイパンタイガー

まさかの唐沢寿明さんが

スキンヘッドに大阪弁ではぐれものの兵士を熱演!

なかなかのインパクトでした。。



他にも、大場大尉と合流する金原少尉役に

なんと板尾さん!!


今回はまったく笑いなし

まじめに兵士役を演じていました。

ほんといろんな映画に出てるなあ、板尾さん☆


その他には捕虜となった日本人で唯一英語を喋れる役

阿部サダヲ
が出ていたり、

山に潜む民間人役で中嶋朋子が出ていたり、


アメリカ軍の攻撃で家族を亡くして

復讐に燃える若い看護婦役で井上真央が出てます。

taiheiyono1

↑ ↑ 殺伐オーラを出しててなかなかいい感じ。
 

井上真央演じる青野千恵子は
 
空爆された民間人のアジトを心配して戻ってきた大場大尉に

「今さら何しにきたんですか!」

とお門違いな怒りをぶつけたりします。



この映画、資料なんかを見ていると

わずか47人の兵力で4万5,000人ものアメリカ軍を翻弄した!

とか派手なことが書かれて

ものすごくスペクタクルな戦闘シーンとか想像してしまいますが

映画ではそんなシーンはあまり出てきません。


なので、なぜ大場大尉がそこまでアメリカ軍に

一目置かれるのかちょっとわかりにくいです。


それに、残酷シーンや悲惨なシーンもほとんどなく

(崖から集団自殺、とか会話の中で出てくるだけ)

とにかくあまりにもアメリカ兵がいい人達すぎるので

なぜ大場大尉と民間人達がここまで苦労して

山に潜伏して抵抗しているのか

次第にわけわからなくなってきます。



山の中での生活は水も食糧もなく過酷なのに

捕虜になるとアメリカ軍キャンプの清潔なベッドで寝れて

病人は手厚く介護してもらえたりするのです。


じゃあもっと早く降伏した方がよかったのでは。。


とか思ってしまう時点で

ちょっとこの映画は失敗してると思います。


日本側とアメリカ側、両方の視点で描いたために

映画としてはメリハリがなくなってどっちつかずに

なってしまったような気がします。


実際のロケは本当に過酷で

50℃を超える気温の中で撮影だったそうですが

竹野内豊が男前すぎるせいか

そんな大変さもいまいち伝わってこない。。


板尾さんと阿部サダが普通の役なのも

私にはちょっともったいなく感じられる。



でも、

憧れの“フォックス”に対して

ルイス大尉が敬意をこめて

「あなたは200人の日本人の命を救いました。」

と言った時


「それ以上の(アメリカ兵の)命を奪いました。

 私はこの島で褒められるようなことは何もしてません。」

と答えた大場大尉。


その言葉がこの映画のテーマだとしたら

それはものすごく納得できると思いました。


 
戦争はダメ!ぜったい!星みっつ!(★★★)
スポンサーサイト

ウォーロード/男たちの誓い 2010/8/16

ウォーロードを観ました。

warlords.jpg

またまた史実を元にした映画です。

史実を元にって言われると興味が3割増しになりますね。


歴女でもなんでもないので、日本史にも世界史にも明るくなく

ましてやお隣中国の長い長い歴史なんて右も左もわかりませんが、

レッド・クリフを観て三国志にすっごく興味を持ったりしてます。

映画って素晴らしい…。


そういえば金城武はレッド・クリフで優雅に扇をあおいでましたよねえ。

今回はがらっと違う役どころで、戦闘派です。

戦闘派といえばジェット・リー。

今回もキレのある動きで見るからにただ者ではない感じ

ひしひしとかもしだしてます。


そうそう、この映画原題は「投名状」というのです。

映画の中で非常に重要なキーワードとなっています。

投名状って???
よくわからないのですが

どうやら義兄弟の契りのことらしいですね。


ジェット・リーが、戦いだけではなくいろんな心の葛藤を見せる演技をしています。

そこらへんがピーター・チャン監督ならではの演出なのかなあ。

私はこの監督の「ラヴソング」が大大大好きなのです。

何度観ても号泣です!


何も知らずにこの映画を観たのですが、あとで調べるまで

この監督の作品だと全然気付きませんでした。

まあラヴソングの世界をウォーロードで期待してもしょうがないけどねえ。。


紅一点でシュー・ジンレイという女優さんが出ています。

中国ではチャン・ツィイーと並ぶくらいの大女優さんらしいですが

とっても地味です。

きれいなのはすごくわかるんですが、なんか美人オーラがあまり感じられないのは

なぜなんだろう。


そういえば新宿インシデントにも出てましたね。

あの時はまあまあ華があったような。。

なんか手塚理美の若い頃とか、夏川結衣の若い頃とかに似てます。

ちょっと和風な感じですね。


あっ映画の内容についてほとんど書いてない!

ええと、戦いのシーンは結構残酷でした。

残酷じゃない戦争なんてないけれど。


主人公のジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武、

誰一人「この人が正しい!」と全ての場面で言い切れず

正しいことが全て良い行いかというとそうでもなく。

成功することが幸せかというとそれも疑問になってくる。

なんだかやりきれない感じのお話でした。


金城武のますますの活躍に期待して、星みっつ!(★★★)


スパルタカス 2010/7/13

スパルタカスを観ました。

spartacus


1960年の映画です。監督はキューブリックですが、仕切っていたのは

主演のカーク・ダグラスだったようで

キューブリックは最後まで「自分の作品とは認めない」と言い張ってたそうです。


なんか当時のハリウッドの力関係だとかゴタゴタが偲ばれますね。

キューブリックが思い通りに撮っていたらどんな映画になっていたのかなあ、と

想像したりもします。



どうしてまた急にこの映画を観ようかと思ったかというと

きっかけはUAのカバーアルバム「KABA」です。カバ(笑)


不思議な選曲不思議なアレンジで、原曲を知ってる人も知らない人も

楽しめるアルバムだと思うのですが、この中に入っていたのが

「スパルタカス~愛のテーマ」でした。

それがもういい曲でいい曲で。。。


ほとんどメロディだけですが後の方で英語の歌詞がついていて(UAの後付け?)

それがまたすごくいいです。

愛のテーマとありますが

この曲から読み取れるのはどちらかというと哀愁やせつなさ。

聞いているだけで胸がしめつけられるような悲しさと、穏やかで深い愛情を感じました。


こんなすごい曲を使っているスパルタカスってどんな映画なんだろう?

そう思ったら気になってしょうがなくて。

映画音楽が観るきっかけっていうのもなかなかないような気がしますが。

そういえば昔の映画って耳に残る音楽が多いような気がしますね~。


お話の方は、とにかくスケールがでかいです!!

そしてストレートに感動します!!!


奴隷だった主人公のスパルタカスが、その腕っぷしを認められて剣闘士になり、

そこから脱走して仲間の奴隷達と反乱軍を作り、自由を求めて戦うのですが

まずこの奴隷って設定からもう想像を超えてます。

その次に剣闘士になるのですがこれがまた奴隷以上に過酷な境遇で。。。


当時の貴族階級に人々の娯楽として、この剣闘士がサシで戦うのです。

どちらかが死ぬまで。

人が人をランク付けして、上の人が下の人を家畜のように扱う世界。

今では考えられないけどそういう時代があったんですよね。

考えただけでブルーになっちゃいます。現代に生まれて本当によかった!


このスパルタカス、「スパルタクスの反乱」という史実に基づいているそうです。

劇中もっとも感動する部分も実話らしいです。


そう考えると、またこの「スパルタカス~愛のテーマ」のメロディが

胸に響いてきます。せつなすぎます!!


現代の映画技術でこの映画を撮ったら、もっと壮大で華美で

圧倒的なスケールの映画になったと思いますが(たとえば「300」みたいに!)


1960年の技術で、昔の映画を撮っているのが逆に

妙なリアリティを感じます。

まるで昔の出来事をダイレクトに垣間みているかのような錯覚。



堪能しました!
 
 

キューブリックは気に入らなくても、いい映画だったので星みっつ!(★★★)
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

alpacakewpie

Author:alpacakewpie
アルパカキューピーのブログへ
ようこそ♪♪♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。